HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U GET ME ~僕らの距離~24




































~チャンミンside~












「痛っ、…」




ゆっくり浮上した意識のなか、急に襲った頭痛に体を捩る。
完全に二日酔いだ。
目が開けられない。
苦しい、…なんだろ?…
何かが巻きついて息が苦しい。



無意識にその何かを剥がそうとして気づく。
───そのがっしりと背後から巻きつく腕に。




パチッと両目を開いて、項に埋めるように穏やかな寝息をたてる人を横目で窺った。



───ユノヒョン。







昨夜の事を思い返してみるも、ガンガンと響く頭痛に邪魔されよく思いだせない。
途中からまったく記憶がないのは確かで。
どうみてもここはユノヒョンちのベッドだから、酔って寝てしまった僕を運んでくれたということだろう。




抱きしめる両の腕は複雑に絡み合っていて、ヒョンを起こさずに抜けでる自信がないから取りあえず大人しく身を委ねていた。
壁にきれいに掛けられたスーツを見つけてほっとしながら、ペタペタと身体中をまさぐってみた。
……もちろん気づいてたけど、…裸だ、まっさらの裸だ、───ヒョン、どういうことでしょう?と今すぐ問いただしたいのをぐっと我慢する。




ふぅ、とため息がひとつ。
なんだか良いようにごまかされた気分だ。
聞きたいことは山のようにあるのに。




────でも、ヒョン。
きっとそういうこと、‥‥下手な言い訳はいらないね。



昨夜の、あからさまな嫉妬がすべてで。
僕を抱きしめる腕の強さと、必死で探し回ったのであろうあんな寒い中でもびっしょり掻いた汗の匂いがすべてなんだ。





「ユ、ノ、ヒョン。」


頭痛が少しだけましになってきて、…シャワーが浴びたい。
僕は休みだけど、もしかしたらヒョンは休日出勤かもしれない。
ぐっと体を捻ってユノヒョンの背中に腕を回した。
なんとなく、ツツーっとその手を滑らせて。
───ああ、やっぱりヒョンも裸だ、なんて確認してみる。





「……んっ、……ん、」


少しだけ覚醒してきたヒョンの鼻をつまんでみる。
嫌味なくらいきれいな鼻筋。



「ん、…ぐごっ、…!」
「ぷっ、」



ユノヒョンのまぬけ顔はちょっとだけ安心する、なんておかしいかもしれない。



ヒョンの元カノに会ってからはずっと胸がチクチク痛かった。
はっきり言って寝不足だし。
ちょっとくらい仕返ししたってバチは当たらないだろうと、鼻を摘まんだまま深く口づけてやる。
息苦しさで開いた口内にスルッと舌を滑らせて思いっきり吸ってみる。




「っんっっ!」


酸素不足で紅潮してきたと思ったらバチっと両目が開いた。
状況が把握できないのか長い睫毛を何度もしばたかせて慌てたような仕草。
───ざまあみろ、って優越感に浸っていたのは一瞬で。




「ぅわっ!」


手首を掴まれ思いっきりひっくり返された。


「チャンミ~ン。なにこれ?なんのサービス?」とかっていやに嬉しそうなヒョン。



「は?…え?」
戸惑う僕の顎をぐっと引き寄せ上から被さるように唇を重ねる。
最初は軽く、…啄むように、
「チャンミン。」
愛おしげに細めた目で見つめられれば、途端に力の抜けた体を抱きよせ深いキスをおとされる。



何度も角度を変え侵入してきた舌に絡みとられ、息継ぎさえままならず、どちらのものとも言えない唾液がお互いの顎を伝う。






最初にギブアップしたのは僕だった。


「‥ヒョ、ヒョンッ、も、‥ダメ、くるし、っ!」




ニッと満足げに笑うヒョンが憎らしい。
「ご馳走さま。」なんて言われてさらに腹が立つ。



「シャ、シャワー、…したいです!」


そそくさとベッドから出ようとして真っ裸だったのに気づく。
そうっと振り返って、
「‥‥‥も、もしかして、‥‥しました?///」っておそるおそる。




にかっと満面の笑み。


「んー?、一歩手前。」




こんなに僕を苦しめた張本人の無邪気な言いぐさに、怒る気すらヘナヘナと消えていくのを、今さら気づいてしまった腰の気だるさとともに感じていた。



















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: こんにちは(@^^)

羽衣様。
そうなんです~!
ターフも用意したのに日焼けバンバンでした。


チャンミンがまず最初にスーツの行方を探すところなんてユノの奇跡加減が分かりますね。←めずらしくユノがかけました。
一応、チャンミンに寂しい思いさせたと反省してるようです(^w^)


いつもありがとうございます(^o^ゞ

2015/09/15 (Tue) 17:38 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re:

swan様。
いろいろとスルドイです(^w^)
明日、分かりますよ!
ところで、ごめんなさい~~っ(。>д<)
TIMEじゃなくて、SCREAMでした!
ということは、どの《振り向きユノ》かはお分かりということですね💓
コレと対になる見上げるチャンミンも好きです(#^.^#)
ちなみにswanさんの好きな《振り向きユノ》は何の画像でしょうか?←何も知らなくて(^^;)

2015/09/15 (Tue) 17:33 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: おはようございます♪♪

カプ**様。
こんにちは!
呑気にデレてるユノヒョン、頂く一歩手前でしたよ(^w^)
なにも意識のないときにシなくてもね、本日は離さないつもりですから(^^)d

2015/09/15 (Tue) 17:23 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/15 (Tue) 16:41 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/15 (Tue) 16:07 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/15 (Tue) 08:42 | # | | 編集 | 返信

point Re:

tai***様。
おはようございまーす!
調子ぶっこきユノヒョンですっ\(^o^)/
鼻も口も手(←ここ大事)で塞ぎ、はい、正座~!ですか?(^w^)
そうそう真っ裸、ついつい想像しちゃいました~(〃∇〃)
taitaiさんが内緒にしても私が思いきりバラしてますよ(^o^;
私も数えてみたら、S、M、S、Mとバランスよく並んでました(^o^ゞ

2015/09/15 (Tue) 07:10 | えりんぎです(#^.^#) #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/15 (Tue) 06:06 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。