HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~僕らの距離~8
























































────結局、なんと言おうとチャンミンは優しいんだ。






「ユノヒョン?言っておきますけど、《可愛い》は禁句ですよ。」



さっきから何度目になるか分からない注意事項を聞きながら、チャンミンの実家へ向かう道のり。



ホームランを打てたのか?と聞かれれば実はまったくダメダメだったのを、打つまでは帰らないくらいの気迫としつこさに先に折れたのはチャンミンだった。



「取りあえず、家に電話してみます。」


ハァ、と大きなため息をつきながら、のっそり取りだしたスマホをタップする背中はやっぱり嫌そうには見えない。


分かりにくい態度なのに分かりやすいチャンミン。
嫌ですよ、って言いながら、すぐ真っ赤になる耳と嬉しそうに綻ぶ口元はいつも素直だから。




「───可愛いなぁ。」


「あ、ほら?もう禁句言った!///」



駄目だよ、チャンミン。
チャンミンがチャンミンでいる限り可愛いと思う気持ちは薄れることなんてないんだ。



待ち合わせ場所でわざと目立たないように待っていたり。
それも結構早くに来ていたことが小刻みに震える唇や丸く強ばらせた背中から伝わって。
今すぐ抱きしめて温めてあげたいなんて、そう思うのはおまえだけだし。



狭い狭いって文句垂れるのに、俺が何しても結局は受け入れるチャンミン。
狭い、んじゃなくて、狭く、してんの!
何のために最後方の座席にしたと思ってんの?
映画のクライマックスで、原作とはかなり変えてきたポイントを話したくて何気に顔を寄せた。
大きな目をパチクリさせて、吸い寄せられるように俺に傾くチャンミンを。
ごめんね、・・つい食べちゃった。


なんて思ってる場合じゃなくて、運悪くシーンとした場内に響いてしまったそれに、チャンミンがそれ以降深く顔を伏せて映画を観れなかったことは反省してる。





「・・・ヒドい。」


自宅に電話していたチャンミンが通話を切ってポツリ呟く。


「どうした?」



チャンミンちへ行きたいと言ったのは、少しでも多くのチャンミンを知りたいから。
チャンミンの家族でも、チャンミンの友達でも、少しずつ周りの壁を囲むように俺の存在を知らしめたい。
そんなことを思う狡猾な自分に一番驚いてるのは俺自身で、それほどの存在なんだよ、チャンミンは。



「僕がいないからって家族で出かけちゃったらしいです。夕飯も食べて帰るから、友達呼ぶなら適当にやってって言われました。」


「あー、そうなんだ。」


「大食らいがいないから絶対ご馳走食べてる!」



ヒドい、ってそっち?
ま、いいけど。



「じゃ、さ。チャンミンちは今度にして、俺んちで鍋でもする?」



一瞬頬が緩んだ気がしたけど、すぐに固まって無言になったチャンミン。



「危険、・・なんですよね?」


ま、ね。
保障はしないよ。


傍らに置いた荷物を手に取ろうとするから、まさかもう帰るとか言わないよな?ってちょっと焦る。


そこでふと、チャンミンの荷物が不自然に大きいのが気になって。


「な、そのリュックさ、映画行くだけなのにどうしてそんなに大きいの?」って聞いたら途端にそわそわしだした。



「・・べ、べつに。大荷物はいつもの癖です。」


そうそう、確かにチャンミンはいつも大荷物なんだけど。
でも、・・気になる。


「ふーん、」


興味なさげに言ってチャンミンの気が逸れたのを見逃さず、バッとリュックを奪った。



「わっ!///」


「なにこれ?いやに重くないか?」


「か、返して!ばかヒョン!」



そのリュックは敢えなく取り返されてしまったけれど。
なぁ、チャンミン。
俺さ、こういうときの勘は結構いいんだよね?




「それ、・・参考書とか問題集だろ?」


「・・・。」


「俺んちで勉強、するつもりだった?」


「で、電車、とか///」


「そんなにたくさん持ってきて?」


「・・・・・・。////」




─────チャンミン。


「可愛い。」


「ばっ///!だ、だからそれ、禁句!///」




真っ赤な耳を晒して背を向けるチャンミンが可愛くてたまらない。



「チャンミン、・・危険じゃないから。
おまえが嫌なら何もしない。一緒にいれるだけでいい。本当に好きなんだよ。大切にしたい。」


思ってることを一気に捲くし立てた。
それだけじゃ言い足りないくらいに気持ちが溢れて。



そっと振り向いたチャンミンが観念したように頷いたのを勢いよくその手をとり、歩くのがもどかしいほど余裕なく自分ちへ向かった。

















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: おはようございます(*^^*)

カプ**様。
ま、さ、に!
よくご存じで(^w^)
こちらのチャンミン、プンオパンがどーのこーの言いながら、意外に積極的、というか、素直なので~(^_^)v

2015/08/24 (Mon) 20:10 | えりんぎです(#^.^#) #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re:

tai***様。
ですよねーーっ(〃∇〃)
分かりにくいのに分かりやすいチャンミン!
これって私のチャンミンのイメージでもあります(^w^)
さきほどついつい《ブランチ》の2人💓観ちゃいました(*^^*)
可愛いい~

2015/08/24 (Mon) 19:20 | えりんぎです(#^.^#) #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/24 (Mon) 11:28 | # | | 編集 | 返信

point

えりんぎさん おはようございます(^.^)

「分かりにくい態度なのに分かりやすいチャミ」
まさにですよーっ!
えりんぎさん、まさにこれがチャミですよーっ!

2人のデート、もう胸キュンですっ(≧∇≦)
可愛いは禁句って、そんな事言っちゃうこと事態が可愛いぃ(≧∇≦)
ユノの部屋へ移動。
えりんぎさんっ!
アメ限ですかーっ?!
きゃーーっ!!\(//∇//)\

2015/08/24 (Mon) 07:54 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント