HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

紅-クレナイ-の人《天使な君》24






































―チャンミンside―
















「一生、───一生かけて、……償います、




  僕の裏切りを、───許してください。」










────思わず口についたセリフは、僕の人生を大きく変えるだろう。




でも、後悔はなかった。







表面的な事に惑わされず、
曇りのない目で、
本当に大切なものは何か、



迷わずに本物の愛をみつけられるように、
一途な愛を貫いて、
幸せを手に入れられるように、




────この一定方向に輝く紅の光は、ユノさん、……すべて、貴方に繋がっているのだから。

















な、……歌って?───と、貴方は言った。



それは貴方だけに与えられた魔法のことば。





貴方を前に、世界が変わる。
泉のように湧きでる歌への熱い思い。
解放された声が、魂が、───突き抜けるように舞い上がり羽根を広げる。







真っ正面のテーブルで。
肘をついて両手を組む格好。
それはどこか、祈りにも似た、───。


時おり耳打ちをする歌姫に体を寄せながら、それでも僕を見据えたままの視線。




ほんの数回、……おそらく曲の始まりと終わり、テーブルについた左腕の手首に口づけるような仕草が印象的で。
手首から手の甲へ、浮き出る静脈にすら嫉妬してしまうなんて。







そして筋張った長い指が髪を掻きあげる、その伸ばした腕の袖口に答えはあった。
華美な装飾品を嫌うユノさんへ、身に付けてほしいとは言えなかった紅の宝石。


カフスボタンとして加工されたそれ。
貴方が僕だと言った、深い紅のパイロープガーネット。



















「っ、─────ユノさん!!」








焦りにも似たはやる気持ちで、ユノさんを捕まえたのは歌姫の楽屋前だった。
歌姫を囲んでマネージャーらしき人とスタッフ。
そして真後ろに、……ユノさん。



チラッとこちらを見ただけで楽屋に入っていった歌姫。
ユノさんも無表情で、……ああ、しょうがない、仕事中なのに追いかけてしまった自分が悪い、そう思いながらも胸が締めつけられるように痛い。




途端に重くなった足。
5mほどの距離がこんなにも遠い。
完全に止まった足で、僕はもう俯くしかなかった。




英語でボソボソとユノさんの声がして。
スタッフといくらかの会話。
足元を見つめたまま、恥ずかしさと後悔でいっぱいの僕には何を話してるのかまるで分からない。




パタン、と静かに閉まるドアの音。
その前に立つユノさんと、僕の間に流れる気まずい空気。





僕の視線は足先に落とされたままで、顔を上げたらまた泣いてしまいそうだった。
ギュっと握った拳は、僕の頬に重ねたユノさんの、手の熱さを今だ覚えているのに。










カツン、カツン、と、靴音はユノさんの。


先ほどの無表情なユノさんが思いだされて顔があげられない。
一度俯いてしまったら、もう駄目で、
仕事には決して私情を持ち込まないであろうプロのユノさんの邪魔をしてしまった。












キュッ、と鳴った音。
僕の目線には、良質な皮をつかったクラシカルなプレーントウ。



躊躇いがちに顔をあげるより先。
ゆっくりと重なる影を気配で感じて。




「────チャンミナ。」




僕のすべてを覆うように、抱きしめられた。




「会場中が今日、───天使を見たよ、チャンミナ、……よく頑張ったな。」







───強く、強く、……ユノさんの腕に、抱きしめられた。















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: やーん

ゆうこさん。

違和感が少しずつ払拭されました?
よかったよかった。
ブログは逃げませんので睡眠をしっかりとってゆっくり読んでくださいねぇ(^-^)v

2016/11/30 (Wed) 17:23 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point やーん

チャンミン、よかったねー。
ユノさんに抱きしめてもらえてよかったねー。
あぁ、違和感しかなかったちゃんみんとゆの。
最後はまるで自分のことのように
嬉しくなっちゃった。
えりんぎさんの魔法。
ずーっと苦しいお話でしたが、
最後は幸せになれそうな予感。
もうすぐ一時だー
寝ないと…とは思うものの
やめられませーん。。

2016/11/30 (Wed) 00:51 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こんばんは(´ー`*)

羽衣様。

こんばんは~
羽衣さんもユノの静脈に食いつきました?
さすがユノペン(^w^)
話を書いてる時って、頭のなかを映画のように映像が流れるんです。
もちろん、本人出演!
それを如何に忠実に再現できるかが鍵でして。
私の萌えを共有してもらえたことに、とても感激ですよ(〃∇〃)
いつもありがとうございます!
羽衣さんからもお許しがでたことですし、明日の追記欄でコメント小話の紹介をさせていただきます(^o^ゞ

2015/10/11 (Sun) 20:39 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 今日は公開コメで

sw**様。


こんばんは(^o^ゞ

私も一緒です。
ユノの手、好きです。
なので、どうしても手の描写を書きたくなっちゃいますね(^w^)
あと、口元ね。
くいっと片方だけ上がる口角が、時にいたずらっ子のようだったり、時には妖艷に、時には挑戦的に。
様々な表情を見せてくれるんですよね(〃∇〃)

今回のタイトル画。
このユノ、どうしよ、色っぽすぎでしょ(〃∇〃)
そしてアンニュイなチャンミンとの相性もバッチリ!
あ、暫くこれです(^w^)←お気に入り


では、公開コメ、ありがとうございます!

2015/10/11 (Sun) 20:32 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/11 (Sun) 00:22 | # | | 編集 | 返信

point 今日は公開コメで

な、…歌って?
おまじないみたいですね。ユノの魔法のことば。
天使の羽根を広げるチャンミンを祈るように見つめるユノ。
耳打ちする歌姫に体を寄せながらも、視線はチャンミンから離さないユノにキュン…です。
そして、想像しちゃいましたよ〜
ユノのキレイな手と血管を!\(//∇//)\
両手を組んだり、髪を掻き上げたり、手首にくちづけるような仕草も…ユノの手が大好きな私にはたまりません>_<

今回のタイトル画もとっても素敵です💓

momokoさんへ
今回もside story楽しませていただきました。
ありがとうございました。
えりんぎさんとはちょっと違った解釈も、
自分でコントロールできない感情から衝動的に噛み付いちゃうチャンミンは、無意識に《血縁》以上の繋がりをユノに求めてるんだな、ってスーッと入ってきました。
うっかり公開コメから、またこうして繋がることができて、私もなんだか得した気分です。アレ?(^_^;)

本当にありがたいコメント欄に感謝します、えりんぎさん💓





















2015/10/11 (Sun) 00:11 | swan #- | URL | 編集 | 返信

point Re: 歌姫

momoko様。


え?え?
えーーーーっ!!(゜ロ゜ノ)ノ


というのが、最初の感想です!


ま、さ、か、歌姫でくるなんてっっ!
すごいよ、momokoさん!(;゜∇゜)


何気にユノが格好いいし、むちゃくちゃ(〃∇〃)


そして、本編よりも長いな、コメント(^o^;
今までで一番ビックリしましたよぅ!
momokoさん的には《してやったり》というところでしょうか。
あ、大丈夫!
歌姫、もう出ないから(^o^;
あまり重きを置いてない人が、momokoさんの手によって息を吹き込まれ、またまた紅のお話が分厚いものになりましたよ。
ユンホくんも、もう私の脳内ではあんな過去だし。
それになぞって本編も進んでるし。


コメント欄を見ない方が多いと思うんです。
勿体ないなぁ、って本当に思っちゃいました。
3話の天使の羽根のメモ小話から続く、momokoさんの世界を紹介したいな、とちょっと本気で思ったのですが、いかがでしょう?


見る見ないは読者様次第で。
こちら読まれた方、どう思われます?



それにしても、歌姫、アレだね。
One more thing~party ~のリジさん?

2015/10/10 (Sat) 23:29 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 歌姫












──────こんなとこ、来るつもりなかった。







言葉も通じない小さな国の歌謡祭。
話題性?
視聴率?
物珍しさ?


芸能関係者だけが集められる歌謡祭で。
本気で私の歌を聴く人なんているの?


歌うのは、好き。
物心ついた頃から音楽は当たり前のように耳に飛び込んできて、私の毎日を七色に染めてくれたわ。






雨音の《ミ》
ドアベルの《シ》
クラクションの《ド》


一度聞いた音を再現するのなんて簡単。
私の歌声をうっとりと聴く大人たち。

難しいって言われるテクニックを身につけるのだってゲームみたいなもの。

より正確に。
より早く。
より美しく。


より深くなる歌声は。
私にとって、最高のおもちゃだった。
















『……つまんない。』
そっと、隣にいるSP兼通訳の耳に唇を寄せて囁く。


『そう?でも、つまんない顔に見えないのは、……流石だよ。』



切れ長な黒曜石の瞳。
すっと通った鼻筋。
形のいい唇は、女性でも嫉妬するほど官能的。
シュッとシャープな顎からつながる首筋はまるで彫刻のように完璧なバランスで、思わず口づけたくなる。










───チョン・ユンホ。


初めて見た時は、モデルかと思った。
レッド・カーペットの上で華やかなドレス姿の女性をそっとエスコートする姿。

しなやかな肢体は隙がないのに。艶めいて輝いて、まるで黒豹を思わせる。

隣で彼にしなだれかかる女優は、うっとりと頬を染めまるで情事の後のように、色が溢れていた。





──────手に入れたい。
本気でそう思った……。


















2組目のステージが終わる。
プログラム序盤の前座のようなそれに、もう席を立ちたくなってくる。




『ねぇ、ユノ……。言葉もわかんないし、退屈……、』

さっきよりも、更に深く彼の首筋に添わせるような形で唇を運び耳打ちをする。




『……ん、見てな、』
ユノは、視線をこちらに向けずそっと手首に唇を寄せた。
その唇をこちらに引き寄せたくて、更に身体を寄せる。








──────、その時。
耳に飛び込んできた、3組目の歌声。



きらきらと、光の粒子が舞う様な前奏。
今までと照明は変わらないはずなのに。
まるで、違う場所にいるみたい───。


曲が始まって、わずか数秒の間に会場にいるすべての観客が彼に持っていかれているのを感じる……。




『……、ねぇ、ユノ。だれ?』
『聴いてな、いい子だから、』




主要部に、入ったら。
言葉は出なくなった──────。


瑞々しい歌声は、大きなうねりを呼び。
彼が拡げた羽根は、聴いているものの琴線に触れて、観客を遠くへ運んでいく。


記憶
憧憬
焦燥
心弛




幾重にも折り重なった感情は。
内にも外にも溢れて満たしていく……。





──────気づいたら、笑っていた。
自分が歌っているとき以外に、こんなに高揚感を感じたのは、久しぶりだった。




後奏が終わって、隣のユノをみれば。
左手首にそっと、慈しむかのようなキス。

その落とされた先には、深い紅のカフスボタン───。






















こんばんは。
momokoです。


三連休ですね~。
紅の日が来ましたよっ(*>艸*).*゚*





歌うチャンミンを見守るユノさん。
そっとカフスボタンに落とされるキス。



「頑張れ」
「よく頑張ったな」



その瞬間じゃなくて。
後からチャンミンが気付くあたりも、ツボでした(*´˘`*)♡


隣にいた歌姫は、どうおもっていたの?
「結構やるわね。」に、繋がる部分を妄想してみました~。
この後に出てくる設定と、外れてないと、いいんだけれど。←あ?出てこない?








そして、新しいイメージ画。
ユノさんと、目があう~(///ω///)

このチャンミン。
大好きな画像です。
長いしなやかな首筋に、星座のようなホクロ。
この画像を使って加工したリップクリーム、毎日使ってますよ♪


もう、この画像だけで、10分くらいにやにやできそうです。





強く、強く、抱きしめられたチャンミン。
大きくお話も前進しそうですね。



明日の朝も。
楽しみにしています♪


では、また。


2015/10/10 (Sat) 22:55 | momoko #PJAgrufQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こんばんは〜♪♪

カプ**様。


こんばんは~
嫌ですよぅ、あまり検索しないで(^o^;
裏側見られてるみたいで恥ずかしいです!
紅は検索しまくってますからね。
1話書くのに3時間はかかりますよ。
ひどいと丸一日費やします。
いちいち漢字が合ってるか確認しちゃうのも良くないんですけどねf(^^;)←おバカなもので

本当は1話にひとつ、好きな台詞を入れたいんですけどね。
カプ**さんのは、今回の《ひとつ》です(〃∇〃)

2015/10/10 (Sat) 22:24 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ひろ*様。


こんばんは!
会えない時期に、というか会わないと決めた時期に、お互い、さらに想いを募らせたのだと思いますよ。
前は個室で、今は普通に廊下だというのに。。。
ユノってば(;゜∇゜)


逢いたくて逢いたくて、ですか?f(^^;)
唯一、完結してない話。
でも中途半端につらいまま放置ではなく、終わってますからね、カイさん編。
これ以上突っ込むと重いテーマになってしまいそうで。
そこらへんはStrawberry candleで書いちゃったからもういいかな?と。
それに、文章が変わり過ぎててf(^^;)
新しい設定を、ぜひ、考えてください!(^o^ゞ

2015/10/10 (Sat) 22:18 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: あー恋しい‼

けい**様。

こんばんは~
紅ユノへのラブコールありがとうございます(^w^)
《紅ユノ》というのがユノの呼称のようになってきました(^o^;
たくさん書いてきたユノの中でも紅ユノは何だか別格ですねぇ。

2015/10/10 (Sat) 22:11 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/10 (Sat) 20:50 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/10 (Sat) 07:56 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/10 (Sat) 07:01 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント