【ホミンホ合同企画ミーアゲ(meeting again)】あなたが笑えば~最愛~その後

【ホミンホ合同企画ミーアゲ(meeting again)】テーマ《再会》キーワード《ミドヨ믿어요》夏が終わり日中の暑さも日の翳りと共にひんやりと肌に感じる秋口。桜の落葉は他の木々に先立って始まり、それは屋敷へ来てから2年目のチャンミンにとってとても忙しい日々でもあった。朝、庭中を掃いて、夕方また掃き掃除をする。自分の背丈より大きな竹箒を持って屋敷をぐるりと回ったりもする。屋敷のあちこちで声を掛けられ小さなお菓子...

Read More

あなたが笑えば~最愛~49完

おはようございます、えりんぎです。いよいよチャンミンが戻ってきますヾ(〃^∇^)ノ♪いつ発表があるんだろう?とドキドキした日々。いざ発表され、カウントダウンの始まりだと自分を慰め、それでも気が遠くなるような空白に寂しさを抑えられなかったり。でも振り返ってみると、自分で頭を刈るおちゃめなチャンミンがついこの間のように思えます(*´-`)やっばり私は2人の東方神起が好きです。まったくタイプが違うのにバラバラのピー...

Read More

あなたが笑えば~最愛~48

「…なにをしている?」いつの間に帰ってきたのか、居間を入ったところでおそろしく無表情のユンホが抑揚のないセリフを吐いた。「あ、ユノ!」思いがけず早い帰宅に嬉しそうに笑ったのはチャンミンで。「ちっ、ユノ兄~、早ぇよ!」あからさまに肩を落とし舌打ちまでしたのはハイルだった。「だから、なにをしてるんだ?」そんな2人の反応の違いへピクリとも表情を崩さずユンホの声はいまだ固い。それもそのはずユンホの目の前ではうつ...

Read More

あなたが笑えば~最愛~47

あなたが笑えば~最愛~46

ちょうど一週間前。エナは夢でも見ているのかと、目をパチクリさせ開きっぱなしの口を両手で押さえていた。たった今、液晶画面に映っていた人物とユンホが連れてきた人物がどう見ても同一人物だからだ。ユンホから話を聞いてガンソクとユンソクの関係を知っているチャンミンでさえ、まさか実物に会うとは思ってないから心底驚く。しかもしばらく離れで面倒をみるとか、驚かない方がおかしいのだ。人気俳優の突然の引退表明は連日芸...

Read More

あなたが笑えば~最愛~45

頬を撫でる風に時おり春の気配を感じる季節。その頃にはチャンミンの頭の縫合痕もほとんど目立たなくなっていた。気づけばチャンミンのバースデーはとっくに過ぎ、それでもチャンミンとユンホは変わらない日常を送っている。あれからガンソクへ何度も掛け合ったユンホだが、ガンソクの返事はいつも“保留”だった。跡目をしっかり継いでから出直してこいとすげなく追い返され苛立つユンホだったが、ガンソクはそんなこと意に介さずニ...

Read More

あなたが笑えば~最愛~44

     “脅しの蛇”ともあろう男が受話器片手に驚くほど畏まっている。 通話の相手が誰なのか知らされず、ユンホとジノはチラチラ目線を合わせながら聞き耳を立てていた。 「…チョンユンホ、…ですか?」 ふと自分の名前が出たことに驚き、目の前に差し出された受話器を思わずユンホは手に取ってしまう。 男を見れば顎をしゃくって、「出ろ。」と言うからユンホはそれを耳にあて様子をうかがった...

Read More

あなたが笑えば~最愛~43

産業廃棄物処理業を主な収入源として運送や土建業など昔ながらのしのぎに頼る鳳昌組は組長の道楽とも言える恐喝で潤ってきた組だ。経済ヤクザとして名を売ったガンソクとは正反対に位置する鳳昌組組長は見た目もガンソクとはまるで違う。 おそらくガンソクと同年代であろうがガンソクのようなスマートさはなく、無骨で野卑な外見にそれを裏切らない野蛮な物言いの男で、その男とユンホは今まさに対峙していた。「お前が噂のチョン...

Read More

告知【ホミンホ合同企画ミーアゲ(meeting again)】について。【8/14訂正あり】

おはようございます、えりんぎです。 このたび仲良しのブロガー様にお誘いいただき《チャンミンお帰りなさい》企画へ参加させていただきます(〃∀〃)ゞ 《企画概要》 待ちに待ち侘びたチャンミンの除隊日であります8月18日を迎えるにあたり。 ミンホ作品を取り扱うブロガー様とホミン作品を取り扱うブロガー様が垣根を越えて「チャンミンのお帰りなさい」を盛大にお祝いします。 《テーマ》 【再会】...

Read More

あなたが笑えば~最愛~42

 病棟を出たところでユンホはスマホの電源をいれ、一気に表示された不在着信を目で追った。するとちょうどタイミングよくユンホの手のなかでスマホが震え、液晶画面に表示されたシドの名前を見てユンホは電話にでるか留守電に切り替えるか迷う。だが情報にはやいシドのことだ、チャンミンの怪我を心配して掛けてきたなら安心させてやりたかった。それに伝えたいこともある。「っ、ユノさん!!」画面をタップしたとたんキィンと痺れ...

Read More