HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME (8)















































「キュヒョンって面白いですよね。」



男のくせに口元に拳を添えてクスクス笑うチャンミン。
そんな仕草も可愛いけど、誰のことを思っての笑顔かが問題で。



───面白くない。



憮然とした俺にまったく気づかず、チャンミンの話は続いた。



「仕事中にね、電話が入って。──5分後に珈琲でもどう?って言ってくるんです。外回りの帰りにうちのフロアの喫煙ルームに寄っていくんですよ。」



「で、缶コーヒー。僕の好きなのをいつも買ってくれてて、10分くらい喋るだけなんですけどね。」




確かキュヒョンとチャンミンは同じ年。
その気安さからか、喫煙しないチャンミンを喫煙ルームへ呼びだすなんて。


────おそるべし、キュヒョン!




「アイツ、仕事中に何やってんの?」って言えば、「あ、ちょっとだけなんで、・・・怒らないでくださいね?」なんて。





無性にイライラしてきた。
どうしてキュヒョンを庇うんだよっ。



「───べつに、怒んねぇよ。」ボソッと言って、席を立った。




「ユノヒョン?」


くりくりの瞳が不思議そうに俺を見るけど、これ以上ここにいたらチャンミンに苛つきをぶつけてしまいそうで。



「また明日な、」
それだけ言って店をあとにした。



───俺はチャンミンの携帯の番号なんて知らないし、チャンミンの好きな缶コーヒーの銘柄も知らない。



それだけのことが、───それだけじゃないなんて。
本当に何なんだよ!





帰り際、───「あ、あのっ!///」って声をかけられて。
振りかえったらレジの女の子。
「これ、・・明日から使える割引券です。・・ま、またお待ちしてますね。」とか。



───仕事熱心だな、


その心意気をキュヒョンにも教えてやってくれ!
そう思いながら、何の罪もない女の子からはニッコリと笑顔でそれを受けとった。










「ちゃんと誘うつもりだったんですよ~!でも乗り気じゃないかなぁ?って躊躇しちゃって。」



昼に偶然キュヒョンと一緒になって、週末の計画について言ってやった。
お~、焦ってる焦ってる。



「嘘言うな!誘う気なんてなかっただろ?」



色白の顔から零れそうな二重瞼の目が動揺からか、せわしなく左右に揺れる。



「うっ、・・まぁ、ぎりぎりに誘って、用事が入っててくれたらいいな、とは思ってました。」



────ほら、みろ?



「だって、・・これも、・・チャンミンに聞いたんでしょ?」



「ユノヒョンだって毎朝チャンミンと会ってるの、内緒にしてるじゃないですか!」




────あれ?どうして分かった?


邪魔されそうだから、おまえだけには知られたくなかったのに。




「ったく、・・せっかくチャンミンに会いに行ってんのに、チャンミンときたらユノヒョン、ユノヒョンってユノヒョンの話ばっか。そりゃ誘いたくなくなるでしょ?」




「知るかよ。」



そう言いながら、───へぇ、俺の話ばっか?・・するんだ、そっか///



───やばい、自然に頬が緩む。



案の定、───顔、にやけてますけど?とイヤミを言われた。





「でもチャンミンって謎ですよねぇ?絶対、恋愛話は教えてくれないし。」



そうなんだよな、
俺が聞いても笑ってごまかされる。



「それに、・・ユノヒョンも謎です。
まだちょくちょく通ってるんでしょ?
───あのクラブ。」



よく知ってるな?って言ったら、──だからユノヒョンの噂は早いんですって!と言われた。


どうして?──そっちの方が謎だ。




「ま、・・ね。ちょっと人を探してる。」



「え?気になる子でもいたんですか?///
もしかして一目惚れ?」



「あー、・・そんなとこ。」





やっぱり気になって、───
どうしても気になって、────。



毎朝、チャンミンに癒されながら。
可愛くて、──つい独り占めしたくなる衝動にかられるけど。


ふとあの日のアイツを思いだせば、──それだけで身体の内面から沸き立つように熱くなる。





────もう一度、会いたい。

確かめたいんだ。
あの狂おしいほどの昂ぶりが、幻だったのかどうか、────。
























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

point ユノvsキュヒョン‼‼

えりんぎさん、こんばんわ☆
Yuki-mamaremonです。

『U GET ME』毎日楽しく拝見してます。

連載が始まってから、娘たちを幼稚園に送り➡仕事に向かう車内で『WITH』をず~っと流しています。
影響されやすい人間です(笑)
『Spinnig』が好きな次女は「ずっと2曲目にして~?」と言い、『Sweat』が好き長女は「ずっとSweatでいいじゃん‼‼」と言い、折衷案でオールリピートとなっています(о´∀`о)ムフ

毎朝のカフェデート...
ユノとチャンミン、近づいてきましたね‼
さすが、懐に入り込むのが上手なユノ♪
と思っていたら...

((((;゜Д゜)))キュヒョーーーーーン‼‼

気づかない所で頑張ってたんだ(°Д°;)

「ギリギリに誘って予定があればいい...」とは男らしくないですが(笑)、そのくらいしないと太刀打ちできない位にユノが良い男に違いないですからね‼‼

チャンミンは『T』出会った彼なのか...
はたまた、同じ顔をした別人なのか...

ユノヒョン...身体は嘘をつきませんから...
ここはひとつチャンミンを押し倒...!Σ(×_×;)!

いゃいゃ、yuki-mamaremonはなんてことを‼
すみません、時間が時間なだけに、ちょっと大胆なことを言ってしまいました~(///ω///)スミマセン♪

でもユノ...惚れちゃう方が負けですから...
もうユノの負け負けでつよ(*´ω`*)ウフフ

ん?
まてよ?
チャンミンが実はあの時の彼で、ユノを忘れられないってこともありますから...
どちらが『惚れちゃう方が負け』状態なのかは、明日からのお話に期待しつつ、ひっそりと妄想していきます~♪

えりんぎさん、いつもドキドキいっぱいのお話をありがとうございます☆

2015/06/27 (Sat) 22:54 | yuki-mamaremon #- | URL | 編集 | 返信

point えりんぎです(#^.^#)

こんにちは~
ジ*様、勘違いではありませんよ。ちょっと手直ししたまま公開するつもりが下書きに入ってましたf(^^;)
ご指摘をいただいてすぐ直しました。
お礼が遅くなってすみません~~~

どうも目次から《逢いたくて逢いたくて》も途中までしかいけないみたいですね。
もともと長々と書いていたのを最近~編とかって分けてみたものなのです。
URLもそのように貼り直しました(^-^ゞ


U GET ME はどうなんでしょう?
チャンミン溺愛ユノ目線って初めての試み。
こちらは現在続編が未完のまま放置中のもの。
書き始めたのは2月です。
この頃はチャンミンのあまりの可愛さにキュンってなっちゃって。
ユノが隣のお兄さん的なイメージだったんですよ。(ブランチ参照)
ほっこりとした2人をお楽しみいただけると嬉しいです(〃∇〃)
では!

2015/06/27 (Sat) 13:27 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/27 (Sat) 12:15 | # | | 編集 | 返信

point 目次♪

えりんぎ様

目次戻ってますね♪
私の勘違いだったかも(*ノ▽ノ)

ユノヒョンの忘れられない人…ドキドキします!
でも早くイチャイチャしてほしいっ ヘヘ

2015/06/27 (Sat) 09:34 | ジス #vQK7GAIk | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント