HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~君のいない夜~(19)



































昼間の蒸し暑い空気も、夜になれば時おり涼しい風が吹く。
こんな夜は家に帰るのが勿体無いのか、夜の街は賑やかな喧騒に包まれていた。








────ヒョン、…カケを、しませんか?





部屋着のシャツを淫らにはだけさせ、上気した頬に荒い息遣い、───それなのに、ハラハラと涙を流すチャンミン。




どうして?
何があった?



まったくわけが分からず、でもこれ程のチャンミンの態度、原因は俺だということだけ理解して。
最近の超多忙な毎日に、仕事ばかりに意識がいっていた自分を後悔する。




「ヒョン、おかえりー」
そう言って笑うチャンミンが、今では無くてはならない一日の締めの癒しで。


朝起きたときの、「おはよう」も、カフェでの2度目の「おはよう」も、…そして一日の終わり、チャンミンの顔を見つめての「ただいま」と「おやすみ」は、もう誰にも譲れない俺だけのものだったのに。







面倒くさがりやで鈍感だとチャンミンが言う。
…うん、確かに。
でもチャンミンに関して面倒くさいと思ったことは一度だってなかった。
いつも内に秘めて静かに笑うチャンミンの、ほんの少しのサインを見逃さないよう、もっともっと気にするべきだった。








帰ったままのスーツ姿で、財布とスマホだけ突っ込んでチャンミンの後を追った。
目的の場所が決まっているのか、迷いのない足跡に追いつくことは出来ず、途方に暮れる。






ヒョン、───今夜中に僕を見つけて?





プンオパンから解放とか、まるで分からない。
まさかここに来て『プンオパンの憂鬱』に再度見舞われるとは。
今夜のチャンミンは《分かりにくい》のオンパレードだな。
でも、どこかに《分かりやすい》が隠れているはず。
それを探すため、とにかくチャンミンを捕まえなければ。













「あー、チャンミナなら夕方に飲みに行かないか?ってお誘いの電話貰いましたよ?」



そう言うキュヒョンの背後から、ガヤガヤと賑やかな笑い声がスマホを通しても聞こえてきた。



「チャンミンから?…で、断ったんだ、めずらしいな、お前が。」


皮肉まじりに言ってやったら、どうもコイツには通じないみたいで。


「ですよねー、こっちを断ろうと思ったんですけど、チャンミナが大した話じゃないから今度にしようって。」


「いいんですよ、近々飲みに行く約束しましたから。言っておきますけど、ユノヒョンはメンバーに入ってませんからね!」



この状況を知らないキュヒョンからはポンポンと軽口がでてくる。
「あ、そういえば、チャンミンの知りたい話ってのが、」
そう言いかけた時には 俺のイラつきが最高潮で。


「っ、行かせねぇよ!絶対、な!」


一方的に怒鳴って、切ってしまった。








取りあえずキュヒョンを頼ったわけではなさそう。
それに、実家にも帰ってなかった。
今さらながらチャンミンの交遊関係を知らない自分が忌々しい。
あまり友達の話をしないチャンミン。
あ、それ、俺だからか?
ハクのことだってカラスなんて名付けてさ、チャンミンの友達としてちゃんと見てやれなかった。



「…なんか俺、かっこわりぃ、……」



独り占めしたくて、……独占欲まるだしの俺。
後悔してる先から、キュヒョンの電話ブチ切ってるし。







気づいたら会社の近くにいた。
「まさか会社へ戻るなんてことは、…ないよな?」
まだ明かりのついたチャンミンが通うフロアを眺める。


そして、ふと、


───あれ、カラスじゃねぇか?


たった今、ビルから出てきた男。



「ユノヒョン!」


突然声をかけた俺を、余程びっくりしたのか胸に手を当てて体を上下するカラス。


「な、チャンミン、知らないか?」
そのまま単刀直入の俺。
「え?」
「だから、チャンミン探してんの!
チャンミンが泊まれそうな親しい友達とか知らないか?」
「は?」



は?、とか、え?しか言わないヤツ。
まったく、鈍いなぁ。



とにかく聞いても何も知らないという。
軽く礼を言い体を翻そうとして、ふと、立ち止まった。



「ハク、…言っておくけど、チャンミンに彼女を紹介しようとしても無駄だからな。」
「な、なんですか?急に」


あー、後からチャンミンに叱られるかな?と思いながら、それでも止まらない。





「チャンミンには相思相愛の恋人がいるってこと!」
「はぁ?まったく聞いてませんけど?」





「チャンミンは、…アイツは、分かりにくそうに見えて分かりやすいからさ、──ちゃんと観察してみな?」



いかにも半信半疑って顔。
いいさ、そのうち分かるよ、
別に男が好きなわけじゃない俺たちが、敢えて選んだ、その覚悟を。


…と言っても、これ以上話したらチャンミンになんて言われるか。
ここは自重すべきと口をつぐむ。





「今日は週末なのにデートはしねぇの?」


話題を変えようとそんなことを言ってみる。
何となく元気のないカラス。


「実は、ちょっと喧嘩しちゃって。
携帯も出ないし、家にも帰ってないから、…まぁ、友達と行きそうな店を少し覗いてみようかなって思ってるんです。」


「へえ、…そっか、頑張れ。」
……というか、俺が頑張れ、と自分に突っ込む。



そこでふと、──行きそうな店、という言葉が気になった。


「よかったらユノヒョンも付き合いません?店の目星はついてるんですよ。女の子紹介しますから。」
なんて言ってるカラスの話は素通りで。


「な、喧嘩してさ、…でも行き先のヒントを残したい場合、どんな店に行くと思う?」


それはまさにカラスと彼女の話で。


「そりゃまあ、……2人でよく行く店か、2人に所縁のある店、でしょうか。」


───俺とチャンミンの話でもあった。





パァ、と軽く視界が開ける。
───もしかして、……と。





「ありがとう、ハク!」
「は?」



「悪い、俺行くわ!」
「あ、ユノヒョン!…聞きたいことが、っ、」




数歩進んだところ、背中から掛けられた声に。




「俺も今、ターニングポイントだから、…悪い、今度ゆっくりな!」
片手をあげ立ち止まるのももどかしく足早に歩く。




「え、…何のっすか?」


一連の俺の会話が分かってないようで、不思議そうにするハクへ、


「───《プンオパンの憂鬱を打開》ってとこ?」
「はぁ?」



さらに疑問を増やしたまま、
俺は夢中で目的地までの道のりを急いだ。










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 行きそうな店

ゆうこさん。

んふふ。
ゆうこさんはさすが一気読みだからね(^-^)v

2016/11/26 (Sat) 22:26 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point 行きそうな店

Tですか??
それはこの先わかるから。。

2016/11/26 (Sat) 22:13 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

sw**様。


こんばんは。
あー、本当ですね。
チャンミンが今、欲しいのは、自分のことだけ考えて自分を必死で探す、ユノヒョンなんですね。
当たりだと思います、が、そこまで考えてませんでしたf(^^;)
sw**さん、深い!

お?
変態チックなユノヒョンもお好きですか?
というか、どんなユノでも好きでしょう?(^w^)


そして間違えてました。
sw**さんからの初コメ!
Strawberry candleのチャミパパとの想い出話の回ではなくて、もっと前でしたよ。
お話には触れずに、以前のブログからまた新たに復活したことをスッゴく喜んでくださってるコメントでした。
あれから7か月。
いつも応援してくださってありがとうございます♪

2015/12/02 (Wed) 20:46 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは♪♪

カプ**様。

こんばんは!
そうなんですよ!
鈍ちんなユノに鈍いと言われちゃうハクがポイントですよ(^w^)
鈍ちん争いです(^o^ゞ


そうそう、あそこです!
みなさん同じ場所を予想されてると思いますが、友達が、『もしやバッティングセンター?』って言ったのには笑えましたよ(^o^;)

2015/12/02 (Wed) 20:35 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。


こんばんは!
ほんとですねぇ~、何気ない普通の描写すらユノの格好良さと繋げてしまう!
さすがのユノペンさんです(^w^)

というか、U GET MEのユノヒョンは一見完璧なんですけど、かなり残念な人でもありますが。
そういうのは大丈夫ですか?(^o^;)

2015/12/02 (Wed) 20:31 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 17:22 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 15:53 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 11:27 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント