キスは1日3回-11

───チャンミン、…チャンミナ?まったく無反応の唇へ触れるだけのキスをおとす。それでも無反応で。たぶんアレだな、俺の失言をどう取り繕うか頭ん中ぐるぐるしてるんだろう。失言なんかじゃないのに。「チャ~ンミナ。」今度はチュッと高らかにリップ音をたててやる。「っっ、…!///」あ、反応した。とっさに引いた体を腰ごと片手で引き寄せて、もう一方の手はチャンミンの頬を包む。次はゆっくり味わうべく顔を傾け近づけば、「っ、ん...

Read More

キスは1日3回-10

にらめっこした床へぽとぽと落ちて。最初、何かと、…「チャンミナ、…っ、どうして、…泣く?」でも綺麗で、自然にすいよせられた手がチャンミンの頬に触れる。「お前俺のこと、…好きだろ?」言っても頑なに返事をしない。耳を真っ赤にして唇を噛み締めて、うっかり漏らしたのがそんなに悔しいのか、なんてヤツだ。「なぁ、…好きなんだろ?好きって言えよ。」触れただけの手が今はチャンミンの頬をすっぽり包んで、次第に熱を持つそれを感...

Read More

キスは1日3回-9

チャンミンsideそれからの僕を、僕は最大級に褒めてやりたい。「は?だってアイツ、俺のこと嫌いだったろ?」「意識してるからこそですよ。けなげじゃないですか。」「や、そんな素振り全然ねぇよ。」「気づいてないの、たぶんユノヒョンだけです。」「はあ?」納得いかなそうなヒョンを淡々と説得した。僕だけ気づいてることがあるんだ。先輩はユノヒョンにとって周りに群がる女性達とは違うってこと。ヒョン自身気づいてないと思う。それが...

Read More

キスは1日3回-8

チャンミンside「っ、ん、ん、んーーーっっ!///」思わず振り上げた両手が壁で磔にされる。手枷はもちろんユノヒョンの手で、優しく握ってるのにピクリとも動かない。今日は休みだから昼過ぎまで寝る予定だった。休日出勤らしいヒョンへ、絶対に起こさないでと念を押したはずだった。確かに、起こしてはいない。午前中だけ事務処理のため出社したヒョンは仕事帰りに寄ったらしく時計は昼をとっくに過ぎていた。無視したチャイムがや...

Read More

キスは1日3回-7

チャンミンsideそれは僕が望んだことだったのに、───。人付き合いがうまい人ではない。人見知りが激しく慣れるまでに時間がかかる。それでも一旦懐に飛び込んだら誰よりも優しくて可愛らしい人だと思う。僕なんか人見知り同士で大変だった。マンツーマンなのに普通に話せるまでひと月。笑って冗談を言えるまでに3か月はかかったんだ。「強引に誘って飲みに行ってきた。それがさ、ああ見えて酒豪なんだよ先輩。」思い立ったらすぐ行...

Read More

キスは1日3回-6

チャンミンside軽く当てただけのものから、次第に重ねた熱が意思を持つようになった。「…チャンミナ。」そんなに甘く囁かないでほしい。「ヒョ、…っ、ん…」重ねたまま擦るように角度を変え、食むように唇を吸われる。これでは恋人のキスだと文句言いたいのに、気づけばうっとりと身を委ねてしまう。この人は、そんなこともすべて計算ずくなのかな。長すぎる1回のキスに体が痺れる。思わず膝が折れて咄嗟に回った腕に抱き抱えられ、「…...

Read More

キスは1日3回-5

チャンミンside「あー、えっと、…シム、シムチャンミン!」なんという偶然。農学部を卒業し第一志望の企業へ就職できた。それだけで満足すればよかったのに、目の前に現れたのは高校時代、眩しくてろくに会話すらできなかった憧れの先輩だった。誰にでも気持ちいいくらい親しげに接する先輩は最初こそうろ覚え気味に僕の名をよんだけど、そのうちハッキリと記憶を手繰り寄せたらしい。「おぉ、久しぶりだな!6年ぶりか?」6年経って...

Read More

キスは1日3回-4

「僕の唐揚げが好きだって言うけどさ、そんだけマヨネーズだらけにしちゃったらどんな唐揚げでも一緒な気がします。」なんて、そういえばさっき言われたばっか。唇が油でギトギトだなぁ、あ、でもチャンミンも一緒だからいっか。そう思いながら重ねたキスは、唐揚げ風味でぬるっとした。でも美味しい。チャンミンとのキスは、ぶつかったような事故的なものか、かすっただけのものか、押しつけてもほんの数秒、…すぐに離される。それ...

Read More

キスは1日3回-3

「おばちゃんっ、マヨネーズある?」「あ、ユノさんじゃないか、久しぶりだねぇ。」それは久しぶりに来た社員食堂での会話。これまで外食産業や惣菜専門店など主に業務用商品を取り扱う営業だったのが、原材料そのものを取り扱う部署へ配置替えになった。取引先は製菓メーカーや製パンメーカーになり、新商品開発への提案や市場調査なども行う。商品開発部との連携も必要になり外回りばかりだったのが社内でパソコンに向き合うことが多...

Read More

キスは1日3回-2

寂しいから1日3回のキスは我慢するけどやはり恋愛感情はもてない、と捉えるか。恋愛感情はもてないけど1日3回のキスを許せるほど俺に会いたくて寂しい、と捉えるか。まあ、どちらも意味は一緒だけど、断然俺は後者だ。寂しいと言ってくれた。僕も譲るからユノヒョンも譲れよ!と何度も頭突きを食らい、痛いのは胸板だけじゃなく内側も痛かった。それが苦しさからか嬉しさからかそれも分からず、ただ痛かった。チャンミンの起床...

Read More