スポンサーサイト

APPLAUSE-告白-53

APPLAUSE-告白-52

ユノの腕が僕の腰にまわって、僕の両腕はユノの首に。啄むようなキスが続いて、ふと離れようとするユノの後頭部を僕の手が押さえる。「ん、…っ、は、…チャンミ、ナ?」「…ん、…ぁ、…も、少し、…」離れたくなくて。ずっと望んだぬくもり、ユノの匂い。もっとキスがしたくて。呆れるほどしたくて。「っ、ちょ、チャンミ、…ん、っ、」さすがに離れようとするユノを力いっぱい引き寄せる。空っぽだった僕の中がどんどんユノで満たされて、そ...

Read More

APPLAUSE-告白-51

 ここは玄関前でマンションの共有部分だと、気づいた途端恥ずかしさで頭が真っ白になった。完全に涙は引っ込み意味もなくジタバタする体をぎゅうっと抱きしめ、「俺、チャンミナの寝室へ入ったことないや。」なんて明け透けなお誘いされて。「…ユノ、あんた、身も蓋もない、…」どっと力が抜けたのを勝手に僕んちへ引っ張りこまれた。「おぉ、やっぱ綺麗にしてるなぁ。」ユノんちよりかなり狭い2LDK。そういえばユノは初めて入ったんだ...

Read More

APPLAUSE-告白-50

ユノside「チャンミナ!俺、おまえが好きだぁーーっ!」───泣いてる気がして、荷物を取りに来たサランと歩いていて偶然会った。よりにもよってと舌打ちしたい気分。何てことないようにさらりと行ってしまったけど。誤解、したかもしれない。サランとやり直せと言われたばかりで。そんなのチャンミンだって望んじゃいない。分かっているのにもう一歩踏み出せない俺たち。不可能と夢叶う。真っ白な壁、モノトーンのベッドにチェスト。...

Read More

APPLAUSE-告白-49

サランside「あ、…ぐ、偶然ですね、」明らかに動揺して、それでも不器用に笑う人。ちょうどチャンミンさんもマンションへ入るところだったみたい。「おい、チャンミナ。」そのあとを追うように大股になった人の腕をぐっと引く。今は今だけは置いてきぼりは嫌だった。簡単に今日を決めたわけじゃない。完全に切れる為に喜んで来たわけでもない。それが通じたのか、前に出る足を止めたユノ。「チャンミン、…あのさ、」何か言いたげに。でも...

Read More

APPLAUSE-告白-48

サランside────好きな人がいるんだ。そう言われたのは飲み会の帰り、自宅前で。ごめんな、とポロポロ泣く私をそっと離した。まだ諦めきれない。好きな人って?今日の飲み会メンバーの名前をあげるけど、優しく首を振るだけ。会社の同僚かもしれない。それとも新入社員?しつこく聞く私へ困ったように笑う。「お店で偶然再会して、本当は嫌だった?」「まさか、元気そうなのが見れてよかったよ。」「忙しいのに仕事の合間をぬってマメに...

Read More

APPLAUSE-告白-47

───ストーカー気味の好きが、地に根を張るように深く。たとえ形を変えてもこの想いはずっと続く、…続くんだよ、ユノ。「…駄目だよ、ユノ。」「っ、どうして、…?」伏し目がちに言えば、切羽詰まったような掠れた声が降ってくる。「もう友達なんて無理だ。おまえが誰かに狙われたり、彼女を作るとか、…我慢できない。」それでもユノ。それに慣れなきゃ僕らに未来はないって伝えたじゃないか。「…僕は、平気。」「…チャンミン?」「ほら、耳、パ...

Read More

APPLAUSE-告白-46

エグゼクティブエリアの中でも人通りの少ない奥まったトイレ。ちょうど誰もいないそこへ引っ張りこまれ。ああ、さすが一般エリアとはトイレからして違うなと感心する僕を個室へ押し込んだ。「っ、ちょ、…ユノ、」ぐいぐい引っ張られて腕が痛い。焼き鳥を食べたがったばかりにこんな目にあうなんてと、そう呑気に思っていた僕は馬鹿だ。「チャンミナ、おまえさ、どうしてあの男に近づいた?」狭い個室で向かい合い僕の腕は掴まれたまま...

Read More

APPLAUSE-告白-45

「あれ?お兄さん、よく見たらどっかで見たことあるなぁ。」「あ、俺も思った。なんかの雑誌に載ってたような、」「は、道理で女みたいな面してるよな。」何がどうしてこうなったのか。一般エリアにある売店の焼き鳥がどうしても食べたくてコソッと席を立った食いしん坊の僕が悪い。大量得点を許してる相手チームのファンだろうか。野球場には不似合いな派手な格好、僕と同年代っぽいのにやけに不遜な態度でホストの団体にしか見えない。...

Read More

APPLAUSE-告白-44

試合が始まってもユノは来なかった。「ね、今どうして進塁したの?」「キャッチャーの人が抗議してない?どうして?」空席を挟んでとにかく色々と聞いてくるユリさん。僕はビールを飲みながらそのたび体を寄せるのが面倒でつい席を移ってしまった。ユノがわざわざ自分の席をそこにした意味が分からない。遅れてくる人が一番端ってのが普通じゃないの?優勝チームがほぼ決まって消化試合のようなものだとユノは言ったけど。今季の成績は...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。