HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

Strawberry Candle(25)






































~チャンミンside~













────額に、目蓋に、・・そして頬に。



何度も何度も柔らかい感触。
焦れったいくらい繰り返される所作に。




「ぅん、・・ユ、ノ、・・スコーン、」



このままではおかしくなりそうで。



「ん?・・さっき、・・ドアの前で食ってた、・・だろ?」



「ちがっ、・・未遂、・・っ。///」




言葉はなんの意味も持たず、ただお互いの熱だけを感じはじめた頃、





─────コンコン、と。



ビクッと肩が跳ねてすごい勢いで心臓が鳴りだした。



バッと身体を引いたのに、それを許さず離れようとしないユノ。





「───ユンホ坊ちゃん?チャンミンも居るんでしょ?・・忘れもんを持ってきてあげたんだけど?」


────スヒさん?









「せっかくの焼きたてをまだひとつも食べてないじゃないか!それに・・忘れないようにって、何度も言ったのに。」



ブチブチ言いながら部屋の奥まで入ってきたスヒさんが、ドンッとサイドテーブルに置いた籐のカゴ。
そこにはスコーンに塗るためのイチゴジャムやクリームチーズが入っていた。




「ああ、・・忘れてました!///ありがとうございます!」



他にも小瓶がいくつか入っていて、物色してる僕の隣でかなり仏頂面のユノ。




「おや?お邪魔だったかい?ユンホ坊ちゃん。」



気持ち悪いくらいニヤニヤしてるスヒさんだけど、赤ん坊の頃からお世話になってるこの人にはさすがのユノも頭があがらないようだった。



「・・・分かったから、もう行けよ。」ってボソッと言うだけ。





スヒさんときたら、───ふふん、っと鼻をならして、

「私はねぇ、人の恋路を邪魔するのが大好きなんだよ!」とか。




「こ、こ、こいじっっ?/////」



焦って挙動不審な僕にケラケラ笑うスヒさん。


「なんだい?違うのかい?」



また、にた~~っと僕を覗きこんできて、───ああ、・・遊ばれてるよ。




さっきまでの行為で、篭もった熱が発散出来ずクラクラしてる僕の肩をグッと引き寄せ。




「ふん。───違わねぇよ。」なんて事も無げに言っちゃって。




カアァァァァ・・・・////////////‼




さらにゲラゲラ笑うスヒさんと。
逃げようとジタバタする僕を今度は両手で囲い込むユノと。



この2人は僕をどうしたいんだ?//////





ふとテーブル上の缶コーヒーの空き缶に視線を向けたスヒさん。
そこには以前挿してあったホタルブクロではなく、中庭の藤棚からお願いして貰ってきた藤の花が生けてあった。




「───きれいだねぇ。あんたがやったんだろ?チャンミン。」



「はぁ、・・まぁ、///。」


ホタルブクロが枯れちゃって、急に寂しくなったのが我慢できず、つい庭からいろいろ貰ってきては生けるようになってしまった。




「そういえば、・・聞いたかい?」




「いいだろ?もう!///」


急にカァと顔を赤くし大声をあげたユノに、僕はもう興味しかない。



「なんですか?」って言いながら、スヒさんを止めようとしたユノの手の甲をキュッとつねった。



「痛ってぇ!」



またケラケラ笑ったスヒさんの言うことには、───。





出張の日の朝、あまりに冷たいユノの態度にスヒさんが言った言葉。



「いつまでも枯れない花なんてないんですよ!───ユンホ坊ちゃん?」







植物図鑑を見ながら、──すごく思い入れのある花なんです!って確かに言った。
でもそのまま忘れていたのに。
さすがに屋敷の庭にはない花を。
探してくれたんだね。


最初は人を使って採ってきたその花を、素直にプレゼントするにはひねくれ者のユノ。




「突然、枯れたって言ってくるから何のことかと思ったよ、この坊ちゃんは。それで言ってやった、──自業自得ですよ、ってね。」


ニヤッ、と意地悪な笑み。
隣の人は諦めたのか、それでも拗ねたようにそっぽを向いていた。




「で、知らんぷりしてたら、自分で探してきたよ。何度も頼むのは恥ずかしかったんだろ?でもチャンミンには見せてやりたかったんだよね。」




「ふふ、可愛いところもあるじゃないか?ねぇ、チャンミン?」




───え?///


突然振られても、・・////
何て言っていいか分からず、さっきつねってしまったユノの手をスリスリとさすってみた。




その手をギュッと掴まれて、────






「───枯れる前に素直になれ、って事だろ?分かってる、・・ってか、思いだした。」




「俺は、後悔するような生き方はしない、って。」




ユノの長い指が絡まった僕の手にそっとキスをおとす。




「────そう誓ったんだ。」







目の前ではスヒさんが、困ったようにため息をついて。
それは嬉しそうにも見えたし、・・・悲しそうにも見えた。




























拍手コメ
M***様 にやにやしてください(^w^)
ユノチャミのバカップルぶりが大好物なので♪



















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

point Re: こんばんは☆

こんばんは~
白神起、私も大好きです(〃∇〃)
今、書いてるのが終わってからになりますが、どちらの2人が動き出すか、お待ちくださいね♪
基本的に格好いいユノ、きれいで可愛いチャンミンしか書けないのですがf(^^;
こんな私の文章を好きと言っていただけて、とても嬉しいです(#^.^#)
strawberry candleはこれから。ですよ?(^w^)

2015/05/18 (Mon) 00:50 | 羽*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/18 (Mon) 00:34 | # | | 編集 | 返信

point Re: またまたおじゃまします☆

おはようございます(#^.^#)
気を使っていただいちゃいました?スミマセン(^-^;
実は送っていただいた設定と似たお話を知ってまして、どうしたら真似しないようにまったく違った感じのお話になるかなぁ、って考えてました。
なので、羽*さんの浮かんだユノチャミとは違う2人になるかも、です。
SPURの2人、素敵ですよね?(〃∇〃)
花に囲まれてさらに美しい2人。ため息でちゃう~
私、不器用なので一気にいくつものお話を考えられません。
順番になってしまいますが、出来れば最初の設定で妄想しつつ、私の中の2人が動きだすのを待ちたいと思います(#^.^#)
そんな感じで良いでしょうか?(^o^)v


2015/05/17 (Sun) 06:39 | 羽*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/17 (Sun) 00:21 | # | | 編集 | 返信

point Re: こんばんは☆

おはようございます(#^.^#)
さっそくありがとうございます~~(//∇//)
自分では思いつかない分野?のため、ドキドキしてますがf(^^;
なんとか形にできるよう頑張ってみますね!
気長にお待ちいただいてよろしいでしょうか?
よろしくお願いします(^w^)

2015/05/16 (Sat) 08:33 | 羽*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/16 (Sat) 00:19 | # | | 編集 | 返信

point Re:

おぉ(^w^)
ラッキーセブンも嬉しいですね!
ユノとユノパパそしてチャンミン。
これが今後のお話の中心になります。
隠れてコソコソつき合うとか、出来ない人ですから。ユノは。(^w^)

2015/05/15 (Fri) 15:44 | け**様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: おめでとう〜

お久しぶりです(#^.^#)
狙ってくださったんですか?
私も狙ってみたんですけどね、駄目でしたよf(^^;
いつもありがとうございます~♪

2015/05/15 (Fri) 15:38 | ま***様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: 10000回突破おめでとう🎉

ありがとうございます!(#^.^#)
思ったより早くてビックリしてます。
やはりランキングや拍手はテンションあがります!
ボチッとするのも結構面倒くさいと思うので、本当にありがたいです(^w^)

2015/05/15 (Fri) 15:35 | ブ*****様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/15 (Fri) 13:57 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/15 (Fri) 07:24 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/15 (Fri) 05:34 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント