HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Say Hello (4)































~チャンミンside ~






















一番嫌な仕事、────それは一見して情事痕の残る部屋の片付け。






チョンユンホにとって僕の存在が本当にペットと同等なのだと、そう思い知らされる瞬間。





ひどく乱れたシーツに何ヵ所にも広がる滲み、不自然なほど散らばった長い髪の毛。
そんなものを前に暫く突っ立ったままの僕と、まるで気にする気配もなくドカッとソファに座るバスローブ姿。




チラッと目線を向けたら無表情のまま顎を掬って合図のようなそれ。
「ちっ、」
舌打ちしつつ乱暴にシーツを剥ぎ取ったらニヤリと、「おぅ、…綺麗にしろよ?」なんて言われるのにもむかつく。





汚れたシーツをグシャグシャに丸めて洗濯機に突っ込む。
引っ張りだしてきた真新しいシーツを掛けながら。
「……プロの女性なのかと思ってたけど、素人のお嬢様相手だったんだ。」と、疑問に思っていたことを口にした。





こうやって部屋を追い出されるのは4度目。
今日はたまたま帰ってきたところをアルコープから出てきた女性と鉢合わせてしまった。
ストレートの長い髪が印象的な清楚という言葉がぴったりの可愛らしい女性。




「いつもより、…時間も長かったし。」



正直女性問題はかっこうのネタになるから見逃すはずがない。
出掛けたと見せかけて出入りする女性はすべて小型カメラにおさめた。
すべて別人で過去3人は水商売風。
それが今日はうって変わり上品な本物のお嬢様だ。




「別に、……おまえには関係ねーよ。」
さも興味なさげに。
なぜかチクンと胸が疼く。



「それに、…毎回シーツに落ちてる髪の毛が違う。お嬢様を遊んだら後が怖い、って知ってる?」
僕にしてはめずらしくムキになって言ってしまったのを。
いまだ余裕のその人はふふん、と鼻で笑う仕草。
「そういや、おまえは?その外見で遊んだことないとは言わせねぇぞ?」
冗談めかして、あっさりと言う。





「───僕は、女が嫌いだ。」


「なに?男が好きなの?」


「男も、……嫌い、……人間が嫌い。」




聞こえるか聞こえないかほどの小さな声で。
それでもしっかり聞こえたらしい。
くっ、と笑いを堪えたチョンユンホ。





「───やっぱおまえ、……変。
人間嫌いのやつが毎晩俺のベッドに潜りこんでくるかよ?」


「う、うるさいっ!」




思わず荒げた声に、アハハと楽しそうに笑う。





────そう、不思議なんだ。


潔癖症で人嫌い。
仕事と割りきっていても服越しに触れられるのさえ嫌悪感で吐きそうだったのに。


なぜか最初から違和感なく近づき、……今では一緒のベッドで寝るのが心地よくなっていた。
一定の距離をおいて一切触れず、ただ一緒に寝るだけの、そのぽっかり空いた空間に癒される信じられない自分がいた。







やつにとっては気まぐれに拾ったペット。
僕にとっては仕事のターゲット。
お互いのことを知る必要なんてなかったし、興味もなかった。
お互いの目的を満足させたらそれで終わり、……そんな関係のはずだった。





「な、───今、気づいた。」


初めてかもしれない、……まっすぐに僕を見る眸。






「なまえ、────なんて言うんだ?」







そんなこと2週間も経って、────。





「────チャンミン、……シムチャンミン。」




まさか自分の口から本名を言ってしまうとは。
その何でもない日を境に、少しずつ、…ほんの少しずつ、……何かが変わっていった。



















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

Comment

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/08 (Fri) 00:09 | # | | 編集 | 返信

point Re: お久しぶりの、はじめまして(*^^*)

んふふ~
はじめまして~(#^.^#)

ユノとチャンミンって衣装や髪型や化粧で美しくなったり格好よくなったり、妖艶だったりナチュラルだったり。
カメラマンにとってヨダレが出そうな被写体だろうなぁ、って思うよね?(〃∇〃)
チャンミン、あっという間にユノに惹かれちゃってますね^^;
まぁ魅力的だからしょうがないです。
《僕の容姿がヤツには通用しない。チョンユンホ自身が類い稀な容姿を持ち合わせているから》とチャンミンも言っております。
自らの目的と止めようもない気持ちのはざまで揺れるチャンミンです(^w^)

2015/05/07 (Thu) 15:20 | ま***様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/07 (Thu) 12:56 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。