HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U GET ME ~君のいない夜~(21)


































~チャンミンside~











「っ、離せ、…って、無理、…男は、無理、」



渾身の力で暴れてるつもりが、こんな酔っぱらいではフニャフニャしてるだけなのかもしれない。
それすら分からず、なんとか両腕で顔をカバーした。



「あー、なんかさ、本当に可愛いね、君。無理じゃないでしょ?男と経験ありそうじゃん。」



まったく懲りないソイツ。
上げた腕に指を這わせ、隙間を見つけては指を差し入れようとする。



「な、…俺とも試そう?」


「っう、……やだ、…無理、離れろっ!」





自由にならない体を持て余し、吐き気がするほど嫌なのに逃げることさえできずにいた。





────ヒョン、…ユノヒョン、……ユノヒョン!





僕の頭はヒョン一色で。
同じような細胞を持つ人間の指なのに、これほどまでに与えられる感触が違うのかと。



ツツーっと、首筋を撫でた指先にゾッとするほど嫌悪感が襲った。




────もうユノヒョンだったら、どんなユノヒョンでもいい!







これを人は、──藁にもすがる気持ち、というのか?
いや、それじゃあユノヒョンが藁になってしまう。
なんて、…必死のくせにくだらない考えが浮かんで、こんなに酔っ払った自分が情けなくて泣きたくなってきた。





「なあ、もう諦めろ、って。」


気持ち悪いくらいの甘い声。
口調がちょこっとだけ、ユノヒョンに似てる。
声も悪くない。
なのに、この気持ち悪さ。
その答えは簡単、──ユノヒョンじゃないから。





もう堂々巡り、頭のなかでユノヒョンだけを追い求めていたその時、────。










「ハァハァ、……ま、待たせたな?」









それは、いつか聞いた、ユノヒョンからの。
若干、息苦しそうだけど、…そんなことはどうでもいい!





空調の効いた店内とは思えないほど汗だくのユノヒョンが視界に入って。
きっと誰よりも汗くさいんだろうけど。
僕にとっては何にも代えがたい、その胸の中に飛び込んだ。













*******




  

───2人に所縁のある店。



そう言われて浮かんだのが、毎朝のカフェと、このクラブ。



閉店間際にかけこんだカフェで見つけられず。
そのままこのクラブまでノンストップで走ってきた。
と言っても、自転車で。
あちこち探すのには便利だろうと車より自転車で来たものの、帰りのことを考えてなかった。
絶対に連れて帰らなきゃならないヤツをどうしようか?










「ヒョン、……っ、ヒョン、………」


震えるかぼそい声。
こんな人ごみのなかで周りを気にせず抱きついてくるなんて、と顔を寄せたら、すっごい酒の匂い。



「っ、チャンミナ~~~ッ、」




それに、……なんなの?この男。
遠巻きに見たら、攻められてるようにしか見えなかった。
下心満載でにじり寄る姿に、頭んなか沸騰しそうだったけど、…どうにか我慢。




そんなことより、探し求めたチャンミンをすぐにでも腕の中に閉じこめたくて。




ぎゅうっと抱きしめながらチャンミンの後頭部を優しく撫でる。



───猫がゴロゴロ喉を鳴らすような、犬がぺったりと耳を寝かせてるような、


そんな光景が浮かんでしまうほど、俺の腕のなかで安心しきって身を委ねるチャンミン。



数時間前のチャンミンとは別人のようで、何が原因か分からないけど、もし目の前の男が絡んでのことだとしたら礼を言いたいくらいだ。







「ちょっ、…あのさ、アンタ、急に現れてなんだよ?この子のツレ?」

 
その男が突っ掛かってきて、チャンミンの腕を引き寄せようとする。
おいおい、なに勝手に触ってんだよ!




「おい、…
「────っっ!!」



ソイツに言いかけた言葉を遮るように、
俺の鎖骨あたりからくぐもったチャンミンの声。



最初、何を言ってるのか、……
二度目で、しっかりはっきり聞こえた。
きっともう、二度と言ってくれないかもしれない。




「っ、ぼ、僕の、恋人だから、…!」




ソイツの驚いた顔をチャンミンにも見せてやりたかった。
わなわなと言えばいいのか、そんな表情で俺を睨んでくる。




「っだよ!男は無理なんじゃねぇの?
で、なに?あんたが恋人だとか変だろ?」




───しつこいなぁ、…ってか、やっぱりコイツにナンパされてたってこと?




チャンミンの肩へ、懲りずに伸びてきた手をぐっと掴む。
どんな大男だろうとチャンミンを賭けたら負ける気がしない。




「変じゃねぇよ。
男は無理だけど、恋人は俺なの。
それ、結局俺しか駄目ってこと。
残念だけど、諦めな?」




しばらく睨み合いが続いたあと、チッという舌打ちと共に腕を外された。
ソイツの視線はチャンミン。
俺に体を預けて力の抜けきった酔っ払い。



「っは、…わけ分かんねぇ。」



まだしつこく悪態をついてくるけど、ソイツのことはもうどうでも良かった。






「……ヒョン、……ユノヒョン、」
消え入りそうな声で、意識があるのかどうかも怪しいのに、ずっと俺の名を呼ぶ可愛いヤツを。



酔っ払った隙につけこんで、と後から叱られてもいい。
何もかもひんむいて、まっさらなチャンミンに触れたい。



抱き込んだまま、ほとんど引きずるように歩きだした。
途中つまずいたチャンミンが嫌がってるのかと焦ったけど、一旦離れそうになった腕を自ら引き寄せたチャンミン。







完全に俺を拒絶したわけではなかった。
まだ、大丈夫。
《プンオパンの憂鬱》には負けられない。


もっと話をして、チャンミンを知って、
また一歩、俺たちは前へ進める、─────。









*********************

おはようございます、えりんぎです。


『君のいない夜』君がいなければ星の光さえ届かない切なさを書きたくて書きはじめましたが。
あれ?
数時間後には会ってしまいました(^o^;)
君のいない夜は、なかったということで。
よろしくお願いします(^o^ゞ



では。



いつも拍手やポチをありがとうございます!
励みになります(〃∇〃)





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: タイトルから

ゆうこさん。

もちろんでーーすっ!(^-^)v

2016/11/26 (Sat) 22:38 | えりんぎ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point タイトルから

悲恋になるのかと悲観してましたが、
よかったよかった^_^
ホミンに悲恋は似合いません。
運命の恋人だもん。
ブレスレット、最後には片割れあげるのかなぁ?
シドニーはどうなっちゃうのかなぁ?
離れ離れや悲恋は嫌ですよう。。

2016/11/26 (Sat) 22:31 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: こんにちは〜♪♪

カプ**様。


こんにちは!
ホントだ!
『君のいない一瞬』でしたね(^o^;)
いんですいんです!


さて、自転車。
どうするんでしょうね?
酔っぱらい抱えてf(^^;)

2015/12/04 (Fri) 16:51 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。


こんにちは!

ユ、ユーミンですか?(;・∀・)ハズカシイ
私のこだわりなんて、あってないようなものですよ!
頭の中の妄想をできるだけ忠実に文章に出来たらなぁ、ってくらいですもん。

実はその妄想ってのが、2人の会話なんですよね。
特にお喋りな2人は『逢いたくて逢いたくて』と、『U GET ME』の2人!
頭の中の会話の半分くらいしか文章に出来てないですもん。
せっかく甘い雰囲気になってもベラベラ喋りだして脱線していくという、…困ったものですf(^^;)


そして『君のいない夜』のイメージがまったく当てはまらずスミマセン。
もともと、U GET MEというのもSpinningってことで、まったく違うんですけどねf(^^;)アハハ


1日に2度も読み返していただいて嬉しいです。
細かい伏線とか、それでいつも気づいてくださるんですね!
ありがとうございます(〃∇〃)

2015/12/04 (Fri) 16:49 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 結局離れられない二人♥

ちー*様。

はじめまして!
コメントありがとうございます(^o^ゞ


妹が切ないの好きなんですけどね。
チャンミンが家を飛び出す回で、「やっと切なくなってきたじゃん!」って言われたのに、あっという間にこの展開(;・∀・)
叱られるかなぁ、なんて思ってました(^o^;)
ちー*さんにそう言っていただけると救われます~


まだまだ続きますので(^o^ゞ

2015/12/04 (Fri) 16:39 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ちゃい**様。
 

こんにちは!
今日は特に寒いです~
風がビュービュー吹いてますよ(;>_<;)
ちゃい**さんこそ、気を付けてくださいね!
私、風邪はあまり引かないのですが、最近ウッカリドジが多くて。
「お母さんがサザエさんにしか見えない。」と呆れ顔で言われる始末(/ー ̄;)


さてユノヒョン、あっという間に来ちゃいました。
甘々はだらだらと続くんですけどね(^o^;)
サブタイトルで心配された読者様もみえたのですが、スミマセンf(^^;)って感じです。

2015/12/04 (Fri) 16:26 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 15:23 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 09:12 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 08:12 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 08:09 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 08:09 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。