HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

君が好きなんだ(5)



































ユンホside









満開の桜が競うように咲き乱れる校庭。
教室の窓から覗くのに最高の季節。
俺は、高2になった。



特別将来の夢があったわけじゃないけど、まだ何にでもなれると自信と希望だけは抱ききれないほど。
前向きなのは俺の長所で、それはガキの頃から変わっちゃいない。
大好きなサッカーと楽しい仲間。
毎日が楽しくて仕方なかった。



好きな子は?と聞かれれば、初恋は…たぶん、小学3年生の担任。
それ以降は男女問わず友達で、それ以上でも以下でもなかった。
彼女や彼氏の悩み相談だけは苦手で。
悩むくらいならつき合わなきゃいいだろ?と言っては、逆に叱られ、理不尽な思いをしたり。



───俺にもいつか、『好き』の気持ちがわかるのか?


そんな疑問もあっという間に消え、悩みのひとつにすらならなかった、



……はずなのに、───。
















「っ、ぅわ、」



お喋りに夢中な新しいクラスメイト。
ぶつかる直前で身をかわした。



「あ、…すみません。」



ばか丁寧な言葉遣いと、ふわりと香った匂いが気になり、振り向いてしっかりと見る。



「あ、当たった、かな?」



何?こいつ。
俺と変わんない身長のくせに上目遣いで。
まるい頬が男とは思えないほど艶やかで。
長めの前髪から覗くデッカイ眸から目が離せない。



「いや、…大丈夫。」
「そう、…良かった、……僕がよそ見してたから。」



初めて見る顔。
運動部じゃないな。



じゃあ、と言って立ち去った背中は、高2になっても制服の中であそぶほど華奢にみえる。
だからなのか、細い首筋。
うなじに見つけたホクロにおそろしく心臓が跳ねた。
じわじわと広がる熱、──俺は、興奮していた。










そっからはもう自己嫌悪の日々。
ツレのどんな悩みよりも俺の方が深刻だ。




「シムくんは目立たないけど超イケメンだから女子の間では有名人よ?」
知りたくないのに、さりげなさをよそおって聞いてしまう。



教室の隅が定位置なのか、いつもそこで同じメンバー。
話す相手によって態度が違う。
余程の人見知りか?



『もっと近くでふにゃり緩んだ顔が見たい。』


一瞬浮かんだ考えを必死で否定した。
ブンブン頭を振っても出ていかないそれに。
絶望と焦りと、……諦め。


席替えするように簡単にクラス替えもできたら。
こんなにイラつくことはないし。
こんなに落ち込むこともない。
そして、───こんなに心踊ることも、…… 








意識的に避けつづければ、何もなかったようにいつもの生活。
ツレとふざけたり、ヘトヘトになるまでサッカーにのめりこんだり。
それが、一度意識してしまうともう駄目で。
ふとした仕草や笑い声まで気になって仕方ない。



ツレが、「地味で暗いやつ」だと言った。
地味でも暗くもない。
よく見れば、意外によく笑う。
大きな眸をキラキラさせて夢中で話す姿。
みんなが嫌がる掃除や係をさりげなく率先する姿。
でしゃばらない謙虚さをアイツで初めて知った。






毎日がそんなことの繰り返し。
誰にも言えないこの気持ちに、なんて名前をつけたらいいんだろう。
俺は男で。
アイツも男で。
友達でもなく、クラスメイトというだけの存在。
俺が意識してもしなくても、まるで俺のことなんか眼中にないアイツ。
逆に避けられてる気さえしてくる。




夏休みにしばらく会わなければ、きっとこの気持ちも消えるだろうと、甘く見たのがいけなかった。
会えない日々はさらに想いを募らせ俺を苦しめる。
美術部はあまり部活動がないらしい。
たまに見かけるとそれだけで胸の高まりが抑えられない。
そんな日はアイツを思い浮かべて一人でスルとか、…何なんだよ、一体、……情けなくておかしくなりそうだった。














そして、ふと思う。
俺の長所は、なんだ?
───そう、前向きなこと。





──じゃあ俺、シムと2人で大道具やるわ。




ぐずぐず悩んでたってはじまらない。
俺はこの不可解な気持ちに名前をつけるべく行動することにした。
きっと探さなくても、答えはアイツが持ってるはずだから。

















そして今、……30cmほどの距離、戸惑うように揺れるバンビアイ。
堪らず触れた指先が疼くように熱をもって。




───おまえさ、……鏡で見ても、…綺麗だな、




思わず言ってしまった言葉にヤツの全身が固まる。
見開かれた眸が語るのは、驚きと、……嫌悪?
うつ向いてしまったから、──もうその眸も見えない。
スッと引かれた手、失ったぬくもりがヤツの気持ちのようで。






ずっと見ていたかったけど、…できればもっと傍で、俺を知ってほしかったけど。



ああ、拒否されたのかも、…と感じて、やっとこの気持ちに名前がついたなんて皮肉なものだ。






「───ごめん、」


ひとこと呟いて教室をでた。
ヤツは何も言わなかった。


こんなことが以前にもあったな、と思う。
ああ、球技大会の日だ、……クラス替えして初めてのクラス行事。
すでにヤツを意識しまくっていた俺は異様に張り切っていた気がする。
クラスの親睦を深めるなんて口実で、もっとヤツに近づきたかった。
それなのにやる気のないヤツの態度にイラついて、試合目前に逃げるように保健室へ行くヤツに怒鳴ってしまった。
本当に怪我してたと、後から知って。
下心満載の自分が恥ずかしくて謝ることもできなかった。
……あれ?
俺、もしかして…その頃から嫌われてるのか?



鈍感な自分に腹が立ち、ぐしゃっと頭を掻きむしり大きなため息をついた。






───文化祭はもう明後日だ。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: こんばんは〜♪♪

カプ**様。

こんばんは!
前向きなはずなのに、後退したり、ぐるぐる回ったり。
恋愛って忙しい…(〃ω〃)

2016/01/03 (Sun) 22:53 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんは~

今まで経験したことのない『なまえのつけられない気持ち』に翻弄されるユノでした(^o^;)
私が書くユノってガンガンいっちゃうから、ダメダメって後ろから引っ張ってる感じです~
あまりイジイジしてるのは苦手なので、立ち直りもはやいです(^o^ゞ
もう少しお付き合いくださいね!

2016/01/03 (Sun) 22:51 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 《天声人語》みたいに改行部分に▲いれてみました(笑)

momoko様。

こんばんは~
まず、改行にまで気を使っていただいてありがとうございます(*^^*)
実は、別の管理画面からコメント管理に入るとツメツメじゃなく見れるみたいです。
なので、きれいに改行されてますよー(^-^)v


男に思わず反応しちゃって深刻に悩むユノ。
momokoさんいわく、『ユノ編は解答編』←すっごい前に言ってましたよね?
今回は1話までのユノの心情です。
それ以降は本人の口から聞けるはずです(*^^*)

私のなかのチャンミンはやっぱり謙虚で優しいんです。
情報番組で、ユノが食べた器をさりげなく片付けたり、おしぼり渡したり、イスを直したり。
そんなチャンミンの隣にいて、『それを当然のように受け入れるユノ』になるのは、こちらのお話ではもう少し先です(〃ω〃)
そういった意味で殻を被った、ということになるのかも。

私も昨日、娘と『ぴったんこカンカン』見直しちゃって、大笑いしてました~
チャンミンって笑うとき、ユノの肩に両手を置く仕草をよくしません?
この時も両手が伸びそうになるの。
でも思いとどまる、って感じなんです。
あー、遠慮しなくていいのに~、なんて。
そんなところばかり見てましたf(^^;)


もうしばらく、momokoさんの朝の癒しになれそうです。

ありがとうございます(^o^ゞ

2016/01/03 (Sun) 22:43 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 甘酸っぱい(*´∇`*)

羽衣様。

こんばんは!
ですよね~、チャンミンのうなじは美しいですよ(〃∇〃)
一度意識しちゃったらもう駄目ですね。
クラスで一番の美人さんですから(^w^)


嫌いは好きの裏返しですから。
チャンミンが苦手なのも、ユノを意識してのことだと思いますよ。
もうしばらく2人の初々しい恋を見守ってくださいね♪

2016/01/03 (Sun) 22:23 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: ドキドキ

ね**様。

明けましておめでとうございます(^o^ゞ

そうそう、大半の方の期待を裏切りオアズケでございます~
本当に書きたいシーンがあるので。
そんなに大したシーンじゃないですけどね、ふざけてるか?と怒んないでくださいよ~(^o^;)

2016/01/03 (Sun) 22:16 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

名無し様。


こんばんは!
今後の展開を妄想!
ありがとうございます(^o^ゞ

実は私、この後の7話のシチュエーションを書きたくて書きはじめた話です。
それを予想されてたらビックリですけど。
どうでしょ?(^w^)

2016/01/03 (Sun) 22:13 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ラム**様。

明けましておめでとうございます!

私はこんなに初々しい高校時代ではなかったので、逆に新鮮です(^w^)
ユノが迷える子羊になっていて楽しいですねぇ。

短いお話ですが、よろしくお願いします(*^^*)

2016/01/03 (Sun) 22:07 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

あ*様。


こんばんは~♪

恋愛知らずの初々しいユノ(^w^)
妹には、「中2かと思ったら高2?(;゜∇゜)」と幼すぎを指摘されましたが…f(^^;)

ま、小説なんで、何でもアリですよねぇ。

このお話は10話でやっと完結させました。
本当は7話の予定で書いていたものなんですけど、あまり展開がはやすぎるとただのあらすじみたいかな?と思っちゃいましてf(^^;)
そう言いながら、高校の修学旅行っていつ行くんだろ?とか、どこへ行くんだろ?とか、取材する私なのでした~

2016/01/03 (Sun) 22:03 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 18:30 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 17:54 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 16:03 | # | | 編集 | 返信

point 甘酸っぱい(*´∇`*)

えりんぎさん~アンニョン

高校生ホミンいいですね~、ユノの胸のうちが初々しくて読んでで甘酸っぱい気持ちになります(*´ω`*)ドキドキ、高校生チャンミンなんてそこら辺の女子よりキラキラ輝いているでしょうね☆

「うなじのホクロ」私もチャンミンの好きなパーツの1つです、あのキュット形のいい後頭部と白くすらりとのびた首筋!後頭部眺めているだけでも幸せですもん(//∇//)

お互い意識しだした二人から目が離せません!

明日も楽しみにしています☆

2016/01/03 (Sun) 15:27 | 羽衣 #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 15:08 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

taitai様。


こんにちは~♪

「けっ!360度全方位イケメンかよーっ!」に笑いました(^o^;)
taitaiさん、どうして私のブログに遊びに来てくれてるのか不思議なレベルじゃないですかぁ(;゜∇゜)
そりゃ、紅ユノは好きじゃないですね。(知らないけど)
面白いです(*^^*)
これからも格好いいユノを書いちゃうと思うんで、バシバシ突っ込んでくださいね(^o^ゞ
スマートじゃない空回りユノもよろしく(^w^) 

2016/01/03 (Sun) 14:47 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 12:45 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 10:37 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 10:11 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/03 (Sun) 05:42 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント