HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

紅-クレナイ-の人《15の風景》17



































ミヨンside





「あんた、…いわゆるマザコンでしょ?」



言ってやった!
ずっとずっと思っていたこと。


生まれて最初に見たものを親と思うヒナのように。
親に愛されず孤独な子供時代に初めて慈愛を与えてくれた人。
その人を愛してると信じてしまうのも無理はないと思う。



でも気づいて。
もっと周りを見て。
私だってユンホへ与えられる!


…と言いたいのに、天の邪鬼なこの口は余計なことばかり言って怒らせてしまう。
小さな子供を叱るようにチャンミンさんに怒られるユンホを見て、ザマァミロ!と思ってしまう私は性格が捩れてるのかもしれない。



結局朝ごはんを取らず部屋へ戻ってしまったユンホに、
「ミヨン、こそっと作ってきたからユンホくんに届けてくれる?」
そうチャンミンさんから渡されたおにぎりはちょっぴり不恰好で、でも愛情だけはつまってる気がした。


「え~?あんなヤツ朝ごはん抜きでいいのに。」
表向きはそんなこと言う私へ。
「そんなこと思ってないくせに。ついでに仲直りしてきなよ?」
なんて、なにか誤解してるっぽいチャンミンさん。




「ミヨン、」


食後、部屋へ戻る私に声を掛けてきたのは今度はユノさん。
振り向きざまポーンと何か投げられて。
慌てて受け取ったカロリーメイト。
「それ、ユンホへ届けてやって。あ、俺からって言うなよ。」なんて。



見た目も性格もまったく違うユノさんとチャンミンさんだけど、どこか繋がっていて。
これほどしっくりとお似合いの2人っていない。
ユンホだって分かってる筈なのに、何をあがいてんの?って呆れちゃうんだ。








****







土曜日の昼下がり、小学校で行事があるらしく小学生がいないというだけで寂しいくらい静かな中庭。
そして今日もまた不機嫌なユンホ。
この寒いのに吹きっさらしのベンチで物思いに耽ってるらしい。


ユンホの視線の先は、クヌギの木。
チャンミンさんの定位置。
枯れ葉が落ちきらず不安定に揺れるのが寂しいような、頑張って落ちないでほしいような。




「っ、ほんと、アイツ、…どうしようもない。」


昨日の進路相談へはチャンミンさんだけじゃなくユノさんまで行ったらしい。
私は別の日だったから牧師さまでよかった。
あの2人と校内を歩くとか、目立ちすぎて逆に罰ゲームよね。


ベンチに座るユンホの背中が思いっきり暗い。
何かあった?
まあ、あの2人と一緒なんて甘すぎて想像しただけで悪酔いしそうだけど。



「ユンホ、何やってんの?」
少しくらい慰めてやるか、と声を掛ける。
チラッとこちらを見たのに知らん顔。
ユンホめっ!


気にせずドカッと隣に座ったら、すかさず間をあける。
ユンホめっ!




私はね、あんたが好きなのよ!と言いたい。
言ってしまいたいのに言えない私がいる。
ユンホの本気が垣間見えて、怖くて言えない。
私の好きがユンホのそれを超えるまで、もう少しもう少しと。





2人して特に喋ることもなく、誰もいない中庭を眺めた。


「…チャンミナは、…」
ポツリ漏らしてシマッタ、って顔。
ほんと、ユンホを輪切りにしたらチャンミンさんが出てくるんじゃない?ってほど、チャンミンさんで占められるユンホの脳内。


「チャンミンさんは小学校。」
「……。」
「ユノさんは仕事みたい、カン社長が迎えに来てたから。」
「…聞いてない。」


勝手にユノさんをライバル視してるのが丸わかりだから子供っぽいっていうのよね。



「あの木、…チャンミナの木、なかなか枯れ葉が落ちないんだな。」

いきなりそんなことを言う。
チャンミナの木って何なのよ?
聞いてるこっちが恥ずかしいっつの。


「あー、クヌギね。」
チャンミンさんがいつも背を預けてる木。
秋には子供みたいにドングリを拾ってたよね。


「クヌギは落葉樹だけど、春になって新しい葉が出るまで古い葉が落ちないんだって。落ちずに頑張ってるから受験生には縁起いいらしいわよ。」
そう言ってるのに、
「ふーん、…新しい若芽で古い葉は落とされるのか。」
ってさ、微妙に言い回しおかしくない?



隣で、…ハァ、と大きなため息が聞こえた。
ユノさんとチャンミンさんの衝撃の仲直りを目撃してからずっと元気のないユンホだけど。
今日はさらに元気なくて。


「なあ、ミヨン。」


急に思いつめた顔するから緊張してしまうのに。




「セックス、…したことある?」



「っ、は?」


「だから、セッ、…
「わ、分かった、分かってるから言わないで!///」



なんなの?なんなの?///
いたいけな女子中学生つかまえて、いきなり!///


自慢じゃないけどキスだってしたことない。
それを、セ、セ、…セッ…とか、…///



「ユ、ユンホは、…キスしたことあんの?」


まずはそこからでしょ?と聞いてみる。
間髪入れず、「ある。」なんて堂々と。


「カイに聞いたけど、子供んときのイタズラで猿みたいにぶら~んとしたやつはノーカウントだからね!」
「……。」


やっぱりソレのこと?
そんなのキスしたうちに入るわけないじゃない。
当時を知らない私は同級生のカイに聞いた話しか知らないけど。


「あれは、キスだ。」


それでも言い張る強情なヤツ。
そのあと現れたユノさんにあっさりチャンミンさんをかっさらわれたって聞いたわよ。











昨日はユンホの進路相談があって。
ユノさんとチャンミンさんも一緒で。
いつもなら夕飯は食堂へ来るパターンなのに。




「なあ、セックスさせて?」
「っ、は、はあぁ?///」




食堂のおばちゃんへ、早めに手伝いますねと言ってたらしいチャンミンさん。
それが何の断りもなく姿を見せず。



「そんなにいいもんなのか、───試させて?」




知識と興味だけ無駄に豊富な私は何となく分かってしまう。
チャンミンさんがその日は顔を出せないわけや。
翌日隠しても隠しきれない色香。
そんなのユンホだって、きっと、───。




「…1回でいいから。キスもしないから。」
「っ、…///!」



無性に腹が立った。



「っこのぉ、大馬鹿ユンホっっ!」



そのキスが。
私が欲しくて堪らないものだなんて、
この無神経野郎には絶対言うもんか!



そう誓いながら、ユンホの足へ蹴りを入れ呻くヤツを置き去りにその場をあとにした。











*********************

おはようございます、えりんぎです。


紅-クレナイ-の人《15の風景》にいつも沢山の拍手やポチありがとうございます。
ちょっとユンホくんマセ過ぎじゃないか?とか
チャンミン鈍感天使だな、とか、
思われてる方も多いかと(^o^;)

そう感じつつ話は自己満足気味にアレな感じになってきます~
コメントを頂けば嬉しくてお返事せずにはいられませんし、(こちらのコメントに限りますが)
何か聞かれれば答えちゃうネタバレ人間です。
と言うことで、明日からのコメント欄をしばらく閉じさせていただきますね。
お口にチャック!ということで(´▽`;)ゞ


いつもコメントくださる方、本当にごめんなさい~
でも多分コメントしづらい内容になる、かも?←その時の思いつきや脳内ホミンの動きでコロコロ変わるので何とも言えませんが。



では、もうしばらく続きそうです(^o^ゞ





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 初めまして!

と*様。

はじめましてー!
おぉ、20万拍手キリ番おめでとうございます(^o^ゞ
いつも応援ありがとうございます。
リクエストはね、出来れば過去作品じゃない方がいいんです。
『こんな設定の2人』というお題の方が私としては書きやすいんですよ。
どちらにしてもかなりお待たせする形ですが、もし浮かびましたらいつでもお知らせくださいねぇ(^w^)

2016/03/05 (Sat) 13:31 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/04 (Fri) 20:57 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ずん*様

こんばんは。
分かりますよー(^o^;)
ミヨンちゃんが不憫でたまりません。
人って自分が傷つけられることには敏感だけど、人を傷つけることには鈍感だったりしますもんね。
なんだかとっても人間臭いお話になってますf(^^;)

2016/03/04 (Fri) 19:13 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんは。
心苦しいのですが、私自身も色々迷っちゃってるのですみません(;>_<;)
それにね、息子がインフルエンザかかっちゃって。
どうも私もうつったらしいですよ(T-T)
日曜日の公式戦。。。
息子はもう明日から外へ出れますが私は無理。
かなしーーーっ(T-T)


あ、チャンミンのビフォーアフターに笑えました(^w^)
では!

2016/03/04 (Fri) 19:10 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

tai***様。

緩~く見守ってくださいねf(^^;)
それとちょうどよかった?ことが。
実は息子が月曜日からインフルエンザにかかっておりまして、今日私も発熱いたしました(T-T)
病院ではインフルエンザの反応がなく、何年も熱なんて出してないのに怪しいですよね~
特効薬は出してもらえたのでそれ飲んで、ただ今ベッドの中です。
tai***さんの反応が気になるところですが、またいずれ教えてください。
では!

2016/03/04 (Fri) 19:03 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/04 (Fri) 07:31 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/04 (Fri) 06:42 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/04 (Fri) 05:47 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント