HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~君のいない夜~(35)



































~チャンミンside~








賑やかな2人が帰り、急に静まり返った部屋。
とんでもなくいろいろあった気がするけど。
何もなく過ぎた気もする。



玄関先で見送ったあと、少しだけ部屋の片付けをする。
ユノヒョンはさっさとシャワーへ行ってしまって拍子抜け。






プンオパン、───。
まさかハクが買ってくるとは思わず。
まさかユノヒョンがあんな答えを用意してるとは思わなかった。


正直、プンオパンから解放してなんて言ったものの、自分でもその意味がよく分かんなくて。
あのまま、うやむやになってしまうものだと思ってたのに。




ユノヒョンなりにだしてくれた答えに、──少しだけ、…泣けた。




正解なんてきっとない。
ないけど、…ヒョン、あなたがそう言うのなら、……僕は。







「チャンミナ!」


勢いよく呼ばれて振り向いた。
いつもシャワーの長いヒョンが今日はあっという間。
ジャージのパンツをずり落ちそうなくらい浅めに引っかけて、晒した上半身には拭いきれない水滴がひかっていた。




「ユノヒョン、体くらいまともに拭いて、…って、っわぁ!」


文句のひとつも言わせてもらえず、両肩を掴まれ洗面所へ放り込まれる。
そのままの勢いでドアを閉められ、
「急いで浴びろよ!」とかなんとか。


「っ、し、下着///!」
ひとりごとのように言ったのが、どうやら聞こえてたようで。
一瞬開いたドアの隙間から僕の下着が降ってきた。



「……。」


何を焦ってんだか、
普段なら勝手に下着を取りだしたのを責めるところだけど。
なんとなくその焦りも分かるから、──今は、何も言わないであげよう。






なんて思いつつ、僕にしたら精一杯のスピードでシャワーを浴びて弾けるように洗面所から飛びだしたのに。




「……ヒョン、……何してんですか?」


「ん?……つめ切り。」



ソファーに座って呑気に爪を切っていた。






完全に拍子抜け。
少しでも期待した自分が恥ずかしい。
──早く、触れたい、……なんて、ほてった体が恨めしい。




「チャンミナ?」




「…………っ、…なんですか?」



ああ、…こんな、拗ねた言い方。



「な、爪、……切って?」
「は?」






「カケに勝ったら切ってくれる約束だろう?」




───ユノヒョンの思うつぼ、なのに、……



ニヤリと、何もかも分かったふうなのが、悔しい。





「いつカケして、いつヒョンが勝ちましたっけ?」




「プンオパン。」
「え?」



「宿題に合格したろ?」
「はぁ?///」






「はい、俺の勝ち!」




ぐっと腕を引かれて、ストンとソファーの前にひざまずいた。
「ほい、」と軽く渡された爪切りがなぜか苛立たしいのに。
ソファーに座る、かなり目線が上の人にドキドキしてしまう。




「っ、と、///特別大サービス、です。」


足の爪先でさえ触れたいと、切望するほど。








パチン、パチン、…と小気味いい音が響く。
残っていた右手の爪から。
他人の爪を切るのなんてはじめてで、
「……なんか、くすぐったい、…」
そう言ってクスクス笑うヒョンの方が、僕にはくすぐったいよ。







「な、…おまえ、会社やめてフリーになんの?」


ボソッと言われて、少しだけ驚いた。
誰に聞いたかなんて、言われなくても分かる。
つい先日、最終目標っぽいことをチラッと洩らしたから。



「……ハクに聞いたんですね?」
「……どうしてカラスが知ってて、俺が知らねぇの?」




床に座る僕と、ソファーに座るヒョン。
頭のてっぺんから不満げに呟く声が降ってくる。



「今のところ、そんなつもりはまったくないです。資格取るのも、自分のスキルを上げたいだけで、……」




「……足の爪も、切って。」


聞いてるのか聞いてないのか、…僕の膝の上に足を投げだして。
駄々っ子のようなヒョン。
送別会での突然の激情の理由を理解した。






「───ばかだね、……ヒョン。」



「ばかは、……おまえ。」



そのまま後頭部に柔らかい感触。
何度も何度もつむじへ落とされるキスに。


今すぐ見上げて、僕の唇で受けとめたいのに。
中途半端に切った状態では我慢するしかなくて。





「どんなことでも、最初に俺に話せよ。」
「それ、ユノヒョンだけには言われたくありません!」




うっ、と怯んで体を引いたと同時、最後の小指の爪がパチンと鳴った。










総合商社に勤めるユノヒョンは、いつ転勤になってもおかしくない。
そう気づいたから、……最終目標がフリーになることだなんて、



────絶対に言えるわけないよ、ヒョン。












手の指と比例するのか、長くスッと伸びた足の親指を唇でたどる。
固まったように動かないユノヒョンは気にせず。
吸い寄せられるように、それを口に含んだ。



どうしてだろ、……なぜか、どうしても欲しくて。
クルッと舌で転がして。
先っぽに口づける。






「ヒョン、……しよ、……」





────焦ってるのは、僕だった。











*********************

おはようございます、えりんぎです!


『HOTミンな関係』を立ちあげて、8カ月たちました。
そして、13万拍手に続き、17万拍手も踏まれたka**様。
おめでとうございます(^o^ゞ


あっという間にキリ番です。
これもみなさんの応援が形になったものだと思うと嬉しいです!
いつもあたたかいコメントや拍手、ありがとうございます(*^^*)




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: タイトルなし

Swan様。

こんばんは!
いつも長文コメントありがとうございます(〃∇〃)

ユノは太陽なんです。
でも、チャンミンが隣にいて、より輝く太陽。
チャンミンは控えめでいて、それほどのエネルギーをユノに与えてるんですよね~、なんていつも妄想してます(*^^*)


やはり、OMTですか‼
あ、予想してましたけどね。
Swanさん、OMTを熱~く語ってくださいますもん(^w^)


私はセリフ萌えなので、書きたいセリフというのが、どの話にも入ってます。
そのなかで、私が一番萌えたセリフはですね。
Strawberry candleの『俺を諦めるな』なんですよ。←自分で書いて自分で言うのもなんですがf(^^;)


拍手、いつも感謝してます。
私、ランキングよりも拍手が気になるというか。
変動するものより、確実に頂いたご褒美みたいに思っちゃうので、嬉しいんです(〃∇〃)


『好きと言えたら』私も少し前に初めて読み返したんですよ。
無口なのにさりげない優しさのユノでした。
今、書けるかと言えば、かなり疑問ですf(^^;)


いつもありがとうございます(^o^ゞ

2015/12/19 (Sat) 00:18 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

na*様。

こんばんは!
こちらこそ~
丁寧な感想、嬉しいです。

ユノのタペストリーと目が合いましたか?(^o^;)
私も、友達がサプライズでプレゼントしてくれたユノのタペストリーがあり、飾れないのですが、クルクル伸ばしてはご対面(〃∇〃)してます♪
アップすぎて直視できませんが(〃ω〃)


お話もありがとうございます!
Strawberryは色々な事がとても良くハマり、うま~く転がってくれたお話です。
調べたり、悩んだり、とにかく遅筆なので。
さらさらっと書ければいいんですけどねf(^^;)

ユノは、体のパーツすべてが綺麗ですよね。
ついつい描写が細かくなってしまいますよ~
変化球、、、ってどんな事をおっしゃってるのかな?
もしかして、明日の記事、みたいな?f(^^;)


2015/12/19 (Sat) 00:04 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんぱんは!
エロいです?(〃∇〃)
この2人はそういうの書きやすいです。
普段おちゃらけた感じだから。
これが紅のユノとかだと、本当にいやらしくなっちゃいそうで躊躇しちゃうんですよね~
不思議です(^o^;)

下着が降ってきた、とか、細かい妄想しちゃうので、いろいろ細かいです。
リアルだと反対ですか?(^w^)
想像しちゃうわぁ(〃∇〃)

2015/12/18 (Fri) 23:54 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: おはようございます。

mit**様。 


こんばんは。
安らぎのひとときをご一緒させていただいてるなんて光栄です(*^^*)
ありがとうございます!
何かと忙しい師走ですが、お互い頑張りましょうね。

2015/12/18 (Fri) 23:49 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/18 (Fri) 22:39 | # | | 編集 | 返信

point

こんにちわ。

いつもご丁寧にお返事ありがとうございます。
『君のいない夜』最初から読み返しました(何度目?)
全編おのろけ・ラブコメ・forホミン界生物栄養剤ですね

読みながら、顔管理に気をつけました。誰が見てるかわからないしって!部屋にあるユノのタペストリーと目が合いましたけど。

えりんぎさんのお話は全部好きです。
お話の背景も緻密に勉強されて書いてらっしゃって、Strawberryのお話読んだ時もすごいって思ってたんですけど。素晴らしいです。
でも色々学べて楽しいけど、大変ですよね…


ユノの足の指、綺麗ですよね。ここでもユノの足指を持ってくるえりんぎさんにやられた!!感じです
えりんぎさんって、変化球投げてくるから…そこも惹かれる理由

明日はさらに甘甘甘ですか?
楽しみです。

2015/12/18 (Fri) 14:45 | nao #dAILzjWo | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/18 (Fri) 10:02 | # | | 編集 | 返信

point おはようございます。

自営業で頑張っています。

朝一番のコーヒーとパンと
エリンギさんのお話が
私の楽しみです。

健康で明るくて前向きで
大好きです。

今日も頑張ります。

2015/12/18 (Fri) 07:46 | mitsu #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント