HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

APPLAUSE-告白-21


































───ピンポーンと、緊張具合を無視して軽やかに響く音。



ガチャリ開いた先にはやっぱり緊張ぎみのユノ。
久しぶり、…ってのも変かな。
5日ぶりのユノ。


最初の言葉が探せず、「ビール。」とだけ。
あるよ、と表情を緩めたユノとドアの隙間をぬってもう慣れっこのキッチンへ入っていく。
勝手に冷蔵庫を開け、ビールだらけのそこから好きな銘柄のを取り出した。


プシュッと小気味いい音。
グビグビ鳴る喉もビールならでは。
プハァ~と息を吐いてやっと目眩がするほどの緊張が少しだけ解けた。




完全に避けられてるのは分かっていたから。
果たしてこの誘いを喜んでいいものなのか?
そう考えはじめたら止まらなくなった。


単に仕事が早く片付いたからか。
明日の遊園地を念頭において、僕の為にご機嫌を取ろうと思ったのか。
彼女の為に事前に僕を切ろうと思ったのか。


それこそネガティブ思想がぐるぐる、目が回るほど。
だからもう何も考えず頭の中をビール一色にしてやってきたんだ。




「…チャンミナ、…」



ビクッと心臓が跳ねる。
慌ててもう1本ビールを飲み干した。



「チャンミナ?」



さらにもう1本と手を伸ばす。
僕はここへ来てから『ビール』としか言ってない、───なんてヤツだ。


「っ、おい、もう駄目!」


ぐっと腕をとられる。
少し怒ったようなユノの顔が間近に見えて。
久しぶりのアップにドクンドクンと僕の心臓は忙しい。


「なんで?まだいいじゃん。」


まだ全然酔ってない。
いつものように酔っぱらって大泣きしてスッキリして帰りたかった。


「だって、おまえ酔ったら泣くだろ?」


あたりまえ、その為に飲んでんだよ。
酔っぱらってヘロヘロでぼろぼろ泣く僕を、「変なヤツだなぁ。」って笑ってくれたらいいのに。





背中にユノの体温を感じて、後ろから抱きしめられた。
それは遠慮がちに、まるで壊れものを抱くように。


「今、泣かれたら、…俺、確実にマズイからさ、ちょっと我慢して?」
「…ユノ?」



ちょっと理解不能で聞き返したけど、もう答えてくれない。
ずっと抱きしめたまま、深く息を吸うユノ。




「───まだ、…だよな?」


って、…「何が?」




しんと、ひと呼吸。



「…きついレッスンはまだ継続中?」


ああ、…と理解した途端、ユノの望みまで理解しちゃって。
カァァと、いきなり酒のめぐりがよくなった。


「ま、ま、まだ、継続中!///」
「…そっかぁ、…って、チャンミナ、体が沸騰してる。」


くくっと笑いが漏れてユノの体が震えだした。
笑うのを我慢されるのって一番ムカつく。


「っ、離せ!」


ぐわっと両手で払う。
なんだよ、それが目的なのかよ!


そのまま数歩前に出て、またビールを取り出した。
飲まずにはいられない。


「チャンミナ、違う違うっ!」


今さら焦ったって遅い。
知らんぷりしてプルタブへ指をかけたのを、


「あっ、…!」


スルッと奪われた。
酔ってる僕の方が分が悪いんだ。



「や、違う、シタくて誘ったわけじゃない、ってシタいけど、…それだけじゃなくて、…」
「……。」



焦って言ってることがハチャメチャだ。
今度は僕の肩が揺れた。
それを包むように抱きしめ、


「…ごめん、…会いたかっただけ、…」


そんなことポツリ言うユノは、やっぱりズルい。






そのまま抱きしめられたまま。
これ以上この体勢は気持ちも体も反応しそうでマズイ。


どうしようかと迷って、でも突っ立ったまま。
最初に動いたのはユノで。
「…ゲームの続き、する?」と笑った。








********************

おはようございます、えりんぎです。


実はアメブロへ今でもたくさんのアメンバー申請をいただいてます。
何度か書いてますが、アメブロのメッセージ送信を禁止設定されてましてお返事ができません、ごめんなさい(ノ_<。)


その中で、しず*様。
手紙をしたためる、という表現がぴったりの長い長いメッセージ。
ありがとうございました。


『二人に巡り逢えた奇蹟!この年齢になって若い二人に学ぶことのなんと多いこと!』

まさにその通り!と胸が熱くなりました。
大なり小なり色々な葛藤があるなか、2人を想うだけで幸せになれる、そんな2人をずっと永遠に応援したいです。
そして私のホミン萌え話にも感謝のお言葉、勿体ないです~
私のなかのユノとチャンミンが癒しや励ましになり、前進する第一歩となってるのでしたらこんなに嬉しいことはありません。
こちらこそこんな萌え吐き出し話を前向きに捉えていただき感謝してます。
ありがとうございました!

ちなみに拍手1番手を狙ってらっしゃる方、他にもみえます(〃∀〃)ゞ
みなさん、早朝からポチポチありがとうございます♪







※タイトル画、バナー画像をAliさんよりいただいてます『ホミンを愛でるAliの小部屋』








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト