HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~僕らの距離~28


































適当にパンと野菜をサンドして珈琲と一緒にだしてやる。
昨日のスーツを着ようとするから慌てて止めて、俺の着古したスウェットを頭から突っ込んだ。


「…なんか、…ヨレヨレですね。」なんて文句言ってるけど、──いいんだよ、わざと外に出れないような格好させてんだから。




「美味しい?」って聞いたら、すかさず「はい。」ってこたえるチャンミンが可愛い。
「でもハムくらいないんですか?」って文句も忘れない。


「僕が片付けますね。」って言いながら丁寧に皿を重ねシンクまで運ぶチャンミン。
その後ろ姿を眺めながら、どうにも落ち着かなく体が揺れるのを不思議そうに見てくる。



「どうしました?」って言うから正直に、「早くベッドへ行きたい。」ってこたえたのに。
「はぁ?」と呆れ顔。
そのまま何もなかったように背を向けられ、───それはないんじゃね?





頬杖ついて無防備な背中をしばらく眺める。
そわそわしだしたそれに、───やっぱりな?背後からでもよく分かるほど耳がほんのり染まってきた。



そんなん見せられたら、こんなとこでのんびり座ってる場合じゃない。
後ろから近づく俺の足音が聞こえてるだろうに、何の反応もしないチャンミンの奥底の期待に応えるべく、ぎゅうっと両手で抱きしめた。






「ヒョン、…。」
静かにたゆたう情欲の欠片。
それを摘みとるのは、──俺だけでいい。







ゆっくりと重ねた唇。
味わうようにその柔らかさを堪能して。
おずおずと回された両腕を合図に舌先でチャンミンの唇をなぞる。
素直にひらかれたそこは、誘うように引き入れて離さず…ただ熱くて。



「…ベッド、行こ?」



囁くように耳元で。
そのまま朱く染まったそれもろとも食べてしまいたくて。
舌を挿し入れ周りまで舐めあげる。




「…ん、…っあ、、っ、…。」



完全に力の抜けた体を抱き寄せ、縺れるように2人。
ボスンッと沈むしなやかな体をすみずみまで暴きたくて。
紅潮した頬、…甘い吐息、…とろとろに蕩けた表情に、───我慢しろって方が無理。




「チャンミン、───綺麗。」


思わず言ってしまうほどの艶やかな肢体。
同じ男とは思えないほどの線の細さに滑らかな肌。



ずっと見てたいけど、口付けたいし。
隙間がないほどくっつきたいけど、体中に触れて舐めたい。
もどかしいほどの俺の欲望は尽きることなく、匂いに誘われ首筋に顔を埋めたその時。





────♪~~♪♪、~♪~~♪~、



鳴り響く着信音。




────なんだよ?なんでこんなところにスマホ置きっぱなしなんだよ、俺!







無視、───そう決めるもなかなか鳴りやまないそれ。
チラッとチャンミンの目線がスマホへ向いた。




「ヒョン、…出て、…ミンジさん。」



本日2度目の最悪な寸止めに目眩までしてきた。
今回は俺のせいじゃないけど。
電源切っておかなかったことが悔やまれる。




「───はい。」



仕方なく。
今日の仕事は俺一人で行くつもりだったからミンジは関係ないし。
ホント、お邪魔虫だなアイツ!と苛々しか感じない。





「あー、うん、悪かった。」


要は昨夜、ミンジひとり置き去りにしたことを責めたいらしい。



《──ユノと仕事するのもあとわずかだから話があるんだけど、って言わなかった?》




そうだっけ?
女性ひとりを置き去りは男として申し訳なかったとしか言いようがないけど、タクチケ渡しただろ?
チャンミンの貞操の危機ほど俺にとって非常事態って、ないし。




《いいわ、ね?…今、会社?近くまで来てるんだけど。》



「あー、…。」
チラッとチャンミンに視線をむける。
興味なさげに別の考えごとしてるよう、……だけど、ビンビンにこちらを意識してるのが分かるんだよ、チャンミン。




「仕事は明日にしたんだ。…ん、今、来客が、って、…っ、///、わっ!」




もぞもぞと、……軽くかけたシーツに潜ったチャンミン。
目指すは、……って、ちょっ、、電話中なんだけど、嬉しいけど、……、っう、///





普段どこかあっさりしてるチャンミンの、あからさまな、…これは、嫉妬?




電話のむこうではミンジが止まることなく喋り続けてるのに、───それはどこか遠く。









────俺の全神経が下半身に集中していくのが分かった。













********************

おはようございます、えりんぎです(#^.^#)
今週は、紅週間だったので《U GET ME》は今日明日のみになります。


では、呑気なイチャコラをお楽しみください。
っう!///って、なってますよぅ(〃∇〃)









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point よし!

ミンジざまみろー。
チャンミンよくやった。
珍しくあからさまにヤキモチやいて見せました!
よしっ!

2016/11/26 (Sat) 12:28 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こちらにも(≧∇≦)

カプ**様。

ヤキモチで意地悪のつもりがユノヒョンを喜ばせるだけ、というf(^^;)
そんな可愛いチャンミンです(^w^)

2015/09/24 (Thu) 19:24 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。

っですよねーーーっ(^o^;
ま、ユノとチャンミンは色々な一面を持ってますのでf(^^;)


そうそう、チャンミンって、出会った時は何気にユノヒョンを誘ってますからね!
時々、大胆になったりしますよ(^o^)v

2015/09/24 (Thu) 19:19 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

名無し様。

んふふ~
チャンミン、してやったり‼…ですね(^o^)v

2015/09/24 (Thu) 18:35 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

えへへ~(〃∇〃)
文章褒められるの嬉しいです~
ありがとうございます!
こちらの2人は辛かったことなど、どこかへ吹っ飛んでしまいましたねf(^^;)
なので、こちらのユノ、調子に乗っちゃうんですよぅ!
チャンミンの先に惚れた弱味です(^o^;

2015/09/24 (Thu) 18:34 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: ホッとする

マゼ****様。

こんにちは~
このシチュエーション、ドキドキしますよね?(^w^)
紅の2人の分もイチャイチャしてもらいましょう!
明日は(設定がちゃんと出来ていれば)パス記事です。
面倒おかけしますが、それほど大したことなくても
こたわりですので、ヨロシクです(^o^ゞ

2015/09/24 (Thu) 18:24 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 14:48 | # | | 編集 | 返信

point

\(//∇//)\きゃぁ〜〜
チャミーっ(≧∇≦)

紅の2人とキャラが全く違うので、今朝、読み終わった後、頭がポカン???としちゃいました。

チャミもやるときゃやる!ってところを見せてやれーっ*\(^o^)/* Go go!!

2015/09/24 (Thu) 07:48 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

point

いいぞぉ、チャンミン!やれやれー!\(^o^)/
見せつけちゃえ、聞かせちゃえー!
こちとら お取り込み中だーい!

2015/09/24 (Thu) 07:17 | #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 07:17 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/24 (Thu) 05:47 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント