FC2ブログ

HOTミンな関係

天然なのにがっつり男なユノと賢く清廉、つんとしてもやっぱり可愛いチャンミンが大好きなほみんペンです。R18あり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたが笑えば~最愛~夏祭り8


































“脅しの蛇”と恐れられる男が率いる鳳昌組のシマと隣り合わせにその事務所はあった。
駅前の小さな盛り場は道を一本入っただけで薄暗く寂しい。
この盛り場と裏通りの風俗店だけで食ってる組だとユンホの調べにあり、それを裏づけるような小さなビルをジノと二人で見上げていた。




「鳳昌組の事務所と目と鼻の先じゃねぇか。これじゃあ鳳昌組がやたらちょっかいをかけてくるってのも頷けるな。」
「ああ、あの親父は脅しのネタを見つけるんじゃなく作ってくるから厄介なんだ。」
「その腹いせをまだ若い子組にされたんじゃあ堪んないよな。」
そんな会話をしながらふと横目で見れば、ユンホの同年代と思われる男達数人が肩で風を切り歩いてくる。
この組の若衆だろうか。
「おう!なんだよ、にぃちゃん達!」
一番若そうな男が如何にもな態度で見上げるように睨んでくるからユンホは思わず笑ってしまった。
絵に書いたようなヤクザが可笑しく、時代から取り残されたようだと思う。



「っ、なに笑ってやがる!」
「あー、いや、組長にお目通り願いたい。」
丁寧に頭を下げたユンホへ掴みかからんばかりに迫った男がはたと動きをとめた。
ユンホの視線が男を捉え、言葉なく鋭い光を放つ。
その静かでいて射るような迫力に一瞬で縮みあがったのだ。
加勢しようと背後からやって来た男達をその男は片手で制し何とか止める。
まるで次元が違う。と、喧嘩でならした男は無意識に震える手をきつく握り、目の前のおよそヤクザには見えない色男へ道をあけたのだった。



そしてそれは正解だったと組の幹部連中の態度で知ることになる。
すぐに組長の元へ通された男二人を同年代ながら羨望の眼差しで見つめ、「あれが東神会の新組長、チョンユンホだそうだ。」とそう言われたのを誰もひとことも発せず飲み込むように噛み締めていた。




虎の威を借る狐が嫌いなんだ。とガンソクが評した組長は一本気の不器用そうな男で、たった今目の前に立つユンホへ驚きの表情を隠そうともしない。
「まさか本当に単身で此処へ乗り込むとは。うちも舐められたものだな。」
そう言いながら、探るようにユンホを見据える。
総組長のお気に入りで、その威光無しに動けない世間知らずのボンボンだと思っていた。
それがどうだ。
荒くれを集めたはずの若衆を難なく黙らせ、指一本触れさせることなく此処までやって来たのだ。
“東神会”の名前だけじゃない、もって生まれたオーラを組長はユンホに見ていた。



「鳳昌組の進出をコチラが阻止してると聞いてます。あの厄介な親父の相手は大変でしょう。頭が下がります。」
丁寧に言ったユンホのこれは本心だった。
しのぎの少ないシマを長年守って鳳昌組の盾になっている事実は無視できず、最近の大きな出費で困る組事情についても調べていた。
「この小さな盛り場がすべての吹けば飛ぶような組だが、戦後から守ってきた組だ。東神会のさらに子組との争いに組長みずからお越しいただいたことへ敬意を払わねばな。」
ユンホの言葉に偽りのない誠意を感じたのか、少しばかり軟化した態度の組長へユンホは柔らかく微笑む。
それが誠実味に溢れ、組を継いだばかりで周りが見えてないだろうという組長の予想は大きく外れ思慮深く悠然とした包容力を感じさせた。
だからこそユンホへ鳳昌組とシマの境界線をめぐる争いについて正直にこたえたし、何よりもまず守りたいのはそれだと伝えた。




そこでユンホが取り出した一枚の紙切れ。
それはこの組が地上げしたものの商談が決裂し眠ったまま荒れ地となった土地の登記簿謄本だった。



「…これは?」
目線を落とし眉をひそめた組長へユンホは身を乗り出す。
「実は私用で急いでまして、無用な駆け引きをするつもりはありません。この土地を東神会のフロント企業へ売っていただくか貸していただきたい。貴方にも悪い話じゃないでしょう。」
悪い話どころかユンホの提示した金額は組長を唸らせるには充分な額で、聞けば資材置き場に使うと言う、断る理由はなかった。
転がり込んだうまい話に組長の顔色が変わったのをユンホは見逃さず、「ただ、…」と口ごもる。


「ただ?」
逆に身を乗り出したのは組長だった。
気づけば下っぱ同士の小競り合いなどどうでもいいような話の流れになっている。
「ただすぐ隣に鳳昌組のシマがあって、此処も同系列と言えど何の結びつきもない組のシマ内です。何かと問題が生じるのは困るんですよ。」
「まぁ、確かに。」
スッと引いた熱を煽るようにユンホは言葉を続ける。
あまり駆け引きが得意でない組長は言われるがまま頷き、それを遠くからジノは見つめていた。
いつの間にそんな話になっていたのか。
また勝手にと腹が立つが、ここぞと言うとき、ユンホの口は異常に滑らかでジノが勝てる気などなかった。



「俺と組長で、兄弟盃を交わしませんか。」


それは伺うような口ぶりでありながら有無を言わせないもので、


「…兄弟盃?」


そう反芻した組長へ、
 

「はい。7対3の兄弟盃です。その代わり、このシマは鳳昌組に指一本触れさせないと誓います。」


はっきりと言い微笑んだユンホへ、さすがのジノでさえ背筋に冷たいものが走るのを感じていた。
親子ほど年の離れたユンホと7対3の兄弟盃とは、結局のところユンホにのまれるということ。
けれど実際ユンホを前にして組長に断るすべなどなく、のちにユンホが掲げる不動産開発の拠点として興隆し、感謝することになるとは夢にも思わない日の約束事だった。












──イテッ!と数回目の叫び声をあげたのはハイルだった。
本当に花火の欠片が降ってくるほどの近さで夜空を見上げる三人だったが、なぜかそれはハイルにばかり当たるようだ。
「日頃の行いが悪いのよ。いつもつまみ食いばっかするから。」
「は?それ関係ある?しょうがねぇじゃん、ソユンが作るものはなんだって旨いんだからさ。」
「ば、ばっかじゃない?///」
相変わらず言い合いしながら仲の良い二人をチャンミンは微笑ましく眺めていた。


ハイルにばかり花火の欠片が当たるのはナゼかって、それはハイルがソユンを庇うように気にしてるから。
それをソユンも分かっていて悪態をつくのは、きっとチャンミンを気遣ってのことだろう。
自分を気にせずイチャイチャしてくれたらいいのに、とチャンミンは思う。
今夜は思いがけずジェハンのおかげで貴重な体験ができた楽しい祭りだった。
思い描いていたのとは多少違うけれど、それでも本当に。
ぐすっとチャンミンの鼻が鳴る。
それも花火の大音量が消してくれるからチャンミンは遠慮なく鼻をすすった。
夜空に開いた真っ赤な花がちりりと色を変え散っていく。
「…キレイ、…」
幾重にも重なった彩りの輪っかがボンヤリと滲み、見逃せないのにとチャンミンは手の甲でそれを拭った。





隣でソユンがちらちらとチャンミンを窺うから、チャンミンはソユンの視線を避けるようにゴロンとシートで横になる。
用意万端に持ってきた荷物を探り、バンビのお面を隠れ蓑にほんの少しだけチャンミンは泣いてしまった。
天空では菊花火がドンっと弾け、それはチャンミンがユンホへ見せたいと楽しみにしていた花火で。
多数の星が光の筋を残しながら丸い菊の花を形づくっていく。



──ユノ、…と思わず呟いたチャンミンの視界からふっと花火が消えた。
頭上から現れた影がその原因だとわかっているのに、チャンミンはそれを邪魔だとは思えない。



「チャンミナ、…待たせたな。」
ヘンな声が出てしまいそうで思わず噛みしめたチャンミンの唇を、バンビのお面で隠すようにして目の前の唇がそっと覆い。
自分と色違いの黒地に白のはらい模様を、チャンミンは潰れそうな胸の高鳴りと共に見つめた。


















*********************


おはようございます、えりんぎです。



昨日は暑いなか、a-nationへ参戦された方も多いかと思います。
私はdTVでの参戦になっちゃいましたが、それでも4年ぶりのa-nation!
どっきどきでした(〃゚艸゚)



最初は上半身しか映んなくて、夏フェスっぽくないけどサーモンピンクのスーツも素敵と思いきや、ナント、半ズボンΣ(゚∀゚ノ)ノ
思わず二度見しちゃいましたよね?
その半ズボンBoyから繰り出される髪をかきあげながらのウインクやら、お色気むんむんビームやら、、、\(//∇//)\ヒャ~


暑くて二人ともツラそうでしたが、それでも全力のパフォーマンス。
限界を超えて更にスピードをあげるようなユノの走りには本当に胸が熱くなります。



Whyの向き合ってから肩を掴んでのドンッ。(分かります?)
これって私的には最大の見せ場のひとつ、なのですが、再始動後ちょっとおざなりになってて。
“ああ、倦怠期?”と勝手に思ってましたが、今回は別のところでありましたねぇ~。



お互いを指差し、“love”“love”“love”とかーーーーっ!!(*≧艸≦)キャー




あ、失礼しました。



とにかく、カッコ良かった。
やっぱりユノとチャンミンは最高!デス!
間もなく始まるアリーナツアーが待ち遠しい♪





さて、極道話夏祭り編もやっと二人が会えました。
細かいところは気にせず、緩~く読んでやってくださいね。



いつもたくさんの拍手やポチ、とても励みになっています。
ありがとうございます。



では!







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point Re: 最近・・・

sen****さま。

おはようございます。
ユノの自然な笑い声にチャンミンへの信頼や充実した活動が窺えてコチラも嬉しくなりますよね。
大好きと言っていただけて光栄です。
きっと私のホミン観とsen****さんのホミン観が似てるのでしょうね。
だから共感していただけるのかと。
お仲間が増えるのはとっても嬉しいことです。

ペースはかなり落ちますが、これからもポツポツ妄想は続けると思います。
私にとって、二人がお互いにかけがえのない存在だという事実は変わらないので。。。

いつもありがとうございます♪

2018/08/29 (Wed) 06:48 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/28 (Tue) 17:43 | # | | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

チャ*さま。

こんばんは~
んふふ、ほんとだ。誰目線??

けれど、とにかく会えました。
短編っていいですね。サックサク進みますもん。

ぜひリアルなユノの浴衣姿を見てみたいものですね。
ぜひ想像してみてください。

いつもありがとうございます♪

2018/08/27 (Mon) 22:43 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: 素敵すぎるユノさん💕

まみ*さん。

こんばんは。
まみ*さんの細かい描写を妄想してるまみ*さんの顔が私には浮かびましたよ~。
a-nation間に合って良かった。
というか、我慢できずパパっとチケットを取るまみ*さんの行動力がスゴいです。
素敵なチャンミンをたっぷり堪能できましたか?

お仕事先は相変わらず賑やかでイベント盛り沢山ですね。
準備したり引率したり、大変だなぁと思いますが、それを楽しんでできるまみ*さんだからキラキラしてるのでしょうね。


新潟でいとこさんがトン堕ちするのをお待ちしてま~す!
いつも楽しいお話を聞かせてくださってありがとうございます。

2018/08/27 (Mon) 22:34 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

yu**さま。

こんばんは。
王道の登場シーンとなりましたが、それもユノビジュアルであれば何でもカッコいいですよね(〃∇〃)
そしてyu**さんの予想は半分?当たってます!
答えは明日をお待ちください。

あー、本当にツアーが待ち遠しいです♪
いつもありがとうございます。

2018/08/27 (Mon) 22:21 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

はるりんさま。

はじめまして。
長々と続く話を読んでいただき、ありがとうございます(〃∇〃)
流し目からのウインクで私達を悩殺するチャンミンとコチラの天然チャンミンは似ても似つきませんが、まぁ、そのうちコチラのチャンミンもあんな大人の色気を身につけることでしょう。
残り数話ですが、お楽しみください。

2018/08/27 (Mon) 22:16 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point Re: 行って来ました

sen****さま。

a-nation参戦お疲れさまでしたーーっ!
dTVで観ていても真っ赤にそまっていく会場が鳥肌ものだったのに、実際にその赤の一粒になれた方が羨ましいです。
暑いのがライブの醍醐味。みたいな事をユノが言ってて、チャンミンがクーラーの効いた部屋でって言ったときのユノの笑いが画面には映ってませんでしたが、本当に可笑しそうに笑ってましたよね。
そういうやり取りがとても好きです。
ユノとチャンミンのカメラアピールは益々磨きがかかって素晴らしい~(//∇//)
何度もくらくらしちゃいましたよ。
ほんと、そう。あの衣装が似合うのは最強様だけです。
まだまだ暑いのでゆっくり休んでくださいね。


いつもありがとうございます♪

2018/08/27 (Mon) 22:11 | えりんぎ★★ #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 17:19 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 13:43 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 13:40 | # | | 編集 | 返信

point

はじめまして!初コメントです。いつも楽しく拝見しています。
あなたが笑えばを最初から読ませていただきました。
ユノとチャンミンの苦悩もあり、溺愛ぶりも微笑ましく、ユノの男らしさにやられてしまいました!
これからも楽しみに待っています

2018/08/26 (Sun) 13:26 | はるりん #AkT6zNNU | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/26 (Sun) 09:51 | # | | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。