HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~君のいない夜~(1)





































~チャンミンside~










─────「……ヒョン。」







「ユノヒョン。」



「ちょっと、…ヒョンッ!」






「くっ、───起、き、ろっ‼‼‼」


「ぅげっ、」











思わず力の入りすぎた手をなんとか緩める。



「ッゲホ、……チャ、チャンミン?俺を殺す気?」



噎せながら首もとを押さえる人をこれ以上ないってくらい冷ややかな目で眺めた。









「───ヒョン、約束しましたよね?」


「……何が?」


「勝手なことしないって、…約束しましたよね?」


「……なんもしてねぇじゃん。」






バチっ‼‼




「っ痛ぇ!暴力反対!」


「///じゃ、じゃあ、どーして2人とも裸なんですかっ!」









頭をスリスリさすりながら、ちょっと目が泳いだ。
今度はきょろきょろと。
ごまかそうとしてるのがありありと分かるが、───そうはいくか!




チラッと僕をみて気まずそうに笑うけど、そんなの無視。
じいっとユノヒョンを見据えたまま、ピクリとも動かない。





「あー、…///、だってさ、起きて待ってろよって言ったのに、……寝てんだもん、おまえ。」



ぽりぽりと頭を掻いて愛想笑い。
だ、か、ら、ごまかされないっつーの!




「俺なりに急いで帰ったのにさ、大量の酒に囲まれて寝落ちしてたのは誰だよ?」



───うっ、……それは、


「そ、そんなのっ、…ヒョンが、…おそ、遅い、から……。」



「…だからひとりであんなに飲んで寝ちゃったの?」





「…う、///……そ、そういうわけでは、…」


「俺が帰ってこないから、…淋しかった?」


「だ、だから、…ちがっ、///」





ああ、駄目だ、このままではまたヒョンのペースになってしまう。
焦ってしどろもどろな僕とは正反対にどんどん顔がにやけてきたヒョン。





「────ふ、…可愛いな?チャンミナ。」









「わ──────っ!は、離せぇーっ///」



とっさに逃げようとベッドから片足を下ろしたところで腰に両腕がまわった。
そのままぐっと引かれ、あっという間に組み敷かれる。





「ヒョ、…ヒョン?」


「ん、……なーに?」




両の腕はシーツに絡まり、首筋に埋められた唇にゾワッと背筋が震えた。
くちゅり吸いついては舌先で何度も往復する。
一瞬とろんと蕩けてしまいそうになるのを何とかとどまって、
「ユノヒョン、…あれ。」
動かせない腕のせいで顎を使って目的のものを指した。






「ん?、って、あっ!」


スッとできた隙間に冷たい風が吹いてひんやりと熱を奪ったのに、当の本人は本当に嬉しそうな顔してそれを手に取る。





「チャンミンが見つけてくれた?どこ?どこにあった?」


「あ、…えー、っと、…シーツ、の中?///」





「あ、……あー、///」



ヒョンが一昨日から失くしたと大騒ぎしていたブレス。
ヒョンがお守りのように片時も離さないペアブレス。






あ互い脳裏に浮かんだのは多分同じ場面で、…ちょっと恥ずかしい。




確か、めずらしくヒョンが早く終われると言って一緒に食事して帰った日。
ゆっくり外食したのは久しぶりで、浮かれた気分のままワインを飲みすぎた。


まぁ、それで、…何だかすごく盛り上がっちゃって、…僕が、ヒョンの全身にキスしたい、とかバカなこと、言った気がする。
当然ウェルカムのヒョンなわけで。
ヒョンが動かないことを条件に僕がヒョンを堪能した。


全身くまなくキスをおとして、もどかしそうに揺れる体を舌でなぞる。
血管が透き通る手首の内側を執拗に舐めて、──美味しい、とブレスを舌で転がした。


ブレスに執着して口を離さない僕に、なぜか興奮したらしいヒョンが恐ろしい速さで体勢を入れ換えたところまでは覚えてる。
そこからはもうドロドロで、熱も匂いも息遣いさえ、……お互いを分かつものが蕩けてなくなるほどに貪った、…ような気がする。



多分その時に外れてしまったのだろう、──とお互い思ってるようなこっぱずかしい雰囲気。
ブレスを元通り腕にはめながら。
「良かった、…ありがとう。」と言ったヒョンを、複雑な気持ちで見つめた。










────僕は駄目だ、……ヒョンのブレスを意識しすぎる。
それはヒョンがまだ僕のことなんて知らない一方通行の頃から。




ヒョンが大切にしているブレスの、───その片割れを。



────それがヒョンの証だと、……欲しくて欲しくてしょうがないなんて、…絶対に言えないのに。









*********************

おはようございます、えりんぎです(^o^ゞ



「紅もいいけどさぁ、(←上から目線で)
萌えが少ないし、設定が細かすぎてホミンどこいっちゃった?って感じだし、ぐるぐるミンが好きなのに安定しすぎだし、…etc. 」


↑というご意見もあり、(誰かなんて分かる方には分かりますよねf(^^;))


不安定な、ぐるぐるミン。
《U GET ME~君のいない夜》始めます。


冒頭数話は半年以上前に書いてるので、季節は春です(^o^;)




いつも拍手やポチっとありがとうございます!
拍手コメントはお返事できてませんが、とても嬉しく読ませていただいてます。
↑↑あんな事言われちゃいましたが、《紅-クレナイ-の人》へのコメントは長文のうえに熱いコメントが多いんです。
好き嫌いがハッキリ分かれてるのかもしれませんねf(^^;)






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 可愛い♡

sw**様。


こんばんは!
2人の日常を覗いちゃってる感じのお話が始まりました(^o^;)
特にひねりなどありませんが、身近に感じていただけたらいいなぁ、と思ってます。


そして、やはりsw**さんには分かりました?f(^^;)
相変わらずsw**さんは優しいです~
爪の垢を煎じて飲ませてやってくだされ。


先日の『萌え企画』の話をね、「最終話から日にちあいてるから、忘れちゃってるよ~、ユンホくんって誰?ってなってるよ~」なんて言うから、取りあえず参加しちゃったものの急にドキドキしてきたこの企画、「今、読んでみて?感想教えて?」って送ったんです。
LINEで。
随分たって、返ってきた感想がひとこと。
「……長い。」←以上(;・∀・)
どう思います?ひ、ひどい(T_T)

2015/11/13 (Fri) 19:54 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 楽しみです!

百海様。


こんばんは!
コメントありがとうございます(〃∇〃)

百海さんのホストユノが紅ユノなら、体育教師ユノがこちらのユノですね!
身近な感じ(^w^)

あー、感想言いたい言いたい!
またお邪魔します(^o^ゞ

2015/11/13 (Fri) 19:43 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/12 (Thu) 20:20 | # | | 編集 | 返信

point 楽しみです!

はじまりましたねー(≧∇≦)
ミンとユノの掛け合いが楽しいこのシリーズ
紅のクールなユノが大好きですけど、
こっちの、2人はリアルで楽しいです^ ^
楽しみにしてますね

2015/11/12 (Thu) 20:02 | 百海 #- | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは♪♪

カプ**様


こんにちは!
エロ可愛いですか?(〃∇〃)
ちょっと意識して書いちゃお!
ありがとうございます♪

サブタイトル『君のいない夜』は切ない曲ですが、君のいない夜はもしかしたらやってこないかもしれません(;・∀・)
まだまだ途中書きで~
終わりが見えたら更新します!なんて言っておきながら、煮詰まったのでみなさんの意見を聞きながら書こうかな?と。←他力本願f(^^;)

2015/11/12 (Thu) 17:35 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 好き好き好き

che***様。

もうカウントダウンに入ってると思うと毎日落ち着きなく、どうしても沈んでしまいますよね。
私は話を書いて現実逃避ですf(^^;)
必ず来る日で、その日が来なければ2人一緒を見ることも出来ないと思うと、我慢我慢です。
いろいろ妄想で補いながら、変わらない2人が戻ってきてくれるのを待つのみ、ですね。


この話って日常話なので、リアルに当てはめやすいですよね。
いつもありがとうございます(*^-^*)

2015/11/12 (Thu) 17:02 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ひろ*様。


紅は完璧に格好いいユノを書かねば!というプレッシャーがありましたが、こちらのユノは結構ダラダラです(^o^;)
でもそんなところが愛しいってこともありますもんね。
しばらく、おつきあいください(^o^ゞ

2015/11/12 (Thu) 16:45 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

m*様。

こんにちは~
追記のつぶやきはネガ発言ではないですからねf(^^;)
あまりにストレートに暴言ばっか吐いてくるから「へっへーん!書いてやった!( ̄0 ̄)/」という冗談です。
でも(慰め?)のお言葉はありがたくちょうだいしますよ(^w^)
映画とドラマ。
すっごく嬉しいです(〃∇〃)
ありがとうございます♪

2015/11/12 (Thu) 16:43 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/12 (Thu) 14:06 | # | | 編集 | 返信

point 好き好き好き

えりんぎ 様

何でもかんでも、好きって!って?なんて思わないでくださいね、
でも、U GET MEもまた、大好きなんです。
こちらも実はコメントさせて頂くようになる前、そしてアメブロさんの作品を読ませて頂くようになる前、何度読み返したことか。

もう、出会いのシーンからしてたまらなく、これ普通の男女だと
「くさっ!」「ありえん」と毒吐きまくってしまいそうなのですが、なぜか二人だと、ね~。ふふふ。

もう、ほんとに上から目線で、失礼極まりないのですが、
「紅 クレナイ の人」は、アメブロさんの方のころからのと一緒に、時間のある時に、一気に読みたい感じなんです。

えりんぎさん!
来週の今日、きっと号泣しているであろう私、今後は今まで以上にホミン萌えは必須アイテムなんです。

ですからね、よろしくお願いします。これからも末永く。

2015/11/12 (Thu) 12:08 | cherry #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/12 (Thu) 07:20 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/12 (Thu) 05:36 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント