HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

Strawberry Candle(13)

































~チャンミンside~














「チャンミナ、・・・今日も泊まるつもり?」





僕はあの日から同じゼミのキュヒョンちにずっと泊まっていて、───




一度荷物を取りに帰った時、ジヒョンさんには泊まりでレポートを仕上げるからと言い訳をしていた。



もうこれで一週間。
もちろんユノからは何の連絡もないし、むこうも気まずい思いをしなくて助かってるのだろうと思う。




一度だけスヒさんから電話を貰って。


「ユンホ坊ちゃまと喧嘩でもしたのかい?坊ちゃまもひどく機嫌が悪くてね。・・早くレポートだかリポートだかを終わらせて帰っておいで?」


ふふ、やっぱりスヒさんは暖かい人。
でもまだ到底帰る気にはなれなくて、ごまかすように電話を切ってしまった。




「ん、・・そろそろ迷惑?」



「・・んなことあるわけないだろ?どうせ1人暮らしなんだから、居たいだけ居ればいいけどさ。」


「─────なんか、あった?」




キュヒョンは1年の選択科目が一緒になって以来、妙に意気投合していつも一緒にいる親友といえるヤツ。


そんな親友が心配そうに僕の顔を覗き込んでくるけど。



───言えないよな?・・ユノとの事なんて。




「親父さんが急に亡くなって、いきなり親父さんの友達の家で居候するって聞いた時はびっくりしたけど。
・・それもあの大企業の社長宅とかって、・・そりゃ疲れるわなぁ。」


って、ひとりで納得しているキュヒョン。


僕もとりあえず曖昧に笑ってみせた。




「・・で、レイナとはどうなった?」


突然話題を変えられて、・・まぁ、その方が助かるんだけど。


やけに目をきらきらさせて興味津々に聞いてくるヤツ。




────そう、いつかユノにも彼女がいる、って言ったことがあったけど。



彼女がいる、というよりは。
彼女になる予定の子がいる、って感じで。


同じゼミのレイナに告白されたのが、父さんの亡くなる少し前で。
それからあまりの忙しさに返事をする暇もなく今に至ってしまった。



レイナのこと。
正直好きとか、・・あまり意識してなかったけど。
ゼミの仲間で遊びに行くと一番よく話す女の子だし、話していて楽しい。




───つき合うきっかけって、案外こんなものなのかもしれない、と。



見かけによらず実は結構ロマンチストな自分が考えるほど、・・好きで好きでたまらない人、ってのはそうそう転がってるものじゃないよな?




────おまえ、ばっかじゃねーの?
そのビジュアルで本気の恋愛しかしねぇなんてさ、もったいないお化けがでるな。



つい口が滑って話してしまった、自分の恋愛観。
バカにされてから誰にも言うことはなくなったけど。
・・いつか本当に好きで好きでたまらない、って人が現れると密かに諦めてない自分もいて。



「ん、・・まだ迷ってる。」


ボソッと呟く僕に、苦笑いを浮かべたキュヒョン。


「ま、それがおまえだしな?好きなだけ悩みな。」


ポンッと背中をはたかれて、そんなキュヒョンにちょっとだけ安心した。




だって、────おかしいんだ。


少し前までは確かにつき合うのもいいか、と思っていたのに。
今はどうしてもそんな気になれない。





───今だけ?・・今だけ、だよな?



僕の頭の中はずっとユノに独占されていて。




─────あの怒りを孕んだ瞳、責めるような唇、・・・掴んで離さない力強い腕、・・・。



僕は男なのに、・・あんなことされて悔しい。
それなのに、───あの日、僕にむけた優しい眼差し、くだらない話にいちいち頷くユノの微笑みが、


──────僕を苦しめる。









「チャンミナ!キュヒョナ!」



ぶんぶん手を振りながらこちらへやってきたのは、噂のレイナと友達のリジ。



「ね?この後、ボーリングでも行かない?」って誘いにキュヒョンも行く気満々で。


あまり気が乗らないけど、しょうがない、つき合うか、・・と正門までの通りを歩いていたら、




「キャーッ!見た見たぁ?ねぇ、もう一回チャレンジしようよっ!」


「や~ん!目の保養~~!」




派手な女の子たちの派手な大騒ぎに足を止めるほどびっくりした。



隣ではキュヒョンが、───なに?アレ。ってレイナ達に聞いてて。




「あ~、あれね。
なんか正門のところにスーツ姿のすっごいイケメンがずっと立ってるのよ。
誰か待ってんのかな?
あの子達、さっき声かけてまるっきり無視されてたのに、へこたれないわね~!」


大げさに肩を竦める彼女たちの隣で。




─────まさか、ね。


そんなことあるわけない、・・・そう思うのに、自然と足早になる。










────正門脇、・・ただ立っているだけなのに圧倒的な存在感。



仕事中なのだろう、スーツで武装していても隠しきれない色香を放ち、




─────学生たちの熱い視線を一身に浴びてなお、別世界にいるように佇む人。





「────ユノ。」


ゆっくりと近づく僕。


落とした視線が静かに僕に重なる。




一瞬重なった視線を、ふいっ、と。
明らかに僕から目を逸らし、顔は無表情のまま。





「─────悪かった。・・もう二度と嫌がることはしない。」




それだけポツリと、・・そのまま背を向け振り返ることなく行ってしまった。























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re:

えへっf(^^;
ごめんなさい、ちょっと暗いかも、です~
コメントありがとうございます!
頑張りますね♪

2015/05/03 (Sun) 23:32 | け**様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/03 (Sun) 21:37 | # | | 編集 | 返信

point Re: 「────ユノ。」

このお話に何度目でしょう(〃∇〃)という感じでありがとうございます。

正門脇に立つユノの描写、私も好きです(^w^)
というか私の中のユノは常にこんな感じ。
圧倒的オーラがあると思うんです。リアルも。
空港写真とか、切り取っちゃうと残念に見えちゃう時も。
実際はすごいオーラで格好いいんだと思うの。多分、きっと、(^_^;)
新しいお話。
結構先まで書いちゃってますけど、なんだか色々と突っ込まれそうなので。
道標として。
持ち上げながら言いたいことは言うよ!的に、よろしくお願いしますm(__)m

2015/05/03 (Sun) 20:57 | m*****様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは

はじめまして。
コメントありがとうございます!
前ブログの銀行員ホミン見てくださっていたのですね(〃∇〃)
ホミンに萌えに萌えて、吐き出すように書いたものなので、私もかなり思い入れが強い2人なんですよ。
ただ異常に稚拙な文章で(T-T)
こんなもの本当に人様に見せてたの?って思うほどの^^;
いずれ時間に余裕が出来たら一気にアップして見たい人だけどーぞ、責任はとりません(*_*)状態もいいかもしれませんね。

2015/05/03 (Sun) 20:47 | t***様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/03 (Sun) 20:34 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/03 (Sun) 14:35 | # | | 編集 | 返信

point Re:

こんにちは!
おはようの挨拶もろくにしてくれないユノが無愛想ながらもチャンミンの大学まで謝りにくるって(〃∇〃)
自分で書きながらキューンッ💓ってしましたよ~
ありがとうございます♪

2015/05/03 (Sun) 12:53 | ラ***様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point

おはようございます(*^^*)

ユノが我慢できなくなって謝りにきちゃうなんて(^〇^)

チャンミンもユノに…( 〃▽〃)

そろそろ動きだしますか…(*≧∀≦*)

明日が楽しみです❤

新連載もですか\(^o^)/

2015/05/03 (Sun) 09:33 | ラムまま #6H4WXWoc | URL | 編集 | 返信

point Re: 有難うございます。

はじめまして(*^^*)
コメントありがとうございます!
素直で真っ直ぐで食いしん坊のチャンミンが好きなんです(〃∇〃)
あ、私、ユノペンなんですけどね。
チャンミンが辛いのは堪えられないチャンミン溺愛のユノペンです(^w^)
ホットですか?
当たり前じゃないですかぁ?
超ホットでお届けしますよ(#^.^#)
これからもよろしくお願いします!

2015/05/03 (Sun) 08:17 | Y*****様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 有難うございます。

えりんぎさん、初めてコメントさせていただきます。
一週間前にえりんぎさんのstrawberry Candleを読んでお話にぐいぐい引き込まれ毎日!訪問させていただいてます。
ユノの心を徐々に解きほぐしてあげてる天使なチャンミン二人の関係がどのように変わっていくのか?とっても!楽しみです。脳内はホットな関係になればなんて!ひそかに思いながら読んでます。
これからも、末永く続けてくださいね。いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。

2015/05/03 (Sun) 07:26 | yoshiko #HUhyLOzQ | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント