HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~僕らの距離~3















































結局微妙な雰囲気のまま帰ろうとする背中をとめることが出来なくて。



「明日は会える?」って思いきって誘ってみるも、

「え、と、・・日曜日は、資格試験のための勉強にあてていて、」とか。



ま、勉強熱心なのはいい事だ。
チャンミンの会社はいわゆるシステム開発会社。
SEとしてさらに勉強が必要なんです、って真剣に話してたもんな?
そんな真面目なチャンミンも好きなんだよ。




そんなわけで、せっかくチャンミン強奪に成功したものの、中途半端に熱を持て余して俺のもやもやは暫く消えそうにない。













「だからさ、・・俺んちで勉強すれば?」



隙間なく重なってチャンミンの耳元で囁く。
さっきまで誰もいなかったトイレに急にガヤガヤと人の気配。
完全に出るタイミングを失った。



眉間にしわを寄せて困ったように睨んでくるその瞳を俺だけでいっぱいにして、とろとろに蕩かしてやりたいのに。



緊張に強張った身体をほぐしたくて深く刻まれた眉間にそっと唇を落としたら、さらに固まった身体。



大丈夫、バレねぇよ。


なんて言ったらさらに怒りそう。
首筋からは微かにシトラスの香り。
仄かに甘い香りもする。
フローラルとの混合?
それともチャンミン自身が甘い香りなのか?
目蓋を閉じて香りを胸いっぱい吸いこんだところで、「誰もいなくなりましたよ。」とあっさり身体を離された。



おまえさ、───俺にずっと片思いしてたんじゃねぇの?


と、聞きたいところだけど墓穴を掘りそうだから自重する。




「ん、──じゃ、土曜日な!詳しいことはまた朝にでも決めよう。」



最後にチュッとわざと音をたてて口づけて、焦って朱くなる可愛いチャンミンを堪能して出口に向かった。



「ヒョン!泊まりはなしですからね!」



背後から聞こえる声。

ちぇっ、・・!

あやふやなまま言いくるめようと目論んだけど、やっぱ無理か。






──────「ユノ!」




チャンミンより少し前を歩いていたところで声がかかる。
夕方のロビーはたくさんの人で溢れていた。



「ユノ、こっち!良かった、ちょうど近くで用事があって顔だしてみたらいなかったから。」




「───ミンジ。」



背中まである栗色の髪がチャコールグレーのジャケットにふわりと靡いて。
すれ違う周りの男どもがチラチラ目線を送っているのを嫌でも感じた。



「あー、・・久しぶり。」



何をしに来たかはすぐに分かった。
今度ミンジの会社と合同でプロジェクトチームを組むことになっていたから、おそらく様子見だろう。



「今度のチーム。ユノがリーダーって聞いて名乗りあげちゃった。」



意味深な微笑みをたたえてベージュのグロスを小指でなぞる。
そんな仕草が可愛いと思った時期もあったな、なんてふと思う。
ついでに勝手に男つくって別れたのに何度もしつこく呼び出された過去も甦ってついため息まで出た。



「そう、──よろしく。また近いうちに打ち合わせの連絡するから。」



押しの強さに負けてつき合ったけど、やっぱり仕事の関係者との恋愛はよくない。
後腐れのなさを望んでも、どうしたってこうやって再会してしまう。




ミンジと向き合わせで立ってる横を避けるように通り過ぎるチャンミンに気づいて。



「チャンミン!」



特に意味もなく呼んでしまって、───ハッとする。
振り向いたチャンミンの表情が固く強ばっていたから。


「・・チャンミン?」


つい目の前の仕事仲間のことなんて忘れてチャンミンへ手が伸びるのを、


「ユノヒョン、・・じゃあ、また。」


ニコッと笑われたらそれ以上は何も出来なかった。












********************

おはようございます、えりんぎです(#^.^#)

またまたこちらも冬設定です(^o^;
コメントでもいただいたのですが、今回はそんなに焦らしませんよー(^^)b
ユノヒョンの勝手な造語《プンオパンの憂鬱》を書きたいという理由でそれっぽくなりましたが💦

冬設定で、冬服きてる2人のバナーの背景がヒマワリという。←今、気づきました、変ですね💦

アメブロのアメンバ申請も引き続き頂いてます。
丁寧なメッセージをありがとうございます。
お返事できなくてすみません。
とうに1300人越えてます、すごいなぁ(;゜∇゜)


いつもポチっとありがとうございます!
(紅も書いてますからねぇ~~)







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: こんばんは♪♪

カプ**様。
こんばんは~
いつもありがとうございます(*^^*)
焦ってますねぇ、ユノヒョン。
余裕のないユノ、好きです(^w^)
プンオパンもこれほど反応いただけるとは?とびっくりです。←見たことも食べたこともないのにf(^^;)

2015/08/17 (Mon) 22:54 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: はじめまして。

na*様。
はじめまして。
コメントありがとうございます!
嬉しいお言葉ばかり、恥ずかしいです~(〃∇〃)
それにしても話の好みって、みなさん色々だなぁ、って思います。
あ、ちょっと書いちゃいますけど、Special one 、One more thing 、そして最後に笑ってみせて、の順って感じですか?
そして最後に笑ってみせて、を好きな作品にあげてくださる方って貴重な気がします(^o^;
ありがとうございます~
私は書き終わったあと読み直すことは余りないのですが、それにしても そして最後に~は一度も読み直した事なくて忘れちゃってますからf(^^;)
イコール《高校生設定は私には無理》というイメージしかなくて。
なんだかとっても嬉しいです!
読んでみようかな?(^w^)
BL要素は、どうでしょうか?
あまりいらない、って方には多い方なのでは?
私は、実際にそういうことしちゃってる場面よりその前のシチュエーションに萌えます(^w^)
Specialで言えば、脚本をシミュレーションしながら台詞なのか、現実なのか、演技なのか、本気なのか、ぐいぐいこられて、クラクラしてるところでキスされちゃったり、そんな感じです。
好き勝手書いてますが、これからもよろしくお願いします♪

2015/08/17 (Mon) 22:48 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/17 (Mon) 21:43 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/17 (Mon) 21:08 | # | | 編集 | 返信

point Re:

sw**様。
プンオパン、そうなんですか?
カリッとしていた方が美味しいですよね(*^^*)
私は頭からいただきます。
チャンミンのような食べ方は珍しいんじゃないかと?
なので、これからもぐるぐるしちゃいます。
お互い好きなのは丸見えなので苛々しちゃうかも。
あたたかく見守ってくださいね(^^)b

2015/08/17 (Mon) 20:50 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re:

tai***様
こんばんは。
こちらは雨が降ったりやんだり。
蒸し暑くてたまりませんよ(>_<")
そうそう、甘々のバカップルなんですけど、この女性にちょっとだけ引っ掻き回されます。
tai***さんがユノに怒っちゃうコメントが想像できますf(^^;)
さて、どうでしょうか?(^w^)

2015/08/17 (Mon) 20:45 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/17 (Mon) 08:20 | # | | 編集 | 返信

point

おはようございます(^.^)
今日は豪雨ですね。。。
いま、亭主を駅まで送ってきましたが、車の乗り降りだけでずぶ濡れです^_^;

さてさて、チャミのクールさがいいですね(^.^)
ユノが何とかチャミを家に誘い込もうとしているのも微笑ましい(^ ^) 頑張れ〜ユノp(^_^)q
で、女登場ですね。。。。。世界は自分の為にあるの!オーラが出ていますよ〜(T_T) かき混ぜてきますね。。。

2015/08/17 (Mon) 06:08 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント