あなたが笑えば~最愛~22

「チャンミンさんですね。」「え?」庭で枯れ葉を掃いていたチャンミンは寒椿の生け垣越しに掛けられた声を一瞬デイルかと勘違いした。ちょうどデイルが散歩と言っては顔をだす時間だったし、そこに立っていた男性が見た目はまったく違うのに雰囲気がどこかデイルと似ていたのだ。それも丁寧に自己紹介され合点がいく。「兄さまの秘書の方なんですね。どおりで似てると思いました。」「デイルさんと私は、…似てますか?」「似てると言うか、...

Read More

あなたが笑えば~最愛~21

あなたが笑えば~最愛~20

あなたが笑えば~最愛~19

ユンホとチャンミンはエナが用意した遅めの夕食を摂っていた。静かな食卓に食器の音だけが響く。チャンミンは黙々と手と口を動かし心ここにあらずといった様子で、ユンホもそんなチャンミンを目の端で気にしつつそっとしてやる。あれからすぐサン太は逝ってしまった。 チャンミンのショックは大きく、ぷかりと浮いたサン太をじっと見つめたまま無意識にユンホの手を握った。ユンホはただ静かに隣に居て、チャンミンが顔をあげるの...

Read More

あなたが笑えば~最愛~18

「あのさ、親父に言われたからってだけじゃないけど、…ちょっと忠告、いいか?」車の後部座席で軽く目を閉じていたユンホへジノが話しかける。ユンホはこのところ新しく子飼いになった組の統率に忙しく、ほとんど寝に帰るだけの毎日を送っていた。カルタ取りをした日から1週間ほどチャンミンとはまともに会っていない。「…なに?」だからなのか少し不機嫌なユンホへ忠告するのを躊躇うジノだが致し方ない。「デイルさんの秘書がユノの周...

Read More