HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

SpecialなOneでいて(10)









































─────やっぱりおかしい、………




「ほら、肉食え?そんな細っちぃから車酔いするんだぞ?」




─────どうしたって、おかしい、………





「俺は車だけど、チャンミンは飲めよ、好きだろ?」


「ユ、ユノさんも食いなよ?」


「ん、食ってる食ってる。ほら、これも旨いんだ。」




ポンポンと僕の取り皿に山盛りのっけてくる人は、さっきまでの不機嫌さが嘘のようによく喋った。



ソンジュンさんの団体に軽く挨拶だけして戻ってきたユノは、彼らに背を向けて座っていて。
ということは向かい側の僕が常にソンジュンさんを視界に入れてるわけだけど。




「………またソンジュンさん、こっち見てる。やっぱりユノさんはあっちへ行った方が、………」


そんなこと思ってやしないのに勝手に口についた言葉を。
ふふん、と軽くあしらって、ポリポリと旨そうにカクテキを食う人。


コロッと箸を手離して、両手で僕の頭を掴む。
───わっ、///なんてのけぞったのを強引に戻され、



「気にするな、……チャンミナは俺だけ見とけ。」





────だからユノ、……教えて。

どうして僕はこんなに嬉しいんだろう?









「ユノさん、コレ美味しい。ほら、食べて?」


僕も大概酔ってきた。
ユノの真似して取り皿に置いてやろうと摘まんだら、───あーん、……とか、…へ?…な、なに?


行き先を失って彷徨う箸にチラッと目線をくれて。



「あーん、ってば。入れてよ?」


「っ!///ば、バカじゃないですか?」



そういえばこの店に入ってから《僕らの約束事》がまったく守られてないことに今さら気づいて、文句を言おうと身を乗りだしたところで自ら寄ってきたユノがパクっと右手のそれに食いついた。



「っ、………/////」


したり顔でアハハと笑う人を何だか怒る気にもなれなくて。
────疲れてるから酔いが早いのかもしれない、勝手にやってくれって気分で逆に楽しくなってきた。






「そっか、ここは事務所からも近いし、恋人のふりが続いてんですかぁ?」


意味もなくアハハと笑ってビールを飲み干す。


「チャンミナ、もう酔った?」って覗き込んでくるユノの鼻をむぎゅっと摘まんでやった。



「痛って、///」

「ふふ、無駄にキレイな鼻してんのが悪い!その完璧な鼻筋を摘まんでこねくり回してみたかったんですよぅ。」



「おまっ、///」




あー、焦ったユノが楽しいっ。
いつも僕が振り回されてるから、たまには振り回されてしまえ!




くすくす笑いが止まらない僕に困ったように眉を寄せ。


「ビール、おかわりね。」と片手をあげて合図。


ふぅ、とため息のような声を漏らしてテーブルに両肘をつく。





「おまえって酔うといつもそんなん?はぁ、そんなんでキュヒョンを泊めたわけだ?」



「は、はひ?」


ヤバい、///返事まで間抜けになってきた、っつか、ユノの言ってる意味さえ理解能力ゼロだ。



学生時代はそれこそ泊まりあって夜通しゲーム三昧は日常だった。
キュヒョンが出版社に就職してからはそんなこともなかなか出来ず、ユノが隣に越してきてからは初めてだったかもしれない。




「……酔っぱらって服脱ぐとかさ、……心臓に悪い。」


「へ?…心臓っ?そんな、年寄りじゃないんだから悪くても風邪ひくくらいですよー。」



──大袈裟だなぁ、と笑う僕を呆れたように眺めるユノ。
いまいち会話が噛み合ってない気もするけど、……いいんだ、なんだか今日は本当に楽しい。




「じゃあ今度はユノさんも一緒に飲みましょう。」と笑ったら、困ったように苦笑い。




「俺と一緒に食うの、嫌なんじゃないの?」

「そんなこと誰が言いました?」



「───おまえ。」



言ったっけ?
ひとりが好きなんです、とは言ったかも。



「そりゃ出会ってすぐに恋人のふりしようとか、警戒しちゃいますって。」





────初めての撮影なのに悪いけど、彼、代役なんだよね、チョンユンホって役者。


そう紹介された日から。
小さな小さな警告音が僕の中で鳴っていて。
それは気づかないほどだったり、耳を塞ぎたくなるほどだったり。



一定の距離を置くべきだと、自ら壁を作り、……そしてユノも作った。
《約束事》は、その象徴のようなもので絶対に侵してはならないもの。




そう何度も心の中で反芻しては、
───眩しそうに細められたアーモンドアイが緩やかに放物線を描き、すぼめた唇が堪らず口角を上げるのを、



ただ見惚れるほどに言葉なく、─────。



















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

Comment

point なななななんとっΣ(-∀-;)

「ソンジュンさんはどんな意味でユノを好きなの?」


(;゜∀゜)ブッコマレマシタナ‼

質問者様に完敗(о´∀`о)b


いいんです。
いいんですよ。
えりんぎさん‼‼‼

えりんぎ妄想ワールドなんでつから‼‼‼


『知りたくないわ( ・ε・)』


な私情も...

『ちょっと軽めにいじめてやりたいわ‼‼‼』

『ユノにひどく振られちゃえ☆』

『少し痛い目みてもいいんじゃない(*^^*)』
も、
含んでいきましょう‼‼‼



えっ?
後半3っの私情は持ち込んでない?!


Σ(´□`;)エリンギサンニバレテルー‼



Yuki-mamaremonの私情でしたm(_ _)m



((((;゜Д゜)))ハッ‼
((((;゜Д゜)))アノアシオトワ‼


...............c(>_<。)サイキョウサマクルマエニニゲマス‼



怒濤のコメントの次はロングコメント(笑)
大変ご迷惑をおかけしていまつ(´Д`|||)
次回から、短めなコメントを心掛け...


ながら‼‼‼



ロングコメント投下していきます(///ω///)♪

アハーハーハー(о´∀`о)ミジカクシナインカイ‼


明日の朝が楽しみすぎて、眠れそうもありません...な、yuki-mamaremonです♪(/ω\*)

なんども失礼しました(汗)

(*´ω`*)ソレデワー♪

2015/07/17 (Fri) 22:08 | yuki-mamaremon #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/17 (Fri) 21:39 | # | | 編集 | 返信

point Re: 甘い雰囲気になってまつよ~(/ω\*)デュフ

yuk******様。
私の本文よりも長いんじゃないか?ってコメントですね(^o^;)
ありがとうございますぅ(〃∇〃)
どの部分を引用してくれるのかな?って楽しみです!
そこが印象に残った文章なのかなぁ?って嬉しくなりますよ~
なんだか一気にデートのようになっておりますが、そろそろ急接近!
というか、結構本気でふざけてますよ(^^;
ソンジュンさんはどんな意味でユノを好きなの?って聞かれましたが、「そんなこと知りたくもないわっ!」って思ってしまう私情をもちこむ私ですf(^^;)ザンネン

2015/07/17 (Fri) 18:40 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: アメンバー承認ありがとうございます

lu*****様、
申請ありがとうございます!
ラブラブな2人、もうすぐですよ(^w^)

2015/07/17 (Fri) 18:30 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは(*´ー`*)

羽*様
こんにちはー(^o^)v
そうそう、それ《紅》なんです、実はf(^^;)
でも私の切ないのなんてたかがしれてますので~、
ティーザー、楽しみですね(〃∇〃)

2015/07/17 (Fri) 18:28 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは♪♪

カプ**様。
チャンミン可愛いですか?(〃∇〃)ンフフ
こちらのチャンミンは恋愛の駆け引きなんて無縁のニブチンなチャンミンです。
警告音の正体に気づくまでもう少しお待ちくださいね(#^.^#)

2015/07/17 (Fri) 18:25 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 甘い雰囲気になってまつよ~(/ω\*)デュフ

ちょっと(*`Д´)ノ!!!
昨日、えりんぎさんが嬉しいこと言ってくれたからって、今日もあの長いコメントぶっこむ気ですか?
調子にのったわけですか?!
おっ?
おっ(#`皿´)

((((;゜Д゜)))ゴメンナシャイ
((((;゜Д゜)))デモチョウシニノッタワケジャ...

...
...
...最強様に出鼻から挫かれましたが、こんなことで挫けていられませんよ~‼‼‼

今日も大好きえりんぎさんに、コメントいくじぇーーーーーーーーっ(*´ω`*)エリンギサンアリガトウ‼‼



...またソンジュンさん、こっち見てる。やっぱりユノさんはあっちへ行った方が、....

そんなこと思ってやしないのに勝手に口についた言葉を。


チャンミン(;つД`)
またそんな相手を気遣うことばかり...
せっかくユノといるんだから、あなたは素直にユノのことだけ見て...


気にするな...チャンミナは俺だけ見とけ。


(///ω///)グフフ♪
心配する必要なかったわ~‼‼‼
ユノがご自分でチャンミンに言ってました。
俺だけ見とけ。に大興奮の、yuki-mamaremonでつ(笑)


でも.........


―――――だからユノ、....教えて。
どうして僕はこんなに嬉しいんだろう?


ブホッΣ(´□`;)サイキョウサマヤッパリドンカンパターン‼
⬆鈍感とゆうか、自分の気持ちにもまだ気づけないでいる感じが堪りません(*/□\*)ハアハア

どうしてyuki-mamaremonはこんなに嬉しいんだろう?

....端から見たら安定の両片想い!
大好物だからでつよっ(*´ー`*;)ヘンタイカ...



チャンミナ、もう酔った?
って覗き込んでくるユノの鼻をむぎゅっと摘まんでやった。

痛って、////

ふふ、無駄に綺麗な鼻してんのが悪い‼その完璧な鼻筋を摘まんでこねくり回してみたかったんですよぅ。

おまっ、/////



...完全にいちゃいちゃしてまつね...
両片想いと興奮してるのは、yuki-mamaremonだけなんじゃΣ(-∀-;)

しかも「酔った?」と聞いておきながら...



ビール、おかわりね。🍺



まだ飲ませるなんて♪(/ω\*)イヤン


でもほらユノヒョン?
甘い雰囲気といちゃいちゃした雰囲気とユノヒョンの優しい感じに...


紹介された日から。
小さな小さな警告音が僕の中で鳴っていて。
それは気づかないほどだったり、耳を塞ぎたくなるほどだったり。

一定の距離を置くべきだと、自ら壁を作り、...そして
ユノも作った。
《約束事》はその象徴のようなもので絶対に侵してはならないもの。

そう心の中で反芻しては、
―――眩しそうに細められたアーモンドアイが緩やかに放物線を描き、すぼめた唇が堪らず口角を上げるのを、

ただ見惚れるほどに言葉なく....



ってーーーーーーーーーーー‼‼‼
チャンミンが初めて逢った時からユノヒョンを意識していたような発言でましたよ(о´∀`о)

しかも『すぼめた唇が堪らず口角を上げるのを、』ってゆうのは....あの(@ ̄□ ̄@)‼‼‼
チャンミンを筆頭に、世の女性をメロメロ(また死語かな~(-""-;))にする...あの(@ ̄□ ̄@)‼‼‼



『ドヤ顔』のことですかーーーーー(*≧∀≦*)



ドヤ顔ーーーーーーーーーーー(*´ω`*)ステキ
ドヤ顔ーーーーーーーーーーー(*´ω`*)タマラン



まいりましたm(。≧Д≦。)m




ちょっと(*`Д´)ノ!!!
今、その顔を向けられて(*´ω`*)デュフっていいのは僕だけなんですよ‼‼‼
なに、やられちゃってるんですか?
おっ?
おっ(`へ´*)ノ



((((;゜Д゜)))マタキタノサイキョウサマ‼
((((;゜Д゜)))アタシハメノカタキカッ‼


おっ(# ゜Д゜)


((((;゜Д゜)))ゴメンナシャイ‼ゴメンナシャイ‼



えりんぎさんに長々しいコメントを送るyuki-mamaremonは今日も、最強様に追い払われるようでつ(´Д`|||)

いいです、いいですよ最強様。
Yuki-mamaremonは明日の紅ユノを楽しみに、今日は早々に失礼しますよ‼‼‼


早々...もう早々じゃねーですよ(*`Д´)ノ‼‼‼


...
...
...(///ω///)エリンギサンマタアシター♪




2015/07/17 (Fri) 17:55 | yuki-mamaremon #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/17 (Fri) 17:04 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/17 (Fri) 16:55 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/17 (Fri) 15:12 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント