HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

紅-クレナイ-の人《15の風景》7


































チャンミンside





一日中ぼんやり過ごしてると喧嘩の原因が何だったのかなんてどうでもよくなる。
本館に僕がいるのなんて分かりきってる筈なのに、さっさと素通りして自宅へ帰ったユノさんが恨めしいよ。


こうなると意地でも無視してやる!って思うのはやはり僕が子供っぽいのかな。
ちょうど調べものがあったので、事務所に長々と居て。
資料をめくるたびにため息をつくというどうしようもない僕。
どうせ今夜もリビングのソファーで寝るんだし、そろそろ帰ろうとした矢先。
ガタンッ、と食堂の方から物音がした。
まさか、ユノさん?
なんて都合のいいこと。
頭に浮かばなかったと言えば嘘になるけど。
考えてみればほとんど足音をさせないユノさんなわけないじゃないか。


食堂のドアから覗いたら案の定ユノさんの姿はなく。
小さな電球だけ点したほの暗い部屋に居たのは、ユンホくんとミヨンだった。


どうやら椅子を倒したらしい。
ユンホくんが気まずそうな顔をしている。





あの日教会で僕を天使だと抱きついてきた彼ももう15歳になる。
怪我をした僕の元へ5時間かけて来てくれた。
僕を守ると、あのユノさん相手に一歩も引かず言い放った子。

それがこの1年ほど僕を避けるようになって。
思春期だし反抗期もあるのか、仕方のないことだと諦めていた。
僕のなかのユンホくんはいつも10歳のユンホくんで。
たびたび訪れた教会で僕の隣にちょこんと座り、うっとり僕の歌に聴き入り真っ直ぐ愛情を示してくれたユンホくん。


ユノさんを失ってしまうと怖れ、ハラハラ泣く僕へ歌ってくれた『慈しみ深き』は今でも僕の宝物で。


「…俺、大人になる、……急いで大人になるからっ、…俺がチャンミナを、守るから!」

痕が残るほど必死に僕の腕を掴んだあの小さな手も今では僕のとそう変わらず。
受け入れられないのに彼の気持ちがじんわり心を潤し、あの頃の僕を支えた。



もう覚えてないよね?
悪ぶって背伸びするけどやはり幼かったユンホくんも、たった5年で見違えるほど大人になった。
ぐんと背が伸びもう彼のつむじは見えない、代わりに人を射るような切れ長の眸が驚くほど近くに。
男らしく筋肉のついた体は華奢のようで案外がっしりしている。


それに。
やっぱりというか予想通りというか。
ますますユノさんに似てきたユンホくん。
骨格が似てるのだろうか、すっきりした額から涼しげなのに印象強い眸、整った鼻梁から顎のラインと上品でいて色気を纏わせる口元。


与える印象が本当に似てる。
きっとユンホくんもそれに気づいてると思う。
わざと髪型や服装で変えようとしてるのが分かるから。
そんな彼をつい見つめてしまって、目が合った途端勢いよく逸らされたり。
子供の頃から何かとユノさんへ競争心を燃やしていたユンホくんだから、きっと嬉しいはずないのに。
一番理解してあげなきゃいけない僕が見惚れてちゃ駄目だろ?と反省することもしばしばなんだ。




そんなユンホくんが夜中に女の子とこっそりお喋りなんて。
彼の成長が嬉しいような寂しいような。
邪魔しちゃったみたいで悪かったかな?と一応謝ってみるけど、最近の彼がそうであるように今回もまた無視されて。
それでも、

しょうがないな、…でもいつか、ユンホくんの恋愛話を僕にも教えて?


そう思うくらい、ユンホくんに対しては広い心と深い愛情を持ってるつもりでいたんだ。











翌朝、連日の早起きに呆れ顔で笑うおばちゃん。
「チャンミナはホンット分かりやすいね。目が腫れてるからもう一度顔を洗って冷やしてきな!」
そう言われ追い出される始末。


「僕の目が腫れてたっておばちゃんには迷惑かけてないのに、」
ブツブツ文句言えば、グーの拳が脇腹にはいった。
「そんなシケた顔でよく言えるね!澱むんだよ、空気が。ついでに側へ寄れないほど負のオーラ出してるユノさんにも言っといてちょうだい。」

痛っ、と押さえた脇腹をさらにつねられ、
「あんたの歌声で施設中どれだけの人間が癒されてると思ってんだい。早く歌えるようにとっとと仲直りしな!」
とまで怒鳴られ。


なんだか僕は笑えてしまう。
アチコチ痛いけど、この痛みに含まれた愛情に笑えてしまうことってあるんだ。














にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: タイトルなし

yone****様。

こんにちは!
ツレナイ素振りしても負のオーラ出しまくっちゃうところがポイントです。
結構な年上設定ですから余裕ぶりたいんでしょうねぇ。
でも内心はいろいろとね(^w^)
チャンミンは、我慢強いと思うんです。←リアルね。
良くも悪くも天然なユノとずっ~と一緒にいて鍛えられた気がします(^o^;)
でもユノにはそれを上回る魅力があるからこそ、なんですけどね~

あのね、リクエスト主様といって無理にコメントくださらなくていいですからね~
お暇なときに。 
無理はなしですよ(^o^ゞ

2016/02/24 (Wed) 18:09 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

na*様。

こんにちは。
チャンミンの紺色トレーナー!
もっちろん、覚えてますよ~(//∇//)
むちゃくちゃ可愛かった!
実は前日にユノと会いました~♪って時ですよね(^w^)
私も大好きなサジンなので、U GET ME~君のいない夜~のタイトル画で使ってます。
na*さんの紅の2人のイメージ!
服装まで細かくイメージしていただいて嬉しいです。
私もユノは黒髪が好き。
We are T~first memories~を復習して、stillの茶髪も可愛いのですが(遠目でみるとSM○Pの中○くんに見える時があったの)やっぱり大人っぽい黒髪が好きです(^w^)
チャンミンはそうそう!ブルネットの明るさ!
いろいろ想像して読むのって楽しいですよね。
他の方のお話を読むときも必ず『あの時のユノとチャンミン』って画像が浮かびます♪

2016/02/24 (Wed) 18:01 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/23 (Tue) 18:10 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/23 (Tue) 17:35 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

チャミ****様。

こんにちは。
そうなんです、天使チャンミンは純粋がゆえにユンホくんを惑わせてます~f(^^;)
このお話の空気感。
書いてる本人にはよくわかりませんが、U GET MEにはなくて、紅にはあるって感じでしょうか?
(ユノが無駄にお喋りじゃない、とか?)

2016/02/23 (Tue) 17:26 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんにちは。
『慈しみ深き』を歌ったユンホくんが声変わりしていなかったことまで覚えてくださってました?
ありがとうございます~(//∇//)
続編ではあるけど、前の出来事や台詞などバンバン書いちゃうので初めて読む方には不親切な話になってますf(^^;)←毎回ですけど。
食堂のおばちゃんには今後も活躍していただきますよ。
この人のおかげで紅がホンワカした気がします。

Strawberry candleについてもありがとうございます!
One more thingに並ぶ大切な話なんです。
と言っても大切じゃない話なんてないんですけどね(^o^;)
いつもありがとうございます。

2016/02/23 (Tue) 17:21 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/23 (Tue) 16:42 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/23 (Tue) 09:19 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント