U GET ME ~恋人の話~5(完)

U GET ME ~恋人の話~4

登りはまだよかった。問題は下りで、体と斜面の角度が90度を越え120度くらいになると切り立った崖を下りてる感覚になる。強風に晒されながら足を突っ張って小刻みに下りていくもチャンミンは怪我人だ。ほとんど抱きしめるような格好で少しずつ進む。よほど恥ずかしいのか真っ赤な顔をこれでもかってほど伏せ、出来るだけ体を離そうとするからその度にぐっと引いた。「片足に力が入んないんだから危ないだろ?恥ずかしがってる...

Read More

U GET ME ~恋人の話~3

「っ、痛っ、…!」急にしゃがみこんだチャンミン。たまたま後ろになった女の子3人組が何かと話しかけてきて、ちょうどそちらを向いていた時のことで。「チャンミナ?」後ろから支えようとした腕をペシッと叩かれ、「っ、触らないでください!」とか。なに怒ってんの?「おまえさ、大した高さじゃないからって甘く見たら駄目だろ?もっと慎重にさ、…っ、痛て!」今度は蹴りまではいってきた。おい、足捻ったんじゃないのかよ?チャンミンの...

Read More

U GET ME ~恋人の話~2

チャンミンside「怒ってるだろ?」ハンドルに腕を交差して僕を覗きこむように聞いてくるから。「…べつに、怒ってませんってば。」と答えた。当初の予定ではエアーズロックとオルガ岩群の中間の丘で夕陽に染まる岩肌を見るはずが、結局国立公園入口まで辿り着けなかったというだけで。地平線からそそり立つような赤茶けたそれが真っ赤に染まっていく様子は圧巻で、充分にその姿を堪能できたし。「明日は日の出前に来て登るんですよね?」「...

Read More

U GET ME ~恋人の話~1

───俺の可愛い恋人の話をしよう。「疲れた、…お尻痛いし、腰も痛い、…」隣でぶちぶち言ってるのが俺の恋人。口は悪いし、素直じゃない。人をソノ気にさせといて、あっさり肩透かしを喰らわすのは日常茶飯事で。ぐるぐる回る思考回路や変にこだわるところも俺にはよく理解できない。「乗り継ぎも合わせたらほぼ16時間飛行機ん中だもんな。マッサージしてやろっか?」「さ、触らないでくださいっ!///」ペシッと手を叩かれ、距離をとられ...

Read More