好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~イジュンside完

 イジュンside弟というのは往々にして目障りな存在だったりする。それが控えめで特にアピールもせず、それなのに要領よく何でもこなすヤツであれば尚更。元来目立ちたがりで運よく数多の才能に恵まれた俺。成績はいつもトップ、長身を生かしたバスケ部ではセンターのポジションで1年の後半からスタメン出場を果たした。二期連続生徒会長をつとめ全校生徒憧れの的だった、……はず。もちろん容姿だって完璧で、部活で汗にまみれても...

Read More

好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~10

ユンホside人ってのは際限なく貪欲になるものだと最近思う。「虎はビョーキかもって悩んでるけど、ユンホさんは悩まないで。僕は食べられても平気。───きっと、もっと好きになる。」そんなこと言われて。あの日確かにこの腕のなかに居たはず。無邪気に大口開けて食う姿も興奮ぎみに絵本をめくる姿も好きだけど。ベッドの中であんなに甘くなるなんて、…!とろんとろんに蕩けて強請る仕草や俺だけに向ける『大好き』。───こんなに甘い...

Read More

好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~9

ふと見れば玄関先に大中小と大きさの違う木材が立て掛けてあった。配達されたばかり、って感じ。おじさんが日曜大工でもするのかな、なんて思ってると目の前のドアが勢いよく開く。「チャンミンくん!早くっっ!!」「え?」挨拶する間もなくおばさんに腕を引かれ、よろけるようにリビングへ。「脱いで!!」「は?///」これから料理を作るんだろうけど、エプロンするのに服を脱ぐ必要はない。焦ったように僕のセーターへ手をかけるおばさ...

Read More

好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~8

前もって言ってあったから、すんなり定時退社したユンホさんのバースデー。地下鉄に乗る前に行きつけの古本屋へ寄る。偶然見つけて取り置いてもらった絵本を大切に鞄へ入れ来た道を戻った。ずっと探してた絵本。実はユンホさんも同じのを探してたと知ったのは最近で、高価だし古本だから一点ものだし。迷いに迷ってバースデープレゼントとして贈ることにしたんだ。「…ふふ、」ユンホさんの喜ぶ顔が浮かんで自然に頬が緩む。喜ばなか...

Read More

好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~7

「食べたくて食べたくて、…でも鹿を失うことを想像しただけで苦しくて。自分はビョーキかもしれない、って思うのよ。」初めて入るユンホさんの寝室。ユンホさんちだって数えるくらいしか来たことないのに。僕がシャワー浴びる間に急いで片付けたらしい跡が無理やり端に積み上げた雑誌だったりクローゼットの隙間からピロンとはみ出た服だったり、あちらこちらで見え隠れしてるのが可笑しい。普段から落ち着いてどちらかと言うと物静...

Read More