HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U GET ME ~僕らの距離~6













































────チャンミンside







待ち合わせは駅の時計台まえ。
クリスマス一色に彩られた街並みは男の僕でも気分が高揚する風景だ。


約束の10時に15分ほど早く着いて、時計台の真ん前に立つのはなんだか恥ずかしくて裏側に立つ。
土曜日の駅前は待ち合わせの人達でごった返していた。


ひとり、恋人が来るのを今か今かと胸躍らせる人。
何人もの団体で楽しそうにハシャいでる人。
不思議だな、・・今まで何ともなく流れていった風景が、好きな人を待っているというだけでこんなにも色づいて見えるなんて。



「・・寒いな。」


朝の予報では雪がチラつくかも、と言っていて、吐く息さえ凍りそうなほど寒い。
マフラーをぐるぐる巻きにしたいところだけど、ヒョンに気づいてもらえないと困るし。


襟を両手でぐっと寄せてその隙間からけむる白い息遣いさえ弾んだように見えるのは多分僕の気のせいだけど。




この一年、どうしたって視界に飛びこんできたあなたの姿。
記憶にあるのはほとんど横顔で、ニッと笑った時の少しだけ首を傾げる仕草とか、きれいな長い指が口許を覆うさまについ見惚れてしまっていたのに。



───チャンミン!と、真っすぐに僕を見つめるあなたを、逆に恥ずかしくて見返すことができないなんて。





「─────遅い。」


待ち合わせ時間から10分ほど過ぎて、吹きさらしのこの場所で身体の芯から冷えてきた。
僕が着いたときはどこにもいなかった、・・けど、まさかね?
嫌な予感がして時計台の周りを一周する。


待ち合わせ場所に着いたら取りあえず全体を探すだろう、───という常識はユノヒョンには通じなかったみたいだ。




「─────ユノヒョン。」


久々に見る横顔。
ハァと息を吐き出しながら空を見上げる人。
鼻筋から顎のラインが一筆書きしたようにきれいで。


───でも、なんかニタニタしてないか?



「ユ、ノ、ヒョン!」


「ぅわ!///」



そこまでビックリしなくても!ってくらいの驚きよう。
振り向いた顔は朱に染まって、口元はごまかすようにヘンテコに歪んでいた。



「び、びっくりしたぁ、///チャンミン妄想してたら急に本物がくるんだもんな。」



「は?」


急に、ってあなた、もう約束の時間をとうに過ぎてますよ?
それにチャンミン妄想ってなに?///
何の妄想?
顔、おかしなことになってますけど?



僕だってさっきまでこっそり見続けたユノヒョンを思い返していたけど、・・そんなにニヤついてないはず、たぶん。



「雪が降りそうだから今日はやめようって言われそうで心配してたんだ。
そしたらキャンセルの連絡ないし、良かったって。
そう思ったら、・・チャンミンが、まぁ、・・可愛すぎてね・・///」



「話が・・つじつま合ってませんが。」




本当にこの人は、───。
話せば話すほどクールな第一印象は儚く崩れ、ひょっこりおちゃめな姿を晒してくれる。



「な、聞きたい?妄想話。」


「・・全然。」



そんなヒョンを残念に思うどころか、ますます魅力的に感じてしまう自分が情けないけど。
───しょうがない。
とうの昔に好きの気持ちを諦めることを諦めたのだから。



「僕、15分くらい早く着いて裏側にいました。・・せっかく目立たないところにいたのに。」


男同士でうきうきした顔して待ち合わせなんて絶対誰にも見られたくないから。
きっとヒョンだって会社の人に見つかったら嫌だと思って隠れるように立っていたのに。
大袈裟に驚いたヒョンに周りの視線が集中しちゃって僕の気遣いは水の泡となってしまった。



「どして?俺、チャンミンのこと自慢したいのに?」



はい?



「俺だけの為に私服姿のチャンミンが来るって思ったら、すっげ嬉しくなっちゃってさ。」



「───隠したいほどへらへらしてた?俺。」





─────もう、・・本当、困るんだってば、・・どうリアクションすればいいのか、




なんて思うまえに盛大に頬が緩んでしまって、どう見ても──嬉しい、としか読みとれない表情を晒して。



満足げに笑ったヒョンが、「その顔、・・妄想のまんま。//」なんて言うから、恥ずかしさのあまり早足になった僕の背後からクスクス笑い声。



───このヤロウ!って振り向いた先、愛おしげにみつめるその視線に僕は、もう後戻りできないくらいの好きを自覚する。



















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: はじめまして

coco****様。
はじめまして。
コメントありがとうございます(*^^*)
U GET MEは書きやすく妄想しやすいんです。
リーマン神起が好きだからですね、きっと。
日常の中で近づいたり迷ったり、そんな2人が好きです。
これからもヨロシクお願いします♪

2015/08/21 (Fri) 16:18 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/20 (Thu) 22:36 | # | | 編集 | 返信

point Re: メリークリスマス☆

羽衣様。
こんばんはー!
やーん、分かっていただけました?
2人が本当に待ち合わせしてもこうなるんじゃないかと、というくだり(〃∇〃)(〃∇〃)
嬉しいです~(^w^)
想像出来ますよね?ね?ね?
私の脳内妄想では常にリアルな2人なので、重ねていただける箇所があると本当に嬉しいんです!


そしてWITH。
圧倒的なパフォーマンス、歌唱力、表現力、そしてMCでのポッと現れる素の表情。
素晴らしい演出と相まって、WITHの究極のような圧巻のステージに、初めて観るわけじゃないのに、初めてのようにドキドキしました。
羽衣さん、ホント、同じ時代に生まれて良かったです。
ゆっくり堪能してくださいね!

2015/08/20 (Thu) 20:00 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 好き(*´ω`*)アトモドリヒツヨウナシー‼‼‼

yuki-mamalemon様。
お久しぶりでーす(^w^)
「後戻り必要なし!」ですか。
この自信なさげな最強さまに言ってやってください~
お互い捕まっちゃってんのにね!
でも分かってるの読者さまだけですからね。
「もうっ、ばか!なにやってんだ!」って言いたくなりますよ。
あ、言っちゃいますね、yuki-mamalemonさんなら(^o^;

2015/08/20 (Thu) 19:33 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: あまっ

tai***様。
甘い→切ない→甘い、の王道話です(*^^*)
この話は私の話のなかでもそれほど上手に書けたわけではないのに、好きなんです。
こればかり読み直してます。
多分、等身大の2人が甘いからでしょうね~
そして鯛焼き(^w^)
続編の続編っていつ書くつもり?って感じですが、忘れた頃に「あ!」って登場します。
ありがとうございます!

2015/08/20 (Thu) 19:29 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/20 (Thu) 17:15 | # | | 編集 | 返信

point 好き(*´ω`*)アトモドリヒツヨウナシー‼‼‼

「俺、チャンミンのこと自慢したいのに?」

「俺だけのために私服姿のチャンミンが来ると思ったら、すっかり嬉しくなっちゃってさ。」

「____隠したいほどヘラヘラしてた?俺。」


久しぶりにお会いした『U GET ME』のユノは、相変わらずの男っぷりと、ストレートな物言いで、チャンミンをドギマギさせていました(о´∀`о)ウフ

チャンミン同様、ユノにドキドキのyuki-mamaremonです。
ご無沙汰しましたΣ(´□`;)オボエテマツカー?

隠したいほどにユノがヘラヘラしてたとしたら、ヘラヘラしてるのが恥ずかしいのではなく、そのヘラヘラしてしまった顔を独り占めする為にだな、間違いない‼‼‼とニンマリしつつ...続けます(ФωФ)ニヤリ



ごめん、俺、腹からガッツリいっちゃう派だ。なんて言うヒョンに。

学生時代の友人を思い出した。
彼は腹から餡部分を食べちゃって、残りの端っこを「もういらねー」って言うタイプだった。
相手がユノヒョンで、揶揄ったのが僕らの距離だとしたら...

まったく嬉しくないそれに、僕はまた足が竦んでうごけなくなる。


チャンミーーーーーーーン(。>д<)ドシタ‼
ユノヒョンは学生時代の彼とは違って、頭も尾もしっかり食べるよ、絶対‼‼‼
だからチャンミンもペロッと食べらちゃ⬅自粛

いゃいゃいゃ、そうゆうことじゃないですよね。

惚れちゃう方が負けですから、チャンミンが不安になるのもわかります( ̄□ ̄;)!!
でも、冒頭のユノの感じからして、チャンミンが心配してるようなことにはならないと...yuki-mamaremon思いまつよ?
チャンミン(*´ω`*)グフー♪


だって...

恥ずかしさのあまり足早になった僕の背後。
___このヤロウ!って振り向いた先、愛おしげに見つめるその視線に僕は...

愛おしぜき見つめる視線...
愛おしげに...見つめる視線...
愛おしげに...羨ましいな~(*≧∀≦*)オイ‼‼

はっ( ̄□ ̄;)!!
脱線しました‼‼‼

愛おしげに見つめる視線に僕は、もう後戻りできないくらいの好きを自覚する。

(*´ω`*)デュフ

プンオパンのことは少し置いておいて...
焦らさずにみせちゃいなさいな(///ω///)

『U GET ME』

もうすっかり、捕まってますから‼‼‼
お互いに(/-\*)キャッ


デートどうなるかなぁ(*´ー`*)
明日に期待...です(*´∀`)ヘヘヘ♪

2015/08/20 (Thu) 12:02 | yuki-mamaremon #- | URL | 編集 | 返信

point あまっ

おはようございます(^.^)

甘いっ\(//∇//)\
付き合い始めの待ち合わせ(^.^)
冬で良かったですね。
照れて上昇した体温を冷やせますもの(^.^)

とっころで、
続編の続編に私の鯛焼きエピを?!!
♪───O(≧∇≦)O────♪
もちろんですよーっ
こちらからお願いしちゃいますよーっ
きゃーっ♪───O(≧∇≦)O────♪
キリ番をマーク出来ない私に、こんな幸運がーっo(^_^)o
嬉しいですぅ

2015/08/20 (Thu) 09:27 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。