HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~君のいない夜~(25)







































~チャンミンside~












ふと目が覚めたのは、メールの着信を知らせるLEDの光。
無意識のまま手元に置いたスマホを取ろうと、グッと伸びあがった瞬間、ガツンの音がするほどの痛みに顔を歪めた。





「っ、痛った、…」




……完全に二日酔い、
それに頭だけじゃなく、……どこもかしこも痛い。


頭は割れそうで、腰は重く、関節はひきつってる。
極めつけはアソコ、……後ろの方、
切れてるか、腫れてるか、…絶対良好な状態ではないと思うのに。







「───っ、…ん、チャンミナァ、…ぅん、」





その最たる原因が呑気な顔して僕の背中にくっついていた。



小さな顔に不似合いなボリュームのある腕。
その先にある繊細な細く長い指。
アンバランスに見えてそれが象るすべてがユノヒョンを示しているから、僕にはやはり格好いいとしか思えなくて。
そんな自分が、…嫌でもあり、好きでもあるんだ。






起こそうとした体を再びシーツに埋める。
何てことはない、出来れば忘れたい記憶の数々が急に甦ってきたから。


酔っぱらうなら、それこそ記憶がなくなるまで酔えばよかった。
中途半端に残った記憶、酔っぱらいだからこそ為せるわざなのか、大胆すぎる自分の行動に今さらだけど死ぬほど恥ずかしい。





僕から押し倒して、思いっきりヒョンの膝に乗ったり。
ぐいぐい体を擦りつけた。
上目遣いで見つめる眸には、『ヒョンが欲しい』と書いてあったに違いない。





───ユノヒョンだけが特別なんだと自覚して。
にじり寄る男の誘いに嫌悪した。


触られた腕が、頬が、耳朶が、…気持ち悪くて。
ヒョンに上書きしてほしかった。
これほど体の奥底からヒョンを求めたのは初めてで。
くだらない悩みやプライドなんてぶっ飛んでしまうほど、ヒョンだけで満たされたかった、




──けど、……ここまでシていいとは言ってない。









これ以上ヒョンとくっついていて良いことはないと、何とかベッドから這い出ようとするけど、無理。
腰に巻きついた腕がさらにぎゅっと苦しくなっただけで。




あの日、消えるようにホテルをあとにできたのは。
目覚めたとき人ひとり分の空間がお互いの間にあったからだと思うと、今のベッタリと密着した背中さえ嬉しいとか。




「───ヒョン、…」




首だけ捻ってその人を眺める。
僕が動くたび力強く抱く腕は反射的なのか、未だに気持ちよく寝息をたてている人。


真っ直ぐ伸びた睫毛が意思の強さをあらわして。
くにっと上がった口角が我儘な子供っぽさを醸しだしてる。
つい同じように口元が緩むのは、そんなヒョンが伝染ったのだと思う。


───ああ、僕はヒョンが好きなんだと、
その度、いつも思うんだ。












どうせ動けないならと、スマホのメールをチェックする。
横向きでタップする僕の肩辺りまでモゾモゾのぼってきて、肩に顎を乗せたところでまた規則正しい寝息。
さらに密着して困る。
僕の太ももに当たるヒョンのアレがぐんぐん成長してるように感じるのは、僕だけ?
──ちょっと、起きてるんじゃないの?と言いたいけど、この状態で起こすのはさらにヤバい気がするから知らんぷり。









着信の相手はハクだった。
そういえば昨日喧嘩したとかで凹んでたよな。
今から会えない?って言われたらどうしようか。
新しい職場にすんなり馴染めたのはハクのおかげで、そんなハクの悩み相談なら聞いてやりたかった。




ただ、…たった今、ホテルで真っ裸という状況と。
後ろから僕を抱く人が、着いていく!と言い張るんじゃないかという恐怖。
そして、頭から爪先までそこらじゅう痛くて、……これはお互い様なんだけど、そこらじゅうに散らばる赤い痕。




やっぱ無理、会うのは無理、…断ろう。
なんて誘われてるかどうかも分かんないのに決意してメールを開いた。






『おはよう。昨日の夜、ユノヒョンが探してたけど会えたか?
それにユノヒョンが変なこと言ってたぞ?
ま、いっか、今度ゆっくり聞くから。
それよりさ、ヨニとヨニの友達も一緒に飲んだんだけど、お前のことマジで好きみたい。
どうよ?今度一緒に飲みにいこうぜ。』





───しつこい、…それに、ヨニと喧嘩して凹んでたんじゃないのか?




なかなかダブルデートを諦めないハクにため息しかでない、





───「…はぁ、」



ッビクン、と肩が揺れた。
いや、これは僕のため息じゃないし、ってことは、……





そろ~っと斜めに向けた視線の先、僕の肩に顎を乗せたまま、勝手にメールを覗いてるヒョン。





「カラスのヤツ、…っとに鈍いな?
超ウルトラ級の鈍感さには呆れて逆に笑えるわ。」



ハハッ、と渇いた笑い、
でもこめかみがピクピクしてる、──怒ってるね。




「…でもハクの鈍感さには悪気ないから、」
「なんだよ、俺には悪気あるみたいじゃん。」



あ、自分で鈍感っていう自覚はあるんだ。
拗ねて口を尖らすヒョンになんだか笑えて。
堪らず肩を揺らす僕にさらに拗ねるヒョン。



「っのやろぅ、挿れちゃうぞ!」
「ゃだ、痛いってば、」
「え、マジで?見せろよ、」
「っ、////」




結局、暴れる僕の足を思いきり開かせて、
「舐めときゃ治るって、」なんて、ペロペロと。
恥ずかしくて覆うように隠した顔さえ顎を引かれ、続けざまにされたキスが嫌でしょうがないのに、



「昨夜のチャンミン可愛くて、……俺、死ぬかと思ったぁ、…」


なんて、極上の笑顔をくれるから。



「い、意地悪なヒョンは、…嫌いです、って。」






そう言いながらも、結局許してしまう僕も僕なんだけど、────。













にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 安定でほっとする

ね**様。

こんにちは!
身体にまで気を使って頂いてありがとうございます~f(^^;)
ホミン不足は著しく、私も書く速度?はムチャクチャ遅くなりました。
あっという間にストックが無くなりそうで焦ってます。
『エチのない甘さ』←本当にいいんですかぁ?調子に乗っちゃいますよ~σ( ̄∇ ̄;)


私もね、いつも楽しみにしてます!
例え、やさぐれ記事でも(^o^;)
『クスッ』と笑えて、『そうそう、一緒!』とニンマリしちゃいます。
毒を笑いに変えてサラリと嫌味のないところが好きです(〃∇〃)
こちらこそ感謝してます!

2015/12/09 (Wed) 16:30 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/09 (Wed) 08:40 | # | | 編集 | 返信

point Re: こんにちは〜♪♪

カプ**様。

こんばんは!
さすがのカプ**さんも胸焼けしそうな甘さでしょうか?(^o^;)
ハクも、意味深に登場したものの。
蓋を開けてみればただの鈍感野郎でしたf(^^;)

2015/12/08 (Tue) 20:20 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: 今日もいい!いいよぉ(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡

あ*様。

こんばんは!
実は、あ*さんに言われて初めて気づきましたf(^^;)
U GET MEでもホテルでひとりぶんの距離が今の距離をあらわしてるようで。。とか、書きましたね。
まったく気にせず、今日のピッタリとした距離感を喜ぶチャンミンを書いちゃいました。
ホントだ、あの日の2人をちゃんと上書きしてます~
ありがとうございます(〃∇〃)

2015/12/08 (Tue) 20:17 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。


こんばんは!
Don**さん、面白いです(^o^;)
完全にチャンミンと同化してますね~(^w^)
『天然なのにがっつり男なユノ』←私の好きなユノ像
ということで、U GET MEのユノってまさにそれなんですよねぇ(〃∇〃)
えへへ~、タイトルも急に甘々仕様です(^o^ゞ

2015/12/08 (Tue) 20:07 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。

こんばんは!
真面目な読書会はいかがでしたでしょうか?(^o^;)
私なんて、一般文芸書も。漫画本も。
ユノチャミに変換出来ないと読めなくなってきたホミン病末期ですよ(/ー ̄;)


こちらの2人も特に描写もないのに、体ズタボロになるくらいの熱い夜だったらしいので、想像力をフルに活用させて妄想してくださいねf(^^;)エヘヘ

2015/12/08 (Tue) 19:00 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/08 (Tue) 16:03 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/08 (Tue) 09:59 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/08 (Tue) 09:27 | # | | 編集 | 返信

point

だはっ だははーっ(≧∇≦)
何ですかね〜 この気怠い空気の中の甘〜〜さっ!
めくるめく夜が明け、あちこち痛い体、絡みつく逞しい腕、キャーッ!
えりんぎさん、女子の萌ポイントを押さえてますねー!
さすがです(^.^)

エッチなシーンは、ダイレクトなのもいいけど\(//∇//)\、こういう想像力をかきたてるのも良いですねっ\(//∇//)\
チャミの身体がこんなにダメージを受けているって、チョンユンホ、どれだけよーっ!(≧∇≦)です(^.^)

うふふっ

今日は母の会の真面目な読書会。まさか、最近ホミン物語しか読んでません!なんて口が裂けても言えないから、顔を引き締めなきゃ!
でも、朝から、えりんぎさんにやられちゃったな〜〜 ニヤけるぅ

2015/12/08 (Tue) 07:30 | taitai #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント