HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

SpecialなOneでいて(9)








































─────帰りの車は最悪だった。



ソンジュンさんが来てからの撮影はどこかギクシャクしてうまく進まず、何度も何度も撮り直し。
体調が思わしくないのもあって心底疲れた、……のに、隣ではいまだ不機嫌なユノ。




撮影中、頭をよぎっては打ち消した考えを。
ここで言えと言ってるのだろうか、───この人は。



「……ユノさん。」


「なに?」


何の抑揚もない声で言われたら話しかけるのさえ躊躇してしまうのに。



「ソンジュンさんとは、…そんなに大した話をしたわけではありません。別にユノさんのヒョンとどうこうなろうなんて思ってるわけじゃないんですから、ヤキモチも大概に、……


「チャンミナ!」


被せるように強い口調。
思わず膝においた拳をギュッと結んだ。


「───違う。」


まっすぐ前を向いたまま、それは静かに。


「違うんだ、……チャンミナ。」





スッと伸びてきた手が僕の拳の上を戸惑いがちに彷徨い、

「ユ、ユノさん?、…っ、」


僕の間の抜けた声にくっと寄せた眉。
それは静かにハンドルへと戻っていった。



───違う、って何が違うのか、……きっとこの人は教えてくれない。













「今日の撮影はしんどかったろ?夕飯は外で食っていこうか?」



ふと見たら、……少しは機嫌が直った?
口角が緩やかにカーブを描いて切れ長の眸は柔らかな光を纏っていた。


ユノと外で食事なんて初めてで。


「いつも作ってもらってるからさ、たまには奢るよ?近くに劇団のみんなとよく行く旨い店があるんだ。」



……そんなこと、材料費はユノが払ってくれてるのに。


でも、奢ってくれるっていうものを断る理由なんてない。



「腹ペコです。」
言ったら、堪らずといった感じで吹き出したユノ。
ここ最近の僕らは、ユノが意味不明の怒りを向けるたびにお互いの距離が縮まって何だか擽ったいような気分だった。







───そこは居酒屋のような、定食屋のような店で。





食欲をくすぐる匂いに鼻をならしながら活気のある店内を歩いていくと、


「ユノッ!」


どこからか聞き覚えのある声!






ユノの少し後ろを歩いていた僕にはその声の主を探してキョロキョロするユノが丸見えだった。


「───左、」
ボソッと呟く。


あんなに大袈裟に両手を振ってんのに何で気づかないんだよ?
なぜかまたイラッとした。






「ユノ!お疲れ!今さ、劇団のやつらがドラマの仕事が決まったお祝いをしてくれるって、飲んでんだ。」


「そう。もしかしたらソンジュニヒョンいるかな?って思ってた。」




もう結構なアルコールが入ってるのか、頬を朱く染めやたら陽気なその人と。
やはり少しだけ声色が高くなるユノ。




─────そう、そういうこと、……


ソンジュンさんのお祝いがあるなら最初から言ってくれたらいいのに。
僕は電車でだってなんだって帰れるんだから。



「ほら、2人ともこっちへ来いよ?」
ユノの腕をぐいぐい引っ張るソンジュンさん。
今日は知らない人達と飲む気分じゃないんだけどな、とますます気分が沈む僕。






「───ソンジュニヒョン。」


その声は優しげに。
自分の腕に絡まったその人をそっとはずして。



「今日はチャンミナと2人で来たから。ごめん、ヒョンのお祝いはまた今度ね。」





────遠慮がちに、…でも、はっきりと。


ユノの右手が僕らの約束事なんて忘れているのか、ぐっと抱き寄せるように僕の肩へまわった。
 














********************

おはようございます、えりんぎです(#^.^#)
お知らせです。
明後日の土曜日から土日のみ別のお話を更新します。
平日を《SpecialなOneでいて》の更新。
土日を《紅-クレナイ-のひと 天使な君》の更新。
こちらは55555拍手リクエスト話になります!
そんなのあった?って思われるかもしれませんが、自己申告です(^o^;)
One more thing の続編を、Strawberry candleのリメイクを、書くきっかけを作ってくれた友達で。
55555拍手のスクショと一緒に「紅の2人を続編で。」となったらね(^w^)
ブログを跨ぐ形になって申し訳ないのですが、元々(設定負けでなんだか残念な話)として私の中にあった紅。
二度と読むことなんてないっ!と思っていましたが、あちらのブログへのメッセやコメントでOne more thingの次に反応が多かったんですよ!
それでつい読み直しちゃったら、「そんなに残念でもないし、さらに上書きする余地あり!」となったのでしたf(^^;)
この平日と土日をわける更新は以前《Ai wo mottoⅡ》と《Strawberry candle》で失敗してるのですが(^^;←Ai wo motto が書きたくて書きたくて~
今回はまったくタイプの違う話なので、気分を変えつつ書いていきたいと思います。


ちなみに、紅-クレナイ-のひと はこちらから。

↑先に読んでいただいた方が関係性とか小物とか、よく分かるかと。



では、よろしくお願いしますv(^o^)








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

point 夢*様

アメンバ申請についてです。
こちらのコメント欄から承認手続きはできません。

http://profile.ameba.jp/eringi1023

↑こちらのブログプロフィールのアメンバになる、をポチっとしてください。
その為にはアメーバーのIDがなければいけないのですが大丈夫でしょうか?


お手数ですけど、おねがいします(#^.^#)

2015/07/16 (Thu) 23:31 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 23:25 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 21:46 | # | | 編集 | 返信

point えりんぎです(#^.^#)

こんにちは!
《紅-クレナイ-の人》続編のお知らせにたくさんのコメントありがとうございます(〃∇〃)
かっこいいユノを書きたいですね(^w^)
私、今まで300話以上書いてると思うんです。
その中で自分的に満足してる話の第一位がStrawberry candleの番外編(もうひとつの)で、第二位が紅の番外編なんですよねぇ。
なのであの番外編のユノとチャンミンをイメージしつつ書いていこうと思ってます。
目がハートになっちゃってドンジュさんに叱られるチャンミンと。
「こいつが俺に触れるのに理由(わけ)はいらないんだ。」なんて言っちゃう男前ユノさんで!

yuk******さん、何がSpecialってこのコメントがSpecialでした(〃∇〃)
面白くて楽しくてドキドキしますっ!
ち*さん、彼女から伺ってる方でしょうか?
地元だけど名古屋挟んじゃうよ?って所にお住まいの。(Ai wo mottoが好きと言ってくださってるって聞きました。)ヨロシクです(^o^)v

親友の彼については、(当たり前じゃないですか!)ってことです。
羽*さんも言ってくださるように、ここはホミンブログですからね。
間違ってもチャンミンにおっかぶせるような発言を快く思う方はこちらの読者様にはいないのでは?
嫌いじゃないですよ?(という事にしておく)でもその数100万倍もチャンミンを好きなんだからしょうがないです(ユノペンですが)(^w^)


アルバムも楽しみですね!
ただ今、繋がれた舟を鬼リピ中。
冷蔵庫に歌詞を貼って朗読してます(^o^;)
カラオケ入んないかなぁ、…無理ですね。残念。

2015/07/16 (Thu) 17:07 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 17:05 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 16:10 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 11:51 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 11:00 | # | | 編集 | 返信

point 既にspecialなoncの予感(*´ω`*)ムホッ

別にユノさんのヒョンとどうこうなろうと思ってるわけじゃないんですから、ヤキモチも大概に...

チャンミナ‼‼

被せるように強い口調。
思わず膝に置いた手をギュッと結んだ。

........違う。
違うんだ、チャンミナ。

スッと伸びてきた手が、戸惑いがちに僕の拳の上を...



ほへーーーーーΣ(´□`;)チャンミンサマドンカンパターン‼



チャンミンの想像と違うトコにヤキモチ妬いてるユノと、ヤキモチ妬いてるのにヤキモチと気づいてない雰囲気漂うチャンミンに、毎朝メロメロ(死語かしら~(-""-;))なyuki-mamaremonです♪




ソンジュンさんのお祝いがあるなら最初から言ってくれたらいいのに。
僕は電車でだってなんだって帰れるんだから。


(*´∀`)グフー
ユノさん、チャンミンさんがモヤッとしてまつよ?
いいんですか?
おっ?




...ソンジュニヒョン。



(@ ̄□ ̄@)オッ‼ユノヒョンナニナニ‼





その声は優しげに。
自分の腕に絡まったその人をそっとはずして。


今日はチャンミナとふたりで来たから。ごめん、ヒョンのお祝い会はまた今度ね。

.....遠慮がちに、...でも、はっきりと。

ユノの右手が僕らの約束事なんて忘れているのか、ぐっと抱き寄せるように僕の肩にまわった。




キャーーーーーーッ(/ω\*)ハズカシイ



ユノさんたら...




いいぞっ‼‼
もっとやれ(///ω///)ムフ♪


チャンミン、youももう約束事なんて忘れちゃえよーーーーーーーーーーー(*´ω`*)イヤン



でも...
ソンジュンさん...黙ってないような気もしまつね...
なんてったって、あの‼‼ソンジュンさんでつからね(笑)


けどきっと、モヤッとしてたチャンミンの気持ちは晴れたはず~1番大事にすべきはチャンミンですもんね、ユノヒョン☆


はぁ~明日の朝がまた楽しみです(( ̄_[壁]




しかも、えりんぎさん‼‼
明後日から平日はspecialなoncの更新。
土日は紅ユノって‼‼

なんて...

なんて...

specialな展開なんでしょーーー(*≧∀≦*)マジデ‼


たまらん(*/□\*)ハアハア

土日に紅ユノきちゃったら、土日にまとめて...と思っていた家事さえままならない予感(笑)



ちょっと(#`皿´)
そんなことばかり言って、いつも家事なんて手抜きなんじゃないですか?
暇さえあれば、えりんぎさんの小説を読み返してるんじゃないですか?
おっ(*`Д´)ノ!!!


...最強様。
Yuki-mamaremonがさっき「チャンミンサマドンカンパターン‼」て言ったの根に持ってまつね?
チャンミン様最強なのに、yuki-mamaremonが「ヤキモチ妬いてるのにヤキモチと気づいてない雰囲気」って言ったの根に持ってまつね?


((((;゜Д゜)))ゴメンナシャイ



おっ?(# ゜Д゜)



((((;゜Д゜)))ゴメンナシャイ‼ゴメンナシャイ‼‼





最強様が来週のことを思ってナィーブなとこに、yuki-mamaremonが色々とぶっこみすぎました...
最強様の視線が痛いので、本日はこの辺でドロンしますね(笑)

えりんぎさん、今日もドキドキのお話し更新ありがとうございました☆

2015/07/16 (Thu) 10:24 | yuki-mamaremon #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 08:45 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 08:30 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 08:14 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 08:11 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 07:10 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/16 (Thu) 05:51 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント