HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

APPLAUSE-告白-81

































ユノside







アルコールでほてった体も夜気に晒されればやはり寒い。
半ば強引に連れ出した学生時代からのツレとの飲み会だったけど。



「ユノぉ、みんないい人ばかりで楽しかったですねぇ~。」



真っ直ぐ歩けないのか俺の腕にしがみつく酔っぱらいのチャンミン。
俺は急きょ入った仕事のせいで飲むタイミングを逃しほろ酔い程度だった。



「あーあ、おまえ酔っぱらい過ぎ。見せたくないとこ見られちゃったじゃんか。」
口を尖らせブツブツ言えば、ほぇ?なんて真ん丸おめめが可愛すぎるからやめてくれ。
そのまま黒目が半回転、ぶすっと唇を突き出すから自分のを押しつけたい衝動を堪えるのに必死なんだよ。



「ふん、どうせみっともない酔っぱらいですよーだ。」
腕を突っぱねよろけながら離れていくチャンミン。
急いで腰を抱き支える。
ホント、危なっかしい。
「んなわけねぇだろ。まったくさぁ、酔えば酔うほど可愛くなる男ってどうよ?」
「っ、し、知るかっ、///」
吐き捨てるように言っても可愛い。





最近の俺はどうかしている。





チャンミンが何をしても可愛いし何を言っても可愛い。
チャンミン会いたさに仕事がはかどるのは良いことだけど、持ち帰った仕事は背中に感じる熱のせいでまったく進まない。
旨そうにビールを飲んで、その度揺れる背中を遠慮なく俺に押しつける。
その重みさえ幸せに思う俺がいて。
同性なのにと迷い悩んだのはいつのことだったか。
もう離せないよ、チャンミナ。






「他の奴らがいるのにボロボロ泣いただろ。」
「泣き上戸だもん。」
「…可愛く泣くな。」
「は?意味分かんないし、ユノが居るんだからいいでしょ。」
「2人きりのときだけにして。」
「もう、うるさ~いっ!」




ぐっと肩を押し腕の中から抜けでる。
雪が降りそうなほど夜風は冷たく酔いが醒めるのもはやいのだろうか、さっきよりしっかりとした足どりで。 


「はぁ、…月が綺麗、…」


俺の数歩前、足をとめてうっとりと空を見上げた。
背も高いし彫りが深くはっきりとした顔立ちのチャンミンなのに、その横顔が消えてしまいそうなほど儚げでたまらなくなる。






きんとした硬質な空気のなか、硝子のような月が浮いていた。




そっと逃げないように背中から体を寄せる。
少し大きめの耳も愛嬌があって好きだ。
その後ろへ軽く触れるだけの。
「ユノ~、ここ公道だってばっ、///」
そんな文句もやっぱり可愛くて。


「ん、早く帰ろ。」
「…今日ユノんち泊まる。」
「いいの?明日仕事だろ?」
「明日はゆっくりだし、その、…撮影もないし、…
「いっぱいシていい?」
「っ///、ハッキリゆーなっっ!」
今度は腹に肘鉄くらって結構痛い。
浮いた手からスルリ抜けていったチャンミンを何とも言えない気持ちで見つめた。









頭で理解しても心がどうしてもついていかない。
物分かりのいい恋人を気取っても眠れない夜がそれを物語る。
仕事とはいえ遥か遠くに行ってしまうチャンミンを俺はまだ受け入れられないでいた。
チャンミンに負担をかけないよう心の広い恋人のふりして、そのくせ決定してないというその話が流れることを望んでしまう。





「僕、モデルです。」
出会った頃さらっと告げた職業は、そのビジュアルは別として向き不向きといえば向いてるようには思えなかった。
だからこそ花屋を併設したカフェの夢は大いに納得したのに。
最近のチャンミンはどうだろう。
俺の意図とは裏腹にモデルの仕事へうちこむチャンミン。
情緒不安定か?と思うほどプレッシャーのなか挑んだ写真集の撮影期間中は正直別人のようで。
何もそこまでと思うほどのめり込む恋人を見ては複雑な気持ちだった。






「ね、ユノ。明日は休みですよね。やり直ししない?」
「…何の?」
「ふふ~ん、…チェコビール!」
「あー、…」


今日これだけ飲んで明日も飲む気かよとビール好きのチャンミンには呆れるけど。


「2人きりで飲み直ししたいなぁ。」
そんなこと言われたら断る理由もなく。
「ん、昼間は仕事するから夕方事務所まで迎えに行くな。」
「べつに現地集合でいいのに。」
「あー、…ま、どっちでもいーけど。」





本当にどっちでもよかった。
それが幸か不幸か。
や、知って良かった、───知るべきだった。








チャンミンの迷いを、
自ら踏みこもうとしている道の危うさを、
───あの男の存在を。















おはようございます、えりんぎです。


Aliさんの画像が変わりましたよ~
そのものすぎてビックリです(〃ω〃)
みなさんモヤモヤしてます?
ここからは一気に落ちて一気に浮上していきます。
みなさんが予想されてる通りの展開になるんじゃないかと( ̄∇ ̄*)ゞ
もうしばらくお付き合いくださいねぇ。



「ちょっとチャンミンそれはないんじゃない?(--;)」と思いながらもポチしていただき、ありがとうございます。
頑張ります(〃∀〃)ゞ










※タイトル画、バナー画像をAliさんよりいただいてます『ホミンを愛でるAliの小部屋』












にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト