HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

紅-クレナイ-の人《15の風景》6

































チャンミンside






うつらうつらと夜を過ごし、いつもよりかなり早く食堂の手伝いへ行った。
ユノさんとはもちろん顔を合わせてない。
僕がいなければ、朝ごはんは食堂へ来るか適当にあるものですませてしまうだろう。

ユノさんは根っからひとりで生きていくことが染み付いてる人だから。






「おや?今朝は早いねぇ、チャンミナ。」


食堂の朝は早い。
誰もいないかもしれないと思った厨房ではすでに食堂のおばちゃんが仕込みを始めていた。
『食堂のおばちゃん』と子供達や職員からも親しみをこめて呼ばれるこの人は、施設を始めた当初からの調理員さんで僕の相談相手でもあった。


「おはようございます。」
「それに寝不足かい?目が赤いよ。またユノさんと喧嘩したんだね?」

そしてとても鋭い。
60代半ばのおばちゃんからしたら僕でもユノさんでも変わらないくらい年下のはずなのに。
僕のことはチャンミナ呼びなのに、ユノさんのことはユノさんと呼ぶおばちゃん。


「っ、べ、…べつに、」
「ふふ、今度はなんだい?
有り余るユノさんの体力についてかい?
それとも子供達にさえすぐヤキモチ妬くユノさんについて?」
「っ、///」


いつかぼやいた、『慢性的な睡眠不足』や『子供達に甘すぎる自分』という悩みもこの人を通すとどうしてもユノさん絡みに変換されてしまう。
そしてそれが当たってるから驚くんだ。


「ち、違うよ、…だって、勝手なんだ。」と、つい話してしまうのもおばちゃんの人柄だろうと思う。


そして、
「──犬も食わないね、そりゃ、」
そう呆れられるのもいつもの。








この施設には現在30人の子供が入所していて、おばちゃん含め6人の職員が働いている。
子供5.5人にひとりの職員が必要という法律へ改定されたにも関わらず実際なかなか難しいなか、子供達を取り巻く環境や職員の数などかなり恵まれた環境だと思う。
それは経営者という立場のユノさんが利益重視よりも環境の充実を目指してるからであり。
代理で施設長を兼務する牧師さまのあたたかさでもあった。


朝早くから食堂の手伝いをし、子供達を送りだす。
ホッとしたのも束の間、あっという間に帰ってくる子供達の相手をし、せがまれるまま歌を歌う。


子供達は可愛い。
ここにいる子供達は何かしら深い傷を負った子供ばかりで。
親の顔を知らず捨てられた自分が幸運だったと思ってしまうほど両親に虐待を受けた子供だったり。
幼い身で肉親の突然死という深い悲しみを負った子供だったり。


それでも最初は遠巻きに覗いてた子供が、歌う僕へ少しずつ近づき、そのうち『思い出の曲』を歌って?と請う。
歌を通して癒しを与えられる今の現状に幸せを感じていたし、満足もしていた。


それが『子供の何気ないひと言』による不安。
職員ではない僕はここでは何の名前も持たず、中途半端な存在で。
不満とか、…そういうのとは少し違う。
不安定さが怖いとか、…こんなのユノさんに言って理解してもらえる気がしない。





「ほら、チャンミナ。手伝っておくれよ?」

厨房から呼ぶおばちゃんの声に、朝っぱらから辛気くさいのはやめようと頭を振りエプロンを手に取った。




「仕事をね、」
「ん?」
「…外でしたいと思ったんだ。」
「ああ、喧嘩の原因かい?」


「どんな仕事でもいいっていうのは駄目だって。」
「そりゃそう言うだろうねぇ、ユノさんなら。」
「僕の仕事はコレですって胸張って言えて、人や社会のためになってるって思いたいだけなのに。」


「……あんた、子供みたいなこと言うね。」
「っ、うっ、」


おばちゃんにまでユノさんと同じこと言われた。
ムッとした顔を隠しもせず、味噌汁へ入れるネギをザクザク乱暴に切る僕へ。


「あんたはここで充分役に立ってるじゃないか。子供達もあんたに凄くなついてるし。」


ザクッと切った切れ端がコロンと転がる。


「…ユノさんの方が、……なつかれてる。」


手を止め僕を見つめるおばちゃんの方までコロコロと。


「そりゃ、初耳だ。」
「子供達はみんなユノさんに憧れてるし、ユノさんの言うことは絶対だと思ってる。」


普段意識してるわけじゃないのに、口にして初めて知ることってある。
僕はユノさんを妬んでた?


ふふっと笑いながら手元の切れ端をボイと鍋に入れるおばちゃん。


「なんだい?結局は籠の鳥みたいに身のうちに仕舞っておきたい男とそこから飛び出したいチャンミナの喧嘩ってわけかい?」
「っ、ちが、…!」


飛び出したいわけじゃない、ユノさんのいない自分なんて考えられない。




「───重荷に、…なりたくない、…だけ。」





時々向けられるあまりに淡白な態度に。
ユノさんの気持ちが分からなくて。
だからこそ自分である意味を求めたのだと、──知ってしまった。









その日ユノさんは食堂へは来ず。
仕事で帰りが遅くなるということを牧師さまを通して知った。


情けないことにユノさんがいないというだけで歌う気すら起きず。
広間の窓から葉が落ち枝だけになった柘榴の木を眺める。


「おまえの子供時代をずっと見てきた木だ。その分身を植えたい。」

そう言って教会の柘榴を貰い、挿し木して育てたよね。
それが今年初めて真っ赤な花をつけた。
嬉しくて嬉しくて。
花びらを押し花にまでしてしまう僕を笑うことなく、ぎゅうっと抱きしめ。

「──俺にも作って?」

そう囁いた愛しい人。














にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: キューーーーン(///∇///)

はま*様。

んふふ、面白い(^w^)
年上の旦那様。
無いようでいてちゃんと包容力抜群ですよ、きっと。
仲直りもね、私の話なのですぐですよ~(^o^;)
私、こんなんだから70話とか80話とか長いお話が書けないんだなぁと思ったりしますf(^^;)
コメントありがとうございます♪

2016/02/22 (Mon) 18:40 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんは。
さすがですね!
食堂のおばちゃんはStrawberry candleのスヒさんポジションです(^o^ゞ
こちらのリクエスト主さまより本当はStrawberry candleの名前もでたんです。 
でも私、書けなくて(ノ_<。)
色々考えたんですけど、Strawberry candleだけは書けない気がします。
もう私のなかでは完成品になっていて手を加えちゃいけない気がしちゃうんです。
その点、紅はまだまだ未完成なので(^o^;)
ということで、少しStrawberry candleっぽさを出すためにおばちゃんを出してみました~←安易ですが

2016/02/22 (Mon) 18:30 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

yone****様。
 
こんにちは。 
トラブルですか?f(^^;)
こちらはもう大きな心と妥協ですね~
ユノとチャンミンを思い出して、『こんなに幸せもらってんだから(あなたにじゃないけど)少しくらい広い心で見てやるかぁ』ってのはどうでしょう?
私はいつもこの手でトラブルも減りましたよ(^o^)v

チャンミン考察もありがとうございます。
分かっていても悶々としちゃうのでしょうか?
ユノ目線、もしかしたら出ないかも。
ユンホsideとミヨンsideがあるのでごちゃごちゃにならないかな?
出るとしてもまとめかな?
んー、まだ終わりが見えません(´▽`;)ゞ

2016/02/22 (Mon) 18:24 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

na*様。

こんにちは!
2度のコメントありがとうございます(//∇//)
映像化されてます?
嬉しい(^w^)
もちろんバックハグですね!
2人のイメージはタイトル画なんです。
最初違うチャンミンで作ったんですけど、やっぱりちょっと違う!ってチャンミンだけ変えたの。
私のタイトル画は加工画を作ってらっしゃるブロガー様とは違いただイメージを投影させたいだけの下手っぴ画像なのでf(^^;)

そうです、柘榴はそんなイメージです。
あと『紅』色にこだわったからでしょうか?
『柘榴石』とね。

基本、いい人の周りにはいい人が集まりますのでユノとチャンミンの周りはいい人だらけです(^o^;)
根っからの悪い人なんていないんですけどね。

コメントに画像を添付することができたら、na*さんのイメージの2人知りたいなぁと思っちゃいました。

2016/02/22 (Mon) 18:12 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point キューーーーン(///∇///)

やっぱり紅のユノさんしゅてき(#^.^#)俺にも作ってって、、、言われたい‼実は私のダンナさん8歳年上なんですが、あんな包容力無いです( ´△`)まぁ私もチャミみたいじゃないから仕方ないか(*´ω`*)ゆっくりゆっくり進むお話、噛み締めながら読んでいきたいと思います‼でも早く仲直りして欲しいな(^w^)

2016/02/22 (Mon) 17:42 | はまみ #ffVU29mw | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/22 (Mon) 15:29 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/22 (Mon) 09:38 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/22 (Mon) 07:48 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/22 (Mon) 07:26 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント