HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

好きと言えたら…~ビョーキかもしれない~4

































ユンホside







ほっそりとなで肩の後ろ姿を追う。
チラッと目が合って微かに頬を緩めたチャンミン。




なんだよ?
な、どうして兄貴に抱き締められてんの?
隙を見せるなよ。
俺がどんな気持ちでいつも実家で会ってるのか。
パリパリに糊のきいたエプロンがいい感じに使い込まれるのを、どんな思いで見てたのか。
おまえ、何も分かっちゃいない。



出来れば今すぐチャンミンの肩をつかんで事の成り行きを問い詰めたいところだけど。
担当の編集者と一緒ではそれも叶わず。
ただ黙々と歩く俺達。



チャンミンがずっと憧れていた兄貴。
常に俺の前を歩く両親自慢の。


仕事を終え女性担当者を駅まで送る道すがら。
外灯に照らされ、ひとつに重なり伸びた影を俺はいまだに消化できずイライラは募るばかりで。




「チャンミンさんにもう一度読者モデルの件を打診しようと思ってたんですけど、……えっと、諦めた方がよさそう、…ですよね?」


ついさっきのやり取りを見てたからか、おずおずとそんなこと言う担当の彼女。
俺は、「ですね。」とだけ。
どう思われてもいい。
チャンミンを派手なモデルの世界にやるつもりはなかった。


それで終わればいいのに、あろうことか探りを入れようとする彼女。
「チャンミンさんって、ユンホさんの何ですか?」
「っ、え?///」
ほら、すぐ真っ赤になるから。
あたふたと適当にごまかす姿が目に浮かぶ。
いつ助け船をだしてやろうかと少しだけ様子見。



「えっと、ですね。」
「親戚?って感じでもないですよね。」



「僕は、…ユンホさんの、鹿、なんです。///」
「え?」


「は?///」
ちょっと待て、彼女は俺の担当者で。
勿論あの絵本にだって携わってる。
だから夕食のときに絵本に力を入れるとか何とか言ってただろ?


チャンミンが満足げに頬を染めニッコリと笑った。
いや、俺の方がきっと真っ赤。
恥ずかしくて顔があげられないのに。
彼女の、「じゃあ、ユンホさんは虎ですか?」って問いに。


「───はい///」なんて。







─────っ、////////


可愛い、…ヤバいくらい可愛いけど恥ずかしすぎる。
言葉なく無言の俺と、
言ってる意味が分かってんのか、…無邪気に微笑むチャンミン。




「……っ、ぷっ、」


沈黙を破るように吹き出したのは担当者の彼女。


「チャンミンさん、面白い人ですねぇ。」
クスクスと笑いが止まらないようで、どうして笑われてるのか分かんないらしいチャンミンはさも心外だと言わんばかりの。



「べ、べつに面白くなんか、…」
「ふふ、…ね、あの絵本に続きがあるのを知ってます?」


「あ、ちょっ、…!」


あれはまだ入稿したばかりで活字にさえなっていないのに。


「え?続きがあるんですか?///」
チャンミンは目をキラッキラさせて、彼女に掴みかかりそうな勢い。
「駄目だろ、守秘義務!」
なんとか止めようとしたけど、ノリノリの担当者とチャンミンを止めることは出来ず。




「虎はね、鹿のことが可愛いのに食べたくてしょうがなくなるの。でも食べちゃったら鹿はいなくなるでしょ?」
「お、おい、…!」


「食べたくて食べたくて、…でも鹿を失うことを想像しただけで苦しくて。」


「自分はビョーキかもしれない、って思うのよ。」
「……ユンホさん、…///」
「っ、だからっ!違うって、///」



只でさえ恥ずかしいのにこんなこと暴露され、力ずくで止めさせたくても出来ない。
ぎゅうっと、チャンミンが俺の手を握るから。
それを振りほどくなんて、出来なくて。



「…でね、来る日も来る日も鹿を食べてしまいたい衝動と鹿を失いたくない葛藤で悩むの。自分はビョーキなんだってどんどん弱って食事も喉を通らなくなるほど。」
「え、…それで?」


俺の手を握るチャンミンの手が汗ばんできたのは気のせいか。
そんな真剣に聞かれちゃったらさ、ホントもう、困る。
必死に隠してきたものがボロボロ剥がれて見透かされそうで。



「ふふ、…あとは秘密です。絵本になったらプレゼントしますね。」



「え、っ、えーーーっ!」



盛大にブーイングのチャンミンを軽くかわしニッコリと俺を見て、
「コレ、貸しですからね!」とウィンクしてみせた担当の彼女。



どうしてコレがそうなるのか、


「あの、僕、忘れものを思いだしたので、…やっぱり戻ります。」


駅の改札で突っ立ったまま、そう言いだした時やっと理解した。







目配せしながら改札を通っていく担当者と別れ、チャンミンとたった今歩いてきた道を戻る。
何となく気まずくてお互い無言。
それなのに俺の手を握ったままのチャンミン。
駅前から裏道へ入るまでは人通りも多くて恥ずかしいけど。
やっぱり振りほどく気にはなれない。



時々、ぎゅっぎゅっと力が入る。
2回だったり3回だったり。
何かの暗号みたい。
試しに俺も握り返してみた。
俺のは念をこめて。
チラッとその横顔を覗くけど、わざとらしいくらい目の前の一点を凝視してる。



緊張、…してんのかな?
それとも余程大切な忘れ物で俺のこと、眼中にない?





───食べたい、…食べてしまいたいよ、チャンミナ?




そんな、…念。
おまえに届くかな?















にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: か、か、可愛いいいい〜(//∇//)

ゆうこさん。

この辺りが書きたくて書いた話です。
僕はユンホさんの鹿なんです。なんて天然すぎの天使ちゃんでしょ?
我慢我慢のユンホさんでした( ̄∇ ̄*)ゞ

2016/12/11 (Sun) 17:50 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point か、か、可愛いいいい〜(//∇//)

チャンミン、可愛すぎる!ヤバイくらい可愛すぎます!!
もともと可愛いチャンミンですが、
天性の天使ちゃんなんですね!

僕はユンホさんの鹿なんです
なんて。
ユンホさんは虎ですか?に、
素直に、はい。なんて。
満足気に微笑むチャンミン!
可愛いすぎて鼻血でちゃう

ギュッギュッと暗号みたいに握ってくる手。

食べちゃいたいからビョーキかもしれないなんですね!
そういう意味かーなるほど。
ユンホさんは確かにアメブロと雰囲気違ってきてるけど
不器用で無口なユノを狂わすほど天使なチャンミンだからしょうがないです(*⁰▿⁰*)

2016/12/11 (Sun) 17:39 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re: 可愛い(●´艸`)ムフフ

カプ**様

んふふ~
チャンミンを食べていいのはユンホさんだけですよーv(^o^)

2016/04/23 (Sat) 20:59 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

tai***様。

もちろん!
食べてもなくなりませんよね(^w^)

tai***さん、潔くありがとうございます~(^o^ゞ
私、3つ下です(〃ω〃)

2016/04/23 (Sat) 20:57 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

Don**様。

こんばんはー
そちらの台詞を書きたくてこのお話を書きはじめたようなものですよ(^w^)
momokoさんがこちらのチャンミンは綿菓子みたいって言ってくれました。
甘くってほわほわしてます(*^^*)
ランチ会はいかがでした?
子供のスポ少とか部活とか親と子供が一緒になって走り回った仲間っていつまでも仲良しですよね。
私もスポ少の飲み会は続いてますもん。
時の流れで話題も変わりますか(^o^;)
今はまだみんな中高生ですから子供の話かな?
あとね、芸能人の話も多いです~
名古屋ドーム行くとか京セラとか東京ドームとか、皆さんお盛んです。
ジャニーズとか、三代目とか、あとビッペン多しf(^^;)
トンは私だけですが負けじと喋りたおしてきますよー
いちど「ね、ホミンとかミンホとか検索で出てきたけど何?」と聞かれビックリしました。
「さぁ?」ってとぼけちゃいましたよ~

2016/04/23 (Sat) 20:54 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 20:33 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 09:29 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 09:20 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

7236******様。

話の中でユンホさん恥ずかしがってますが、読んでるこっちの方が恥ずかしいんだけど?って感じです♪

2016/04/23 (Sat) 08:40 | えりんぎ★★ #cbCM5e9. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

りょん***様。

はじめまして~ですよね?
結局は甘いだけのお話です(^o^;)
コメントありがとうございます♪

2016/04/23 (Sat) 08:38 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

かず**様。

おはようございます♪
私もね、好きになったら一途です。
新商品にあれこれ手を出すんじゃなくて好きなものをずっと買い続けます。←あ、ちょっと違う?f(^^;)

アメブロの『好きと言えたら』で鹿さんが告白しちゃってるじゃないですか。
虎さんはどう思ってるんだろ?
そう思ったのが番外編を書こうと思ったきっかけですよ(*^^*)
『食べちゃいたい』でしたねー(^w^)

2016/04/23 (Sat) 08:36 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point

朝からニヤニヤがとまらない♡

2016/04/23 (Sat) 07:05 | 723621mam #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 06:58 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 06:56 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

ずん*様。

おはようございます♪
昨日たまたまこの話の副題について友達と話題になりました。
チャンミンがユンホさんを好きすぎてビョーキ!って普通に思われてましたよ(^o^;)
『僕はユンホさんの鹿なんです。』
この台詞を書きたかっただけです~

2016/04/23 (Sat) 06:37 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: うふふ♪

ザワ*様。

おはようございます(^o^ゞ
そうそう、そういう感じですね。
くだらなーいのが好きなんです(^w^)

2016/04/23 (Sat) 06:29 | えりんぎ★★ #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 06:13 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/23 (Sat) 06:06 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント