HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

U GET ME ~恋人の話~1


































───俺の可愛い恋人の話をしよう。





「疲れた、…お尻痛いし、腰も痛い、…」


隣でぶちぶち言ってるのが俺の恋人。
口は悪いし、素直じゃない。
人をソノ気にさせといて、あっさり肩透かしを喰らわすのは日常茶飯事で。
ぐるぐる回る思考回路や変にこだわるところも俺にはよく理解できない。


「乗り継ぎも合わせたらほぼ16時間飛行機ん中だもんな。マッサージしてやろっか?」
「さ、触らないでくださいっ!///」
ペシッと手を叩かれ、距離をとられた。
ったく、素直じゃないなぁ。
会うの1週間ぶりだって分かってる?






シドニーへの出張に合わせ二泊四日の旅へチャンミンを誘った。
かなり強行軍になったけど仕方ない、いつか雑誌で読んだ聖地ウルルで南十字星を見たかったから。
そしてそれはチャンミンが一緒じゃないと意味がないんだ。
見ること感じることそのすべてを共有したいと、そう願っているのは俺だけじゃないはず。



「ユノヒョン、早く、…取りあえずホテルですよね?」

たった今ひっぱたいた手で俺の袖口をチョイと。
急に甘えた仕草はエアーズロックリゾートでホテルが見えてきたからか?
やっと少し休めると思ったのか。
やっと2人きりになれると思ったのか。
後者なら休ませねぇけどな、なんて思いながら、少しずつ赤みがさし興奮ぎみのチャンミンを眺める。


「周りを砂漠に囲まれた小さな街みたいですねぇ。」
なんてキョロキョロ落ち着かないチャンミンが可愛い。
ここエアーズロックリゾートはエアーズロックから約20km離れた観光の拠点だ。
ホテルやレストラン、ショッピングセンターの他に銀行、警察、診療所などもある。
レンタカーもここで借りたし、各種ツアーの出発もここ。

「まあな、この悪条件のなかでこれだけの施設を作った企業を褒めてやりたいよ。」
「夢がないなぁ、出張の続きだからって現実的な話はやめてください。」

ツンと尖らせた唇を食っちゃいたいなんて思ってる俺は仕事のことなんか全く頭にないのに。
それを早く分からせてやりたい。
パッとチャンミンの荷物を取りあげ歩く速度をあげた。
「ちょ、っ、…ヒョン!」
慌てて追いかけてくるチャンミン。
早く、早く、……
日没に間に合うようにエアーズロックへ向かうにはあまり時間がないから。
少しでもチャンミン補給の時間が欲しくて。
さらにスピードをあげる俺へ、
「っ、もう!ヒョン!」
本格的に怒りだした。

──ああ、これじゃあ意味ないな。

せっかく時間をつくってもチャンミンが拗ねて触らせてもらえないんじゃ意味がない。
「…ごめん、」
一旦足を止めてチャンミンを待つ。
疲れてるのに走らせたらやっぱ可哀想だよな。
ここからエアーズロックまでは車で30分もあれば行ける。
別にチェックインして部屋で少し寛げるくらいの時間なら充分ある。
変な下心だすから怒らせるんだよ!と自分で自分を戒めつつ、申し訳なくチャンミンを見た。


ハァハァと息を弾ませ、やっと追いついたチャンミン。
「ハァ、…っ、もう、…ヒョンは、…」
肩で息をしながら俺の手から自分のスーツケースを奪い取り。
「ヒョンの方が荷物だって重いのに、…っ、もう、まったく、…は、走りますよ!///」
そのまま俺を抜かして走りだした。
「え?チャ、チャンミナ?」


ハァハァと息づかいは荒く。
数歩前を行くチャンミンの背中が上下に揺れてる。
そして耳たぶが、真っ赤。


「ユノヒョン、遅いっ!」
なんて言う照れ隠しのセリフも。
もう今すぐここで抱きしめたい!と思うほど胸を撃ち抜かれ。
今は振り向くなよ?ってほど、気持ち悪いくらいニヤついてる自分が分かる。


結局は、そう。
チャンミンの素直じゃないくせして突然落としてくる爆弾に、俺はいつも敵わない。



この国特有の乾いた空気を胸いっぱいに吸いこみながら、誰よりも愛おしいチャンミンを追いかけた。






****




「ぅわ、…ちょ、っ、いきなり?///」


部屋まで案内してくれたボーイにチップを渡し、ドアの閉まる音とともに荷物を放り投げた。
一瞬、身の危険を感じたのか怯んだ身体を許すはずもなく。
とにかくいいから、…抱きしめさせて!


「ユノヒョンは、疲れるって言葉を知らないんですか?」
なんていつものお小言。
でも背中に回した手がキツいほど俺を手繰り寄せるから。
「…口だけ、口だけ、」
「は?///」

あ、しまった、…つい心の声が口に出ちゃって。
恥ずかしくなったのか逃げようとするのを、抱きしめたままベッドへダイブする。

「っ、や、…ヒョ、…!」
まぁだ言ってら。
「疲れたんだろ?少し休も、な?」
「……」

返事はない、…って当然か。
チャンミンの口は俺が塞いじゃってるから。


いきなり強く押しつけた唇に。
強ばった身体が俺の肩を押す。
口内でくぐもった声すら飲みこんでしまいたい。
舌を突っ込みチャンミンのそれを探す。
逃げたって無駄。
ねっとりの舐めるように絡ませば、徐々に抜ける力。

「…っ、はぁ、…」

小さく漏らした吐息は、この一週間ずっと追い求めていたもので。
何度この声を想像してひとりでシタか。
…なんてことは、口が裂けても言えないけど。


俺の首に腕を回し、自らも引き寄せて。
薄く色づきほてった身体から欲情という名の色を発して俺を誘うから。
抱きしめてキスするだけ、なんて予定は霧散して消え。
気づいたらチャンミンの服を剥ぎ取るように脱がしてしまい、
「っ、…はぁ、…ヒョ、ン、……時間、…」
言うことだけ冷静なチャンミンだけど、その手はしっかり俺の服を脱がせにかかってて。




「ん、…は、…あと、20分、……っ、」



どうにも我慢できず、お互いの素肌を感じあった。
止まらないキスのあいまに息継ぎして。
その度にチャンミンの顎を伝う唾液は、俺のかそれとも2人分なのか?
親指の腹でスッと掬えば、その指ごと手のひらで包むチャンミン。
ぎゅっと握って自分の頬へ擦り付ける。
その仕草がどうしようもなく可愛くて。


もう駄目、……痛いくらい主張する昂りをどうにかしないと身体に悪いよ。
それは当然チャンミンも同様で。
お互い無言のまま腰を揺らし擦り合う。
気持ちいいけどもどかしい。

「は、…チャンミナ、…っ、触って?」
「ん、…」


久しぶりのチャンミンの感触に、もうここが何処なのか忘れてしまうくらい興奮しちゃって。
夢中で扱きながら唇から首筋へキスを移動した。


ぽっかり開いたチャンミンの唇が、
「ああ、……気持ち、…いい、……、」なんて。
普段絶対言わないのに、そんなの、…
これは旅先の開放感ゆえか?そうなのか?


「っ、う、///」
そんなチャンミンのせいで呆気なく先に達してしまった俺。
そんなのも有り得なくてクラクラしてきたのに、
パッと目が合いクスッと笑われた、…気がした。


「っ、この!」
「ひゃっ!///」


大袈裟にしゃぶりついて、攻めに攻め。


「…ユノヒョンの、ばか、…」


チャンミンがぐったりするまでそれは続き、結局レンタカーの中から夕暮れ真っ赤に燃えるエアーズロックの岩肌を拝んだのだった。















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: ニヤニヤ…ニヤニヤ…

ゆうこさん。

この番外編はお友達のブロガー様いわく、壮大なユノの惚気話らしいです( ̄∇ ̄*)ゞ
『口だけ、口だけ』って、言っちゃうユノもユノですが、本当に口と手が別モノのようなチャンミンもユノを好きすぎて困ります~

2016/11/27 (Sun) 22:17 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point ニヤニヤ…ニヤニヤ…

ユノヒョンは、疲れるって言葉を知らないんですか?

から始まり、

まぁだ言ってら。

までの文章が、すごーく好きです。

口だけ、口だけ、と心の声がうっかり口に出るのも好きだし、
チャンミンが逃げようとするのを、抱きしめたままベッドへダイブする。のくだりも大好き。

情景が鮮やかに目に浮かびます。
ユノヒョン、嬉しくてたまらないんだろうなぁ。。

ニヤニヤしちゃって、もう私まで嬉しくなっちゃう。

だけど、たった1週間でこーんな状態になっちゃうなんて!
噂に違わぬ「○カップル」??(*⁰▿⁰*)
いいぞ。もっとやれー!

2016/11/27 (Sun) 21:50 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

swan様。

おはようございます(^o^ゞ
この2人の会話や仕草は本当に自然に出てきます。
『こうあってほしい』ホミン像に近いのかな?
その割りにはユノが残念ですけどf(^^;)←ユノペン
鈍感だったり無神経だったり、でもチャンミンを想う気持ちは揺るぎないほど強いの。
もうOnly Oneは変わらないですね(^w^)

そして、良かったです!
どうしてもswanさんには!と、押し売りf(^^;)
あのお話は私にとっても『特別』なんです。
ありがとうございます(*^^*)

2016/02/13 (Sat) 07:26 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/12 (Fri) 23:51 | # | | 編集 | 返信

point chika♪様

こんばんはー
コメントありがとうございます♪
今回のテーマは『ウルルの地で南十字星を見ながらイチャイチャしよう!』です(//∇//)

2016/02/12 (Fri) 22:54 | えりんぎ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point

U GET ME だぁー!
このシリーズの二人も大好物なのです(*´ω`*)。
そしてこの画像いいですねー!
星空バックのイチャコラするホミンちゃん。
素敵。

2016/02/12 (Fri) 22:03 | chika♪ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

na*様。 
 
こんにちは~
ホミン真ん中バースデーに甘々なお話を楽しんでいただけたら嬉しいです(^w^)
こちらの2人も環境も気分も変わり楽しいイチャコラ旅行だったと思いますよー(^-^)ゝ゛
久しぶりの更新なのにコメントありがとうございます♪

2016/02/12 (Fri) 17:42 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんにちは!
いろいろ調べるのは楽しいですよ(*^^*)
逆に読者さまはホミンな2人を読みたいからしつこい風景描写は邪魔だったりするかな?と気を使うくらいです。
ずっとOne more thingの手直しに時間をかけていたので、久しぶりにお話を書きました。
なので、甘々です(^o^;)
残念すぎるくらいチャンミン溺愛のユノを楽しく書けました~
そんなユノも好きと言ってくださって嬉しいです。
いつもありがとうございます♪

2016/02/12 (Fri) 17:37 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/12 (Fri) 11:41 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/12 (Fri) 08:36 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント