スポンサーサイト

続・Strawberry Candle(13)完

~チャンミンside~─────今夜も日付が変わってから帰るんだろう。   そう思っていたのに、結構早くにユノから電話。「今、アパートの前。ちょっと歩かないか?・・降りてこいよ。」それだけ言って切られた。は?風呂、入っちゃったんですけど?何を勝手なことを!折り返しかけてやろうとタップし始めた指を途中で止めた。───まぁ、いいか。今回の大口契約は完全にユノの地道なアプローチと堅実な交渉が実を結んだ結果であり、社長が...

Read More

続・Strawberry Candle(12)

~チャンミンside~「信じられない!信じられない!」そのまま支社長室へ向かったユノと別れ、朝の準備をしようとする僕の背後からしつこいくらい責めてくるジフンさん。「・・//////。」え~と、・・こういう時、先輩だったら見て見ぬ振りしてくれてもいいのに。「あ~~~っ!僕は会社でキスしちゃうような後輩を育てた覚えはないのに!」いや、・・育ててもらってませんから。ジフンさん、まだ赴任して3ヶ月じゃん。「チャンミ~ン...

Read More

続・Strawberry Candle(11)

~チャンミンside~今日は朝から社内が落ち着かない。もちろん本社の社長が大口契約の為、ここボストン支社に来るから。ついでに支社の内部視察も行うというから社員総出で書類のチェックやら大掃除やら。唯一いつもと変わらず淡々と仕事をこなすのはユノくらいだった。そのユノに僕とジフンさんが席まで呼ばれる。「──三日間の滞在の最終日に社員を労いたいということで簡単なパーティーを催すと、・・ま、急に話があって。その会場の...

Read More

続・Strawberry Candle(10)

~チャンミンside~「今度の契約はかなり大口だから本社の社長自ら同席するらしいな。」取引先へ向かうエレベーターの中、世間話ついでにジフンさんに言われた。「社長ってチーフの親父さんだろ?話したことある?」なんて覗き込んでくるけど。話したことあるどころか、──居候してましたとか、・・別に隠すわけじゃないけど、敢えて言う必要もないよな。「ええ、まぁ。」曖昧に答えたら、「だよな?こちらでの案内係にチャンミンを指名...

Read More

続・Strawberry Candle(9)

~ユノside~────出逢った頃はまだあどけなさの残る、時おり少年っぽさを垣間見せていたのに。交換留学を終え首席で大学を卒業、将来を嘱望され入社したのがもう2年以上前。新人研修を終え、ボストン支社に呼び寄せたのがついこの間のことのようで。「新人研修を終え本社より参りました、シム・チャンミンです。よろしくお願いします。」忙しさにかまけて帰国することもなく、会うのは実に2年ぶりだった。─────まいったな・・・そ...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。