HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~僕らの距離~1















U GET ME 続編です。










































───キュヒョンside








「あのさ、───お持ち帰り、していい?」





────は?・・何を?なんて聞くまえに、勢いよくチャンミンの腕を引いて行ってしまった人を。




呆気にとられて眺めてるだけの俺と、騒ぎだした女の子達。



「え?ちょっと、なんなの?ユノさん、帰っちゃった?っていうか、どうしてチャンミンさんと?」



そんなこと・・俺が聞きたいくらいだ!





朝、出社ラッシュのエレベーターで。
ひとり誰よりも清らかな立ち姿。
その日の気分によって髪型を変えてるのか、前髪がおりてる時と横に流したり、立ちあげたり。
さらっとおりた前髪から覗くちょっと潤んだバンビアイ。
そんな日は───当たり!とガッツポーズしてみたり。




あの飲み会までにどれだけ苦労したことか!
やっと一緒に珈琲飲む仲になったのに。
缶コーヒーだけど。
しかもチャンミンの会社のフロアへ押しかけてだけど。




そもそも飲み会にユノヒョンを誘ったのが間違いの第一歩だとしても、・・しょうがないな、チャンミンを連れてきてもらう交換条件がユノヒョンだったんだから。



まさかあのユノヒョンがチャンミンを気に入るなんて思いもよらないし。
でも現にあの飲み会で、ユノヒョン目当ての女子のことはガン無視でひたすらチャンミンを見てたよな。





「あ~あ、・・・」



去っていくふたつの背中を眺めながら大きくため息をついたところで。



「なぁなぁ、ユノさんとチャンミナって飲み会が初対面だったよな?」って、コッソリ隣から声がして。



「あー、・・って話だけど?」


今、あの2人の話はしたくないのに?とチャンミンの同期に面倒くさそうにこたえた。




「俺さ、2カ月くらい前かな?チャンミナと《T》へ行って、置いてきぼりくらったことがあったんだよね。」



「───《T》?」


そこってユノヒョンが通ってるっていう、────。




「そう、俺のこと置いて誰か他の男と店出てっちゃってさ。ま、すげぇ酔ってたんだけどね、あいつ。」



「で、今、気づいたんだけど、・・そん時の後ろ姿にそっくりなんだ、───あの2人。まさかな?」





「は?」



「・・・まさかな?」



何度も言うな!
そんな縁起でもないこと。



「も、もし《T》で一緒にいたなら、飲み会で初対面のふりする理由がないだろ?」



「あー、まぁな。」



何となく納得して他のヤツと喋りはじめたそいつに背を向けても、俺だけ胸のもやもやは拭いきれない。




パッと浮かんだのはチャンミンの極上のはにかみ顔。


出社前のカフェでユノヒョンが毎朝誰か男と珈琲飲んでるって噂にきいた。
ユノヒョンの噂はとにかく早いから、ユノヒョンも下手なことはできない。
その相手がどうも嫌な予感がして、行ってみたら案の定チャンミンで。
ずかずか入って邪魔してやろう、と思った矢先のそのはにかみ顔。
もちろん一歩も動けなかったのは言うまでもない。




「くそっ!」



思わず出た言葉が、なんだか負け犬の遠吠えのようで悔しかった。









そんな忌々しい週末が明けての月曜日。
どんな顔して出社するんだろ?と待っていたユノヒョンは意外にも浮かない顔つきで。



それだけでちょっと気が晴れたから、その浮かない顔の理由が聞きたい。
思わずニヤついてしまいそうな頬をパンとひと叩き。 



「ユッノヒョン!どうしました?元気ないっすねぇ?」



チラッとこちらを向いて、ハァ、と軽くため息。




「ん、・・まぁ、簡単に言えば、──プンオパンの憂鬱、って感じ?」




「は?」



まったく意味不明。
プンオパン、ってアレだよな?
魚の形した中に餡が入ってるお菓子。



「ちょ、っ!」



呼び止める俺の声も空しくユノヒョンはさっさと自分の席へ行ってしまった。















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/15 (Sat) 21:31 | # | | 編集 | 返信

point えりんぎです(#^.^#)

こんばんは!
今日は『紅』の更新が出来ず、すみません(>_<")
U GET ME ~僕らの距離~はアメブロで一度完結してる話なので、「えーーっ(-_-#)」と思われたかもしれませんが、そうです、時間稼ぎですf(^^;)お許しくださいね~
この続編の後、さらに続編を書いてまして、これが未公開のまま未完になってます。
この普通にいそうな2人が好きなんですよね。


そして《プンオパンの憂鬱》
ブンオパンとは日本で言う鯛焼きです。
あちらでは鯛ではなく鮒(フナ)らしいです。
それで、プンオパンの憂鬱、っていうのは勝手にユノヒョンが作った言葉なのでググって頂いても出ませんよぅ(^o^;
何のこっちゃ?って疑問もすぐに解けますので!←しかも大したことないです

ではでは。

2015/08/15 (Sat) 21:15 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/15 (Sat) 17:24 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/15 (Sat) 05:46 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/15 (Sat) 05:31 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント