HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

Strawberry Candle(30)





































~チャンミンside~
















狙ったわけではないと思うけど、ユノが出張で不在という日、ヨンジンおじさんに書斎へ呼ばれた。





───トントン、




「・・どうぞ。」




先日とは違う畏まった声色に事の重要さを知る。




それでもふと、───僕と対峙した際見せる切なげな瞳。
それはどこかで覚えがある。
そう、───チャンミニ、・・と僕を呼ぶ父さんと同じ瞳。





ソファに座るよう促されておじさんも目の前に座る。
スッと差し出された書類。



そこに視線がおちる前に「チャンミン。」と呼ばれた。








「君は、・・去年、2年生の時にMITとの交換留学の選考試験を受けてるね?」





───なぜそれを?と固まる僕に、ふっと口元を緩めて。





「なぜそんな事知ってるか不思議かい?・・悪いけど、君の事を調べるのなんてたやすいんだよ。」





「選考試験の内容を見せてもらったけど、学内での成績も、・・TOEFLの点数も申し分ない。・・ほぼ決まりかけていたらしいじゃないか。」





「───どうして辞退したんだい?」







学ぶことが楽しくて、自分の力を試したくて、・・父さんに内緒で応募した交換留学の選考試験。
実際に決まりそうになって、怖くなった。
父さんにこれ以上の経済的負担をかけるのも、・・父さんひとり置いてアメリカへ行ってしまうのも。




「・・やはり自分には向いてないと、・・判断しました。」




「そうか。」




そう言ったまま組んだ両手を口元にもっていき、無言のまま僕をじっと見つめる。






「────でも、行きたい。・・そうだろう?」




「え?」





「行って、・・自分の力を試すといい。本場でさらに深い知識と広い視野を身につけてきなさい。」




「な、なにを言ってるんですか?今年の選考試験はもう終わってるし、来年は、・・・。」






焦る僕に余裕綽々の表情でにっと笑うおじさん。




「TOEFLだけは去年のを参考に、今年も成績優秀な君を今年の交換留学枠に入れるのは案外簡単だったよ。」




突然の話に頭が真っ白で、何て言っていいのか。
今年の枠は既に埋まったと聞いていたのに。





「チャンミン。・・私は、・・いろいろと失くしたものの代わりに、・・結構な力を手に入れたんだよ?」




「───君は3カ月後にはアメリカだ。」



それはもう決定事項のように。






出された条件は卒業後おじさんの会社に入社するという、たったそれだけの。


こちらから願ってもなかなか入れない大企業への入社を約束されたうえに、留学の資金から細かい手続き、それに留学までの英会話学校でのカリキュラムまで組まれていた。




「独学の英会話では心配だからね。・・短期間だけど、君なら出来るだろ?」




満足げに微笑むおじさんに不信感が募る。
目の前の人が何を考えているのか、・・まるで分からなかった。







「・・・おじさんは、・・僕を、・・どうしたいんですか?」





────また切なげなあの瞳。
ゆっくり目蓋を閉じて、今度は真っ直ぐに僕を見た。





「・・君は、気づいてるだろ?
私は・・幼いくらいの恋を叶えることは出来なかったけれど。
代わりに大きな力を得た。
・・君の幸せを見届けたい。」






「────私は君を、・・手離さないよ。」








─────君はやりたいようにやりたいだけ勉強をして、私の元へ戻ってくればいい。


そして我が社の、私の、力になってくれ。


何も無理強いはしない。
ただ君に、・・何でもしてあげたいだけだから。




それに入社する頃にはユンホの婚約者を紹介することも出来るだろう。
いずれはユンホの右腕となり、・・私を安心させてくれ。










────絶望と希望が交互に脳裏に浮かんでは消えていく。




ユノ、──────。




僕はどうしたら、・・・いい?
























にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

point Re: ヨンジンのばかー

ゆうこさん。

ユノパパは結構人気ありましたよ~!
最初の頃に出てくる『もうひとつのStrawberry candle』という番外編。
あれで同情票を集めました。
自分達と同じ気持ちを味わせたくない、出来れば恋愛感情が形をかえて右腕として信頼と忠誠のもと共に歩んでほしいと思ったんでしょうね。←無理でしたが

2016/11/23 (Wed) 10:52 | えりんぎ★★ #C49ncsqo | URL | 編集 | 返信

point ヨンジンのばかー

えりんぎさんのお話しは
時々知ってる名前が出てくるから覚えやすいです。

ヨンジンさんは実物は結構好みのタイプのオジサマ。

でもこっちのヨンジンはいい年して
息子より年下の男の子に目が眩んで
大人気なく色目使うから嫌い!!

まったく、色恋はひとを狂わせるんですねぇ!

2016/11/23 (Wed) 01:14 | ゆうこ #EACDacMQ | URL | 編集 | 返信

point Re:

こんばんはっ(#^.^#)
よく覚えてくださってますねf(^^;
前のstrawberry candleはユノがチャンミンの大学まで謝りにきて、すぐくっついて終わり、って感じでした。
そうそう、そんな理由でFC2自体を退会しましたから。
復活したのは中途半端に消えてしまった私をもし覚えていてくださってる方がみえたら「まだ書いてるよぅ(^w^)」とお伝えしたかったんです!
色々と希望が叶って嬉しいです。
ブログをやめます、って記事に当時たくさんのコメント頂いたのにほとんど返事が出来ず(タイムリミットがあったので)心残りだったので、今、お返事の代わりにstrawberry candleの更新をしてるつもりです。
ありがとうございます(^w^)
ヨンジンおじさんは。
意地悪でしているわけではなく、すべてユノのため、チャンミンのため、です。
これからの2人がヨンジンおじさんの心を動かすことができれば、きっと良い方向に向いていくのではないでしょうか?

2015/05/20 (Wed) 21:53 | こ*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/20 (Wed) 21:27 | # | | 編集 | 返信

point Re: 心配~😱

こんにちは!
コメントありがとうございます(#^.^#)
ここへきてユノパパの評価はだだ下がりでしょうか?f(^^;
ひとつだけ言いますと、私の話に根っからの悪人は登場しません。
幸せな気分になるために書いてるのでね(^w^)

2015/05/20 (Wed) 17:04 | ブ*****様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re: そうきましたか。。。。

こんにちは~~(#^.^#)
そうきましたよ!
実を言うとこの留学エピソードを書きたくて、その昔、中途半端に無理矢理完結させたstrawberry candle を書き直そうと思ったわけなので。
こっからが本番です(^w^)

2015/05/20 (Wed) 16:58 | ta****様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point Re:

こんにちは!
コメントありがとうございます(#^.^#)
ユノパパはどうも意味深な発言がお好きのようですよ。
自分は敷かれたレールを脱線することなんて考えたこともなかったし、これは自分だけの問題ではないんです。
まだ間に合うなら今のうちに離れた方が幸せになれる、って思ってるでしょうね。
でもユノパパの誤算は。
ユノパパが思っているよりもユノとチャンミンの想いが強かったってこと。
もうちょっとだけ切ないです。

2015/05/20 (Wed) 16:54 | は*様 #nGQxvLy. | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/20 (Wed) 08:40 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/20 (Wed) 06:01 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/20 (Wed) 05:56 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント