HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

キスは1日3回-12


































とにかく約束事を決めたがるのはチャンミンの悪い癖だ。



「ベタベタ触るのは週一休みの時だけにしてください!」
キスするついでについチャンミンの体をまさぐってしまう手を、ペシッとはたく。
「えぇ~!それが自然の法則ってもんじゃねぇの?」
「っ、なんですか、ソレ!」


チャンミンが居ればキスしたくなるし、キスすれば体に触りたくなる、それが自然な欲求なのに。


「…でも僕だって男なんだし、…」


そう呟くなり口の中でモゴモゴ言っちゃって何言ってるのか聞き取れない。
でもまぁ、チャンミンも当然男なわけで。
同じ男の俺に触られるのは嫌ってことか?
それともチャンミンも俺を触りたい?


むんずとチャンミンの手を取り俺のソコへあてがう。
「っ、わっ!///な、な、なんですかっっ!」
盛大に驚き俺の手を跳ねのけるから、
なんだよ?結構ショックなんだって、その反応。


「何もクソもねーよ。ほら?俺のは触り放題、どう?」
わざと明るく言ってやる。
今はソファーで隣り合っていて、テレビを観ながらケラケラ笑うチャンミンへつい欲情しちゃったってところだった。



「…ユノヒョンはもっと爽やかで紳士的な人だと思ってました、…」
「そりゃ残念だな。」
勢いよく覆い被されば簡単に組み敷かれる。
そのまま唇を押しつけ二度三度と擦り合わせれば、最初強張った体が次第に緩んでいく。
漏れでる息遣いは同じ温度で、主張しはじめたお互いの熱だって同じだ。



「…っ、ヒョン、…テレビ、…っ、」
「ん、…ああ、もういいよな?」
返事も聞かず電源オフにして、上目遣いで睨んでくるチャンミンのまぶたへキスをおとす。
バッサバサの睫毛が顎に触れて、それすら気持ちいいとか。








1日のキスの制約が無くなりひと月が経とうとしていた。
毎朝チャンミンを起こし朝食を用意するのは相変わらずで、ふっかふかのパンケーキが得意料理になった。
美味しそうに頬張るチャンミンを眺めるのが朝一番の楽しみで、ご馳走さまのあと食器を洗うチャンミンの背後から抱きつくのもそうだ。
「ユノヒョン、遅刻するからっ、」
口ではそう言うけど、決して鬱陶しそうではない。
体を重ねて熱を共有するのがこれほど落ち着いて心が温まるなんて知らなかった。
本当はお互いの熱を遮る邪魔な布地を取っ払ってチャンミンの素肌を感じたいけどそう上手くはいかない。





そう、それが目下の悩み。
もう一歩前進したい俺と、なんとか逃げようとして捉えどころのないチャンミン。
嫌がってるようには見えないんだ。
むしろ積極的に舌を絡ませてくるときだってある。
普段ぱっちりした眸が俺とのキスでぐずぐずと蕩けてく様子は本当に堪らない。


それなのに、逃げる。
逃げるから、追う。
やっと捕まえて、もっと深く感じたいのに油断すると頭突きの刑にあう。



というわけで、普段のキスは手の位置固定というストレスの溜まるものになった。



男だからどうのこうの言うけどさ、ちゃんと男同士だって愛し合える。
という勉強には余念がないからな、そのうち覚悟しとけよ?
などと強がりはいくらでも出てくるけど。
本当は少しだけ不安なんだ。



元々は憧れだけでまったくソノ気なんてなかったチャンミンへ無理させてやしないか。
やっぱりどうしたってキスが限界で、それ以上求めるのは酷なんじゃないか。






「ユノヒョン、…今日は休みだから、ハグしませんか?」
休みの日は一日中外でスポーツしたり、それかチャンミンに合わせてずっとゲーム三昧だったり。
夜は飲みながら旨い飯食って。
ほろ酔いのチャンミンはご機嫌でこんな可愛いこと言ってきたりする。



「ん、」
腕を広げれば倒れるように凭れてきて、同じくらいの身長だけど細いチャンミンは簡単に俺の腕のなかに収まる。
ぎゅうっとして、息を吸い込む。
チャンミンの匂いにくるまれ首筋に顔を埋め、くすぐったいと笑うのをふざけて噛みついてみたり。
さらに笑って暴れるから今度は口を塞ぐ。
深く吸いついてパッと離せば、目の前に優しく笑う顔があって。



「ヒョンは暖かい。」
そしてボスンっと寄り掛かり後頭部へ腕を回すんだ。



それは、幸せを噛み締める一瞬であり。
またムラムラと沸き起こる煩悩との闘いでもあった。










*********************


おはようございます、えりんぎです。


こんな感じのオマケ話、
どうも3話では終わらないような気がしてきました。。。( ̄∇ ̄*)ゞ
それに『ユノヒョン、煩悩と闘うの巻』は焦らず楽しんで書きたい~!と思ってしまったので、ゴメンナサイ(*_ _)人、しばらくお休みします。




写真集を買いそびれた私に温かいお言葉ありがとうございました。゚(ノ∀`*)゚。



くっだらないオマケ話になると思いますが、そのうち更新します。
こんなんでよければ覗いてやってくださいね~


では、また♪










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト