HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

紅-クレナイ-の人《天使な君》29

































―ドンジュside―








教会周辺は工事途中で放置された空き地に囲まれていた。
都市計画の一環として立ち退きとなったこの辺りまでは道路拡張も伸びず、中途半端な袋小路をつくっている。



いつものように空き地へ駐車し教会へ向かう途中、教会に隣接した更地を眺める大柄な男性が目に映った。









────カン・イソク、



YC芸能の若き取締役社長ではないか。



挨拶をするべきか、こちらは知っていても、勿論彼は俺のことなんか知らない。
軽く会釈をして通りすぎようとした時、


「……シムチャンミン。」
低いのによく通る声が聞こえた。





「あ、……はい、」
背中からは戸惑うように小さく。




初めて対面する彼は雑誌で見るよりもかなり若くみえる。
おそらく、30歳前後だろう。
髪をすべてバックになでつけ、あらわになった額からは強い意思を、彫りの深い端正な顔立ちからは抜け目のない賢さを感じた。






つい数日前、プロデュースに協力したいと言ってきた会社の社長だ。
チャンミンを知っているのは当然といえば当然で。
チャンミンに対して無礼なほど舐め回すような視線もそれ故だと思った。




取りあえず挨拶を、と、名刺入れを探し内ポケットへ手を滑らせた時、



「───まさか、ユノの相手が君だとはな。」





───え?……思わず聞き返しそうになった言葉をのみこむ。
誘導尋問じゃないだろうな、と疑いの目を向けたのに気付いたらしい。





「あー、私はゴシップ記者ではありませんよ。……これを、見てください。」




彼が指さした先は、かつてチャンミンの育った施設があった、今は更地になっている土地。
前回見たのと違うのは、ぴっちりとロープが張ってある点。




そして、───建築確認済表示板というのだろうか。
建設予定地に立っている看板のようなもの。
そこに、よく見知った名前をみつけた。




────施主 チョンユンホ。


そしてその隣にシムチャンミンの名前も。




反射的にチャンミンを見たが、見開いた眸と固まった表情から、まるで心当たりがないように思えた。



「チャンミナ、……これは?」
何かユノから聞いてるか?と尋ねたつもりが。
「これは、……なんですか?」
逆に聞き返された。
本当に、何も知らないようだ。




「失礼、シムチャンミンさん。
初めまして、YC芸能の取締役社長カン・イソクと申します。」



先ほどまでの横柄とも取れる態度を急に改め、スッと差し出した右手。
俺をチラッと窺い、おずおずと握手に応じるチャンミン。



「……あの、……ユノさん、とは?」



躊躇なく一番知りたいだろう事を口にするチャンミンは、やはりまだ若い。
一癖も二癖もありそうな男が、ニッと不敵な笑いを漏らした。




「ユノの、……ユノの若い頃の事は何か聞いてる?」


「え、……?」





「あ、あの、マネージャーのキムドンジュと申します。
ユノと、カン社長は知り合いなのでしょうか?」




YC芸能で目撃されたユノを、ずっと、不信に思っていた。
どんな用事で。
誰に会いに。
それにチャンミンは関わっているのか。


───それが、カン社長本人の口からユノの名前が出た、……その意味は?





「知り合いも何も、……私も若い頃は、結構やんちゃしてましてね。」


「チョンユンホは我々のリーダーでした。」




悪戯に笑った顔は、社長という仮面を外し、さらに若く。
昔に思いを馳せながら語る彼は、第一印象からは考えられないほど純粋な人間に映った。






「若い頃は結構荒れててさ、仲間集めて悪さばっかりしてた。」
そうユノ本人から聞いたことがある。



知り合いのつてで今の事務所に入り、元来の身体能力の高さ、それに、頭脳も優れていたのであろう、あらゆる武術を習得し知識を深め、一流と言われるSPになったと、事務所の社長に聞いた。






「あるマフィアのボスに、…と言っても、私の父の親友だったんですけどね、まあ、そのボスにユノがいたく気に入られまして。それこそ、息子に、と切望されるくらい。」



「あ、その話は、ユノさんに聞いたことがあります。」


身を乗り出すようにして話を聞くチャンミン。
ユノの事になると、これだから困る。



「チャンミン!尻尾!」
「っ、は?……しっぽ?」


───振ってるようにみえるんだよなぁ、ユノの名前が出ただけで。


敵かもしれないのに、……とは言えず、キョトンとしたチャンミンを軽く睨むだけにしておいた。





それがカン社長の目にはどう映ったのか分からないが、可笑しそうに肩を竦め話しだした彼。



迷った末、ボスとの養子縁組は断り、そのボスの紹介で事務所へ入ったこと。
それでもなおユノに執心のボスが、亡くなる際、遺言でユノへビルを与えたこと。
資産に興味のないユノは、その管理を全て自分に任せていたこと。




「それが急にビックリしましたよ。うちが都市開発を見込んで地上げしたものの、二束三文の価値に下がったこの土地と建物つけて、そのビルを買い取れと言ってきた。」



「こちらには願ってもない話なんですけどね。」





まるで見えなかった話が少しずつ繋がっていく。
要は、ユノがこの土地を手に入れていた、ということだ。




「大切な人と大切な場所をつくる、って言うから、ユノにそこまで言わせる相手にずっと興味がありまして。」




隣で、固まった体をブルッと震わせる気配を感じた。




「まさか、それが貴方だとは、……シムチャンミンさん。」


「やっと特別認定がおりたんです。」







────「ここに、養護施設が建ちます。」









しんと水を打ったような沈黙、言葉が出ず、ゴクリと喉が鳴った。




~♪♪~~~♪~



その沈黙を破るように鳴り響く着信音はチャンミンの。
震える手が、危なっかしくスマホを取り出した。



『ユノさん』と液晶に表示された、それを、───。























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 尻尾 U^ェ^U

羽衣様。


おはようございます~(#^.^#)
この週末はまた子供達の大会です。
いつも息子の野球ばかりなのに、娘のバレー部の応援行ったんですよ。
バレーも面白いですね。
みんな必死でボールを追いかけてくらいつく様子にジーンとしました。


さて、カナリアチャンミンと命名いただいてる紅チャンミンですが、(犬的な)と入ってしまいそうです(^w^)
犬耳つけてね♪
寂しい幼少時代を過ごしたユノにとっての《大切な人との大切な場所》は特別なんだろうなぁって思ってます。


秋は何かと行事が多いです。
羽衣さんもバタバタしちゃってますか?
お互い、頑張りましょーーー(^o^ゞ

2015/10/25 (Sun) 07:28 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: やっぱり更新、嬉しいです♪

momoko様。


おはようございます~(^o^ゞ


別れ話以後、ずっと元気のないチャンミンでしたが、そうそう最初はユノに天使の羽根のお手紙を届けたり、ユノを見て目がハートマークになっちゃったり、可愛いチャンミンだったんですよね~

やっと、リクエスト部分(^w^)
ただ足を突っ込んだ所で一旦完結しちゃうことをお許しください(>_<)
着地地点を見失うと終われなくなってしまうので。
番外編という形で色々なエピソードをちょこちょこ書いていきたいです。

あのね、ユンホくんって本当にチャンミンのこと好きでしょ?
で、ビジュアルはユノなのよ。
ユノもユンホくんにだけは特別な危機感をじんわり感じてて。
何年後か、本当にライバルになってしまうのでは?と妄想しだしたら(〃∇〃)
いやいや、違う話になってしまうよf(^^;)
でも広がりますね~、この話(^w^)


2015/10/25 (Sun) 06:49 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 尻尾 U^ェ^U

えりんぎさん~こんばんは(*^.^*)

待ちに待った週末がきましたね♪、今週はいつもより週末まで長く感じましたょ。えりんぎさんお元気でしたか?!

『大切な人と大切な場所をつくる』
チャンミンが体を売ろうとしてまで守ろうとした場所、チャンミンにとって大切な場所をユノも一緒に守ろうとしていたことにジーンとしました(つд;*)


そして尻尾はU^ェ^U 、わたしも想像してキュンとしちゃいました、犬耳も見えちゃうかもw、どんな時もユノに反応しちゃう可愛いらしいチャミですね

momokoさんのリクエスト部分に突入ですか、これからの展開が楽しみです(*^^*ゞフフフ


では、また☆

2015/10/25 (Sun) 00:44 | 羽衣 #- | URL | 編集 | 返信

point やっぱり更新、嬉しいです♪













────施主  チョンユンホ  シムチャンミン。





並んだ文字が、すんなりと理解できない。


一番、慣れ親しんでいる自分の名前。
大好きな、ユノさんの名前──────。

幾度も繰り返し使ってきた名前が。
まるっきり他人の貌をして、そこに存在している。




「チャンミナ、……これは?」
「これは、……なんですか?」

耳に飛び込んできた、ドンジュさんの声に答えることなく。
考えていることが、そのまま言葉になってでてしまった──────。













こんばんは~。
momokoです。


いよいよリクエスト部分に突入ですね(*´˘`*)♡




皆さま書かれていますが。
御多分に漏れず、momokoもチャミの尻尾にめいっぱい喰いつきました(*゜∀゜)=3




ふってる~♡ふってる♡
ユノさんことになると、途端に表情が変わりそうですよね。
特に、このユノさんに一途で素直なチャンミンは。


そして、第三者目線ならではの萌え部分でしたね。んふふ~(*´艸`*)
やっぱり、えりんぎさんの更新があると、日常にお楽しみが追加される感じ。



明日の5時も。
楽しみにしていますね~。

2015/10/24 (Sat) 23:14 | momoko #PJAgrufQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは〜♪♪

カプ**様。


こんばんは~
久しぶり、と言っても中5日じゃないですかぁ?(^w^)
尻尾!ありがとうございます♪
ユノに子供扱いされてもしょうがないんです。
本人自覚無しですが(^o^;)

2015/10/24 (Sat) 20:21 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: おはようございます^^

おか*様



おおーーーーっ(〃∇〃)
チャンミンがそんなことを!←ゴメンナサイ、情報不足で…

でも、おか*さんの興奮具合はむちゃくちゃ分かります!
私もなかなか観れないでいるのですが、俄然観る気満々になってきましたよ!
ちょっと描写が暴力的?なんですよね?
と言っても、たぶん全然大丈夫なんですけどね。


そういえば、前にチャンミンの好きな漫画に『スラ○ダンク』をあげてて、もちろん『スラ○ダンク』を好きな方って多いと思うんですよ。
私も永久保存版に指定してまして、何度読み返したことか!
しかも、神(じん)が好きだというのを読んだ時は感動しました!
あー、チャンミンはやっぱりチャンミンだぁ(T-T)って。


あの映画も、いかにもチャンミン似合いそうですもんね(^w^)

2015/10/24 (Sat) 20:15 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんは!


チャンミン、尻尾!←ここに、食いついてくださってありがとうございます(〃∇〃)
この「要らないんじゃない?」的な文が好きなんですよ♪


ほみん限定!もちろん私もですよ!
他小説もすべてほみんに変換できる便利脳ですし(^o^;)
2人の関係性と、ユノを前にするとなぜか艶めくチャンミンが好きで、チャンミンを本当に大切にしてるのが伝わってくるユノが好きなんです。
チャンミンなんて、あれが演技だったら怖いですよ?主演男優賞どころじゃないですよ?
滲みでるオーラの色まで変えてますからね(^w^)


では、トンペン歴は大先輩でもほみん歴はそう変わらず、ってことで良いでしょうか?(^o^ゞ

ほみん語り!したいですね(^w^)
2、3年後のツアーの楽しみが増えました!


いつもありがとうございます♪

2015/10/24 (Sat) 20:01 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。


お久しぶりです(#^.^#)
文面からも元気ないのが伝わってきます。
たぶん、今が一番辛いですよね。
あと少し、あと少し、…って時が。
ユノとチャンミンが私たちに与えてくれたものって、《ツアーに行ける幸せ》だけではないじゃないですか?
東方神起を介して知り合った友達や、東方神起を好きになったからこそ興味をもったこと。
それに、ご本人様たちには大変不本意かもしれませんが、こうしたブログを通したお付き合いなどf(^^;)
それはたった2年で薄れちゃったり、無くなってしまうものじゃないですよ。
他のアイドルに比べて、東方神起の強みはファン同士の結束が固い!ことではないかと思ったりしますもん。
どーん、と落ち込んで。
パァ、と浮き上がって。
この年になってこれほどのドキドキと切なさ。
私たちは幸せですよぅ(^w^)

2015/10/24 (Sat) 19:48 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: うひゃあー!

けい**様。



《おどおどキョドるもユノの名前聞くだけで前のめりになる睫毛天使》

↑↑↑この描写!サイコー(≧∇≦)♪デス


私こそ、映像が見えちゃいましたよ~!


この話はですね、『芸能界で歌い続けて多くの人を魅了し、そんなチャンミンの専属として守り続けるユノ』というのが、やはり王道になるのでしょうか?
そこからは少し外れてしまったので、実は心配でした~。
私自身、あるホミン小説で、「え?マジ?そうなる?ありえんでしょ!(;・∀・)」と思ったことがあって、その方のお話読まなくなりましたもん。
私には合いません!って。
でもその王道では、チャンミンはいいけど、ユノ的には求めるものと違うというか、今回はそんな感じだったのでf(^^;)モゴモゴ

あと少しお付き合いくださいね。
(私も久しぶりすぎて、予約投稿忘れるところでした(^o^;))










2015/10/24 (Sat) 19:35 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/24 (Sat) 11:39 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/24 (Sat) 10:39 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/24 (Sat) 08:55 | # | | 編集 | 返信

point

おはようございます(^.^)

えりんぎさん、何だかお久しぶりです(^.^)

ユノの愛の深さに、何だかジーンとしてしまいました(T_T)
チャミの故郷に児童養護施設を作るのは、チャミの為ですものね(T_T)
天使なチャミが子供を包み、対外的な仕事はユノがやる。。。抜群なコンビネーションです!!
万人に天使の歌声を届けるのもいいですが、やはり、チャミは顔の見える範囲の人達に歌いかける方が合っているなと思いました。

児童養護施設、うちの近所にもあるんですよ。50人位の子供がいる中規模なものが。
チャミが、そこで歌っているのを想像しちゃいました(^_^)a
夕方になると、天使の歌声が聞こえてきて、近所の人も癒されだろうな〜〜 って、考えただけで、こころが浄化されますf^_^;

チャミのドラマイベント、ローソンも落選し、結局、チケットキャンプで買いました。
あと1カ月か〜〜 最近、やけに落ち込みます(-_-)

2015/10/24 (Sat) 07:03 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/24 (Sat) 06:34 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント