HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

Say Hello (3)


































~チャンミンside ~















「ね、社長、……社長?」








「………………こらっ、無視すんな、社長!」







────どうも調子が狂う、この若社長チョンユンホは。





「社長言うな、ペットのくせに。」





ソファにでろんっと横たわりながら床掃除をする僕を何をするでもなく眺めてる人。





「そのペットに掃除しろだの飯作れだの言ってくるのは誰だよ?」


「いんだよ。ペット兼ハウスキーパーなんだから。」


「ふん、勝手なやつ。」









ダメもとでチョンユンホの車に突っ込んだのが2週間前。
あっさり自宅マンションまで連れていかれた時は余程のお人好しか、ただのゲイかと思ったのに。



「飽きるまではペットとして飼ってやるよ。せいぜいペットらしくしな?」



そう言ったまま、完全に放置。
───ペットらしく、……ってなんだ?




余程忙しいのか、寝るためだけに帰ってくるような毎日。
そのわりには部屋の汚れ方が尋常じゃない。
やつの辞書に片付けるという文字はないらしい。
もともと潔癖症のきらいがある僕が我慢できるはずもなく、せっせと片付けはじめたら気づくと僕の仕事になっていた。
そのうち洗濯だ、食事だ、と仕事が増えて、勝手に家政婦の契約を切っていたとは。






「社長は社長だろ?あの若造秘書もユンホ社長って呼んでんじゃん。」


「若造、って。おまえより多分アニキだ、ばか。イェジュンはおまえと仲良くしたそうだぞ?もっと愛想よくしてやれ、」







「………ペットはペットらしく?」


意識的に上目遣い、───これは老若男女、大体において効果的な手だったのに。



「ふん、」と言ってあっさり視線をかわされる。
どうもこの男に僕の容姿は通用しないらしい。



なんてことはない、───やつ自身が類い稀なる容姿の持ち主だから。




立っているだけで圧倒的なオーラを放ち、一旦言葉を発すれば強引なのに理路整然と。
一見冷たそうな表情からふいに上がる口角に、どんな人間も夢中になるに違いない、と思うほどに。




そんな僕は少しばかり焦っていた。
やつを油断させ懐に潜り込むにはどうすればいいのか、───勝手に部屋を漁れる状況ではあるけど、どうやらここは別宅のようだ。



仕事関係のものは本宅にあって、いちいちここから本宅を経由して出社するという面倒くさいことをしているらしい。






まあ最近この別宅の存在理由が分かってきたわけだけれど。





「あー、おまえ……今夜はドライブでもしてきな?」




そう言って僕なんかに惜しげもなくメルセデスベンツG350の鍵を渡す。
今夜、僕はお邪魔虫らしい。




───ペットが主人の逢瀬に気を使ってドライブなんかするかよ?





声にはださず呟いて、───今夜も長いドライブになりそうだ。












*******************


えりんぎです~(#^.^#)
あれ?あれれっ?って感じの2人になっておりますが、最初の頃の素っ気ないユノも好きなんです。
それからの堕ち具合を書くのがね、楽しい(^w^)




拍手コメ

M***様
Strawberry candleと出来るだけ被らないように書いてます。
面白くなるといいですけどf(^^;
実は黒ユノも結構好き←書けないが


テ*様
はじめまして(*^^*)
がんじがらめの恋(〃∇〃)ステキナヒビキ
そんなに激しく書けるでしょーか?
がんばります(^w^)

















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 初めまして!

はじめまして(#^.^#)
お友だちの紹介ですか?
ありがとうございます(^w^)
こちらの2人がお好みに合えば嬉しいです♪

2015/05/06 (Wed) 20:31 | の*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/06 (Wed) 19:53 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント