HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~君のいない夜~(18)



































~チャンミンside~








『酔っぱらって寝てるなよ!』どころか、風呂も入らず、夕飯さえ取らず、ただユノヒョンを待った。




憶測のないただの噂、と気づけば何度も反復していて、そんなバカな自分に情けなくなるというのに。
片付けが苦手なユノヒョンはあちこちに物を置きっぱなしにするから、『オーストラリア』やら『シドニー』とタイトルがついた本が嫌でも視界に入る。




イライラしながら時計を見る。
早くハッキリさせて安心したかった。
よく考えてみれば、本社へ異動とシドニーへ異動とでは全く違う。
自転車通勤にすれば毎朝会える距離と、年にどれだけ会えるのか予想も出来ない距離。
一緒に住みはじめてたった1年で実家へ逆戻りかよ、と悪態をつかずにはいられないくらい落ち着きなくヒョンを待ち続けた。









───ガチャ、と遠慮がちなドアの音が、静まりかえった部屋で驚くほど響く。





玄関まで走って、「……ヒョン、」と声をかけた。




僕がうるさいから、───最近やっと靴を揃えるようになった、


壁に片手をついて上がりきったところ、足元への視線をスッと僕へ向けて、



「チャンミナ、今夜はお迎え付き?」と、嬉しそうに笑う。







───ヒョン、…根も葉もない、ただの噂でありますように。



噂好きなキュヒョンの早とちりだと、
何の事かまるで分からないって顔して、笑い飛ばしてほしい。









「ヒョン、……シドニーへ行くって、本当?」






「え?誰に聞いて、っ……」




───シマッタ、って顔。


気まずい雰囲気が漂い落ち着かない視線。



ぎゅうっと心臓を掴まれたような痛みが走って。
一瞬伏せた眸の奥に暗闇が見えた。







なぜか、───説明のつかない劣情がわいて。




何か言いかけたヒョンを遮るように、その唇を僕ので塞ぐ。
壁に片手をついたままぶつかるように体当たりされてグラッと揺れたヒョンの、後頭部に腕を回して力の限り引き寄せた。




「ん、っ、…チャ、チャンミ、…」




漏れた声をのみこむように塞ぎ、舌を挿しいれる。



たった今、目の当たりにした事実に蓋をして、何もなかったように「おかえり。」と言いたかった。




───ねぇ、ヒョン。大切なことは何も言ってくれない貴方にとって、僕の存在価値はなに?




例えまだ内々の話だとしても。
迷っていて保留にしているのだとしても。
最初に相談するのが僕じゃないのなら、一緒に住んでる意味さえないじゃないか。





戸惑いがちな舌を執拗に絡めて夢中で吸う。
こんな風に僕からしたのは初めてで。
後ずさるヒョンを攻めるように追いこむ。





熱いよ、ヒョン。
怒りと悲しみと、───久しぶりに触れた、欲。










「……チャンミナ?」




トロンとした目尻。
ユノヒョンの欲望に火がつくのははやい。
荒い息遣いで押しつけてくるのは、ヒョンの熱い塊。
逃げ腰だったのは最初だけで、逆に肩を押され壁に追いつめられて、……それは竦んでしまうほどの興奮と欲。





「どうした?……な、チャンミン、…こんな、…」
「っん、…ゃ、」




あっという間に形勢逆転してしまうのが悔しい。
顎を、頬を、大きな手が包み、何度も角度を変え、ねっとりと貪られる。








───さみしくて、


熱い口づけと興奮しきったお互いの体。
それでいて、ぽっかり空いたこの温度差が急に。







無造作に放られた鞄につまずき、グラッと揺れた瞬間、両手でヒョンの肩を押した。
途端お互いの間をすきま風が吹いたようで、それにまた悲しくなる。






不思議そうな顔して僕を見るヒョンは、きっと何も分かってない。


───血の気がなくなるほど握った両手も、……頬を伝う雫のわけも。







「っ、チャ、
「ユノヒョン!」










一歩、また一歩と距離をあける。
少しずつ様子がおかしいことに気づいた?
服を乱し、荒い息遣いのままハラハラ泣く僕と、かっちりスーツを着てるのにアソコだけ臨戦態勢のヒョン。
───なんて、間抜けな僕ら。







「ヒョン、……僕は星座になんてまったく興味ないんです。」



「え?」



「アイスも、本当はストロベリー味以外のものも食べたかった。」



「チャンミナ?」




「それに、鍋が豆腐のくずで濁るのも嫌だし、プンオパンの端っこを残すのも嫌だ。」



「なに?急に」



スッと伸びてきた腕を、さらに後ずさり避ける。
空に浮いた手が戸惑うように彷徨った。










「……でも一番嫌なのは、…ヒョン、……貴方だけになっていく自分。」


「面倒くさがりやで鈍感なヒョンに、いちいち傷つけられる僕自身が、嫌だ。」









「チャンミン、何を言ってるんだ?」




次第に表情をなくすヒョン。
僕の言ってる意味がまるで分からないようで、イライラだけが伝わってくる。
ずいと体を寄せるから、また数歩下がって、






「────ヒョン、…カケを、しませんか?」





また伸びてきた手をヒラリと躱し、自分の部屋に入る。
開けっぱなしのドアのむこう、何か言いたげに僕の続きを待つユノヒョン。




「な、誰に聞いた?」
ポツリと呟いたのはシドニーのことだよね。
「───もう、いいです。」
また後回しにされたという事実が分かっただけでじゅうぶんだった。






部屋着だったのを、ジーンズを履いてシャツを羽織る。






「ヒョン、───今夜中に僕を見つけて?」



「僕を捕まえられたらヒョンの勝ち。何でも言うこと聞きます。
でも朝まで捕まえられなかったら、僕の勝ち。」





「もう、──プンオパンから解放してください。」




ヒョンの脇を抜けて歩いていく。
背後では盛大に、「はあ?」という声。




「お、おいって、チャンミナ!何だよ、プンオパンとかさ、意味わかんねぇんだけど?」


「っ、ちょ、…待てよ!」





ズンズン近づくヒョンにチラッと目線をくれて、週末賑やかな夜の街に飛びだした。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: タイトルなし

ゆうこさん。

ホント困ったものですねぇ。
無神経で鈍ちんです。
駄目な子ほど可愛いっていうのは生みの親である私だけでしょうか?( ̄∇ ̄*)ゞ

2016/11/26 (Sat) 22:25 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point

無神経なユノにも困ったものですねぇ。

二度も同じことして傷つけるなんて。
無神経すぎる。

そういえばチャンミン、
ブレスレットは諦めちゃったのかな。

2016/11/26 (Sat) 22:07 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こんばんは(´▽`)

羽衣様。

おはようございます(^o^ゞ


本当はね、君のいない夜に悲しみにくれるユノヒョン書きたかったはずなのに、駄目ですね。
すぐ行動させちゃう(^o^;)
チャンミンもいつまでもウジウジってのも無理で。

『あれ?君のいない夜は?』って思われちゃうかもですねぇf(^^;)

でも羽衣さんのように切ないの好きな方って実は多いんですよね。
そのあとの展開がさらにドラマティックになるので。
う~ん、難しいですf(^^;)

2015/12/02 (Wed) 05:35 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 久しぶりのコメントです

che***様。


おはようございます!
《One more thing》や、《好きと言えたら》をそんなに見てくださってるんですね(〃∇〃)
嬉しい~♪
ほっこりとしたお話がお好きですか?
結局いつも同じようなお話になってしまいますが、好きだと言ってくださる『ホミン観』(自分ではよく分かりませんがf(^^;))そのままにこれからも書いていくと思われます(^w^)
応援ありがとうございます!

2015/12/02 (Wed) 05:29 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: アンデ~~××

ジ*様。


おはようございます(^o^ゞ
チャンミン、何やら文句だけ言って出ていっちゃいましたね。
好きすぎるとちよっとしたことが気になるんですよ。
でもその切なさが続かないってのが、私の良いところなのか悪いところなのか。。。f(^^;)

2015/12/02 (Wed) 05:20 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 00:08 | # | | 編集 | 返信

point 久しぶりのコメントです

えりんぎ さま

毎日楽しみに拝見していました。
と同時に、過去のお話も大好きなので何回も読み返して。

いまは『ONE MORE THING』を、これで五回目です。
『好きと言えたら』はもっと読ませていただいているかも?

えりんぎさんの考えられる、ホミンの世界観がすごく好きなんですね。

さて、今日のお話は、ちょっと辛かったです。
離れるはずはない!!と思っていても、胸がきゅっとね、痛くなってくる感覚。

チャミが複雑なのか、ユノが考えがたりないのか、でもユノ追いかけて!お願いだから、探し出してね。

2015/12/01 (Tue) 23:42 | cherry #- | URL | 編集 | 返信

point アンデ~~××

えりんぎ様

来ました!豆腐とレンゲ!
ユノヒョン~~2度目はダメですよぉ~~
早く!解りづらいチャミを追っかけて!
ますますワクワクです♪♪

2015/12/01 (Tue) 22:59 | ジス #vQK7GAIk | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。


面白いですね、お友だち(;・∀・)
でも、「うぉー!」って突っ込みまくってもやっぱりお友だちってことは何かしら魅力ある方なんですよね。
ま、チャンミンの悪口とか言われちゃったら、「ちょっと、待て!」ですが、そういうのなしで、夢見てるのはいいんじゃないでしょうか?
明日の語りもぜひ教えてください(^w^)←面白い

2015/12/01 (Tue) 22:00 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/01 (Tue) 21:11 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

yuk*****さま。


こんばんは。 
コメントありがとうございます(^o^ゞ

好きすぎると発想がネガティブになっちゃうじゃないですか?
そんな感じのネガチャンミンですが、分かりにくいのに分かりやすいがモットーですから!
開き直ったら強い、…気がします(^o^;)

2015/12/01 (Tue) 19:36 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんは!

。。。鈍ちん(^w^)
愛嬌あっていいですぅ、その呼び名♪
鈍ちんユノヒョン💓←可愛い
チャンミンに言わせよっかな~


私、もったいない星人なので、出てきたエピソードは結構後々まで繋がってきますよ(^o^;)
鍋の藻屑(笑)もね!

2015/12/01 (Tue) 19:33 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。


こんばんは!


ごめんなさい(;>_<;)
とっても溜まりにたまって、もしかしたら凹んでいるかもしれないのに、…声に出して笑っちゃいました。
もう!私が近くにいたら必ずtaitaiさんの援護射撃するのに(*`Д´)ノ!!!ソウダソウダ!

気持ちはまったく同じですよー!

実は妹もその方を結構好きなんですよね~(-_-)
なんでも、いつも日本人スタッフをおいて日本語の勉強をしてるとか。
そういうのに弱いらしいですよーーー

私はtaitaiさんと同じ台詞を吐いておりますがf(^^;)
例え仲が良かったとしても。
ユノがチャンミンの意にそぐわないことは絶対にしないと言い切れます!
それだけの絆を築いてきてますからね、2人は!
それにしても結構なストレスですね。
でも隣で見てたら漫才みたいだったりして←ハッ、スミマセン



カケ。。というのは、ですね。
いつだったか、プンオパンをユノが買ってきた日。
爪を切ってるチャンミンにカケの話をしてました。
そうなんです。
2人の間ではいろいろカケるのが流行ってるんですよー!
前に書いた細かいエピソードもぐいぐい引っ張ってきますからね!
よろしくです(^o^ゞ

2015/12/01 (Tue) 19:01 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/01 (Tue) 13:36 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/01 (Tue) 10:27 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/01 (Tue) 07:48 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント