HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

君が好きなんだ(9)

































チャンミンside









僕にとっては衝撃的で忘れられない1日となった文化祭から1週間。



あの日、2人して逃げだしたものの、あっという間にクラスメイトに捕まって。
机の下で何があったかなんて知るよしもない彼らは、かえって観客にウケたよなと喜んでくれた。
片付けや、その後の打ち上げ。
やっぱり引っ張りだこの彼とゆっくり話す暇もなく、気づけば1週間が経っていた。




変わったような、変わらないような、…僕らの関係。



相変わらずグループが違うから、普段行動を共にすることもない。
教室の真ん中、自然に集まる男女の中心にいつも彼はいて。
ふざけてプロレス技をかけながら、独特の笑い声。
いつの間にか彼の笑い声だけ識別できるようになった。




僕の定位置は教室の隅っこ。
いつものメンバーで、話すのはやはりゲームや漫画の話。



「なあ、この間話してたゲーム、実は俺も持ってんだ。で、ちょっと聞きたいんだけどさぁ、」


そう話しかけられることが増え、行事を通してクラスの親睦が深まるというのはあながち嘘じゃないなと思う。
ほとんど話したことないクラスメイトが、話してみれば結構いいヤツだったりして。
「シムって暗いヤツかと思ってたけど、案外楽しいヤツだな。」なんて言われるのも嬉しかった。






彼とは、…何が変わったかというと。
とにかく、よく目が合う。


朝練後、転がりこむように教室へ入ってくる彼と。
授業前、室長の号令で席を立つほんの一瞬。
休み時間、ふざける彼と何度も。
授業後、友人に囲まれ部活へ向かう道すがら、…ほんの少し名残惜しそうに。




───結局、目が合うというのは僕が彼を見つめてるからで、それは彼も然りなんだ。




文化祭から3日後、記念だからとミラーペーパーで作った万華鏡を彼に渡した。
家にあるもので簡単に作ったにしては上手くできたそれを、照れくさそうに受け取ってくれた。
何か言いかけた彼の周りにはやはり友達が沢山いて、言いにくそうに口をつぐんだ彼をもどかしいと思ってしまう。
もっと彼を知りたいと、どんどん欲張りになる自分がいた。










お祭り気分もぬけ、そろそろ期末試験の試験週間という頃。



いまだかつてないほど人気者な僕。
休み時間のたび僕の周りは人だかりができた。
「ノート写させて!」とか、
「宿題、教えて?」とか。


「最近のシムって話しやすいからさ、つい頼っちゃって悪いな、」
「うんうん、今まで近寄りがたくて、…こんなに話しやすいなんて分からなかった!」



この人気っぷりを喜んでいいのだろうか?
ノートを貸すのも、宿題を教えるのも全然構わないのだけど。



「…なんかさ、女子達の間でシムに告白するのは期末試験後まで待とうって協定が結ばれたらしいぞ?楽しみだな、よりどりみどりじゃん!」
そんなこと言われて、僕だって普通に男だし、…嬉しくないわけない、


けど、本当に欲しい告白はひとつなのだと、そう思ってしまう。





「チョンくん!」


机の周りの人垣をかき分けるように彼を呼ぶ。
僕は彼に伝えなきゃならない事がある、───。



僕が呼んだとほぼ同時。


「ダーーーーーッ!!!」


頭をかきむしる姿と突然の叫び声。






「チョン、…くん?」
「あーーーーっ、…っっもう!!!」





ボサボサ頭のまま、どんどん僕へ向かってくる。
僕も、…彼に向かって二、三歩進んだ。







「っ、シム!!」
「は、はい。」




彼の手が置かれた両肩がじんじんする。





「あ、あのさ、…こういうのって、返事はいつ貰えるわけ?」
「……へ?」



最初、何のことか、



「俺、1週間……ずっと待ってんだけど、」
「あ、…///」






男同士だし、アレがいわゆる告白というものなのかも計りかねていて。
一瞬重なった唇も。
あんな近い距離で、ハグのつもりがつい当たってしまったのなら、…ただの事故だし。



お互い言葉足らずで、
それなら僕も、───。




「あの、返事は、…したから。」
「は?」


呆気に取られる彼。
クラスメイトがなにごとかと見守るなか、変なことは言えない。



「チョンくん、…答えはチョンくんが持ってるから、…だから、探して。」




それだけ言って彼から離れた。
彼は不思議そうな顔してから、ギュッと拳をにぎり。



「───わかった、絶対見つける。」



恐いくらい、…真剣な口調で言った。












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: タイトルなし

Donママ様。

わざわざ私の呼びかけにこたえてくださってありがとうございます♪
いつか、ツアーでお会いできる日に貸してください!(〃ω〃)←返すのは郵送ですが。。。

2016/01/08 (Fri) 21:05 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 万華鏡

momoko様。

万華鏡、…好きそう(^w^)ムフフ


コメントタイトル見たときの感想。


二人きりだと緩んで近づくのに。
周りに誰かいるとふいっと離れてしまう。


そして、コレコレ!(〃∇〃)
これこそ今まで書いたことのない2人で、若い不器用な2人だからこそなんですよね。


実は妹が。
『そして最後に笑ってみせて、は薄っぺらいから続編希望したけど、今回のはただ続編が読みたい。』って。
どこまでも上から目線の妹のコレは彼女にとって大賛辞だということ、momokoさんならよく分かるでしょう?(^w^)
あ、あと、『成長したじゃん!』とも言われた。←やはり上から目線(^o^;)


相合い傘ではなかったけど、ハートのメッセージをこっそり忍ばせたチャンミンのニマニマ顔が見えるようです(*^^*)
いつもありがとうございます♪

2016/01/08 (Fri) 20:55 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: ワクワク!

とも**様。

こんばんは~
コメントありがとうございます。
3日分くらいまとめ読みするのは私も好きです。
続きがあると思うとワクワクしますよね。
全部一気読みとなると止まらなくなっちゃった時に困るので暇な時に、…と思いつつ結局読まなかったりしません?
どんな形でも読んでいただくのはありがたいことだなぁ、と思います。
貴重な時間を割いてくださってるってことですもんね。こちらは短いお話でしたが、ありがとうございました(^o^ゞ

2016/01/08 (Fri) 20:42 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point

えりんぎさん、こんばんは!
そしてtaitaiさん、初めまして。「キャンディ・キャンディ」を幸いなことに所有しているDonママです。
昨日のtaitaiさんのコメント、爆笑させていただきました!スザナのとこ、アルバートさんのとこ、まさにそうでございます(笑)語り始めたら一晩中語り合えますよね?夕べ読み返してみたら、若かりし日に戻ったように胸キュンで、テリィとのお別れのシーン、キャンディの健気さや明るさ、テリィが立ち直るところでは涙しちゃいましたよ。テリィ派ですもん。心のバイブルですね、本当に!お近くでしたらお貸しできるのですが…シカゴじゃさすがに無理か…(^^;;
えりんぎさんにもお貸ししたいわぁ。

本題からは外れましたが、思いがけず楽しいひとときをありがとうございました。

2016/01/07 (Thu) 23:16 | Donママ #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 23:07 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 23:01 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんにちは!
言葉足らずの幼い恋はもどかしいけどドキドキしますよね(*^^*)

それにしても大人買いですかぁ(〃∇〃)
子供時代の押さえられた欲求が弾けましたね!
分かりますよ~
そして通じますよね!
うんうん、親に、世間に反発してても、最初はからかうだけのキャンディにどんどん惹かれていっても。
気づいたらキャンディのぬくもりがかけがえのないものになってて、でもそれを失ってまでキャンディを守ろうとする男らしさ。
いつかキャンディを呼び寄せるつもりで頑張って、結局は果たせなかったけど。
あの女優さんを見放せなかった優しさも責任感も。
心が壊れそうでやさぐれちゃった時期も。
キャンディの涙ひとつで立ち直る強さも。
すべて、通じますよ(〃∇〃)


ところで昨日のコメント欄のtaitaiさんコメント読まれました?
公開コメになってます。
おそらくDon**さんのためだと。
笑っちゃいました~、シカゴ、、、(^o^;)

2016/01/07 (Thu) 16:48 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

あ*様。

こんにちは!
コメント欄クスクスされちゃいました?(^o^;)
小学生のとき夢中になった漫画話をこんなところで出来るとは!って嬉しくなっちゃいました~f(^^;)
と言っても、あ*さんには分かんない話ですよね、きっと。
お若いですもんね~←勝手に予想、でも多分当たってると思う


そういうこともあり、私の頭は完全に少女漫画脳なので、ロマンティック路線バリバリになっちゃいます。
それにホミンを足したら無限に広がりますよ~~♪

笑い声を識別出来るようになった、は、ユノの笑い声って分かりやすいからなぁ、という妄想が大いにありますけどね(´▽`;)ゞ


毎日のようにコメント、ありがとうございます。
でも無理しないでくださいね~
あ*さんのファンの方に叱られそうf(^^;)ドキドキ

2016/01/07 (Thu) 16:32 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ch****様。

こんにちは~
まあ、そんな感じですよねぇ~
読まれたほとんどの方が気づいてもチョンくんはなかなか気づかないかも、です(^o^;)

2016/01/07 (Thu) 16:21 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 奇跡は起きる

マゼ****様。

こんにちは~
おぉ!おめでとうございます💓
朝一番はぴったりその数字に拍手するの難しいと思いますよ。
朝5時更新で、50くらいまでは一気だと思うので。
狙った数字がヒットすると嬉しいですよねぇ(*^^*)
何度も挑戦して、いつまでも遊びにきてください♪

2016/01/07 (Thu) 16:18 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

na*様。

はじめまして。
ありがとうございます~

そうですねぇ、鈍いユノは少しだけ時間がかかりそうです(^o^;)

2016/01/07 (Thu) 16:12 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 10:04 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 09:13 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 08:39 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 05:19 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/07 (Thu) 05:12 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント